3. モニタリング

3.1. WebOTX統計MBean一覧

以下にWebOTX 統計 MBeanの一覧を示します。

索引

A:

application-group, applicationGroups

B:

bean-cache, bean-method, bean-pool

C:

ClientSession, class-loading-system, compilation-system, connector-connection-pool, connection-queue

D:

deployment, domain

E:

ejb-security

F:

file-cache

G:

garbage-collector, garbage-collectors

I:

IIOPListener, interface

J:

javaAsyncMsg, jdbc-datasource, jms-physical-destination, jms-service, jsp, jvm

K:

keep-alive

M:

memory, memory-pool, message-driven-bean, module

O:

operating-system, operation

P:

process-group, processGroups

Q:

Queue

R:

request, runtime

S:

security, security-realm, servlet, servlet-instance, session, singleton-bean, stateful-session-bean, stateless-session-bean

T:

threadinfo, thread-pool, thread-system, tpsystem, transaction-service

V:

VD, VDInformation, virtualserverinfo

W:

web-security-deployer, WebOTXApplication, WebOTXWebMethodInEarStats, WebOTXWebMethodStats

 

application-group

アプリケーショングループのパフォーマンス情報で、StandardもしくはEnterpriseで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=WebOTXApplicationGroup,name=application-group,
WebOTXApplicationGroupList=applicationGroups,
WebOTXSystem=tpsystem,category=monitor,server=server

dotted-name(CLINAME):

tpsystem.applicationGroups.application-group

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]-[アプリケーショングループ]-[application-group]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

processGroups

パフォーマンス情報:

なし

 

applicationGroups

アプリケーショングループリストのパフォーマンス情報で、StandardもしくはEnterpriseで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=WebOTXApplicationGroupList,name=applicationGroups,
WebOTXSystem=tpsystem,category=monitor,server=server

dotted-name(CLINAME):

tpsystem.applicationGroups

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]-[アプリケーショングループ]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

application-group

パフォーマンス情報:

なし

 

bean-cache

bean cacheのパフォーマンス情報で、EJBコンテナをHIGHレベル以上に設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

Express

domain_name: name=app_name/module_name/ejb_name/bean-cache,type=bean-cache,category=monitor,server=server

Standard / Enterprise

domain_name: name=app_name/module_name/ejb_name/bean-cache,type=bean-cache,category=monitor,server=apg_name-pg_name,pid=pid

dotted-name(CLINAME):

Express

server.applications.app_name.module_name.ejb_name.bean-cache

Standard / Enterprise

tpsystem.
applicationGroups.apg_name.processGroups.pg_name.processes.pid.applications.app_name.module_name.ejb_name.bean-cache

統合運用管理ツールからのツリー:

Express

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[アプリケーション]-[app_name]-[module_name]-[ejb_name]-[bean-cache]

Standard / Enterprise

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]-[アプリケーショングループ]-[apg_name]-[プロセスグループ]-[pg_name]-[process]-[pid]-[applications]-[app_name]-[module_name]-[ejb_name]-[bean-cache]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報:

なし

パフォーマンス情報:

EJBCacheStats

 

bean-method

beanメソッドのパフォーマンス情報で、EJBコンテナをHIGHレベルに設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

Express

domain_name: name=app_name/module_name/ejb_name/bean-methods/method_name,type=bean-method, category=monitor,server=server

Standard / Enterprise

domain_name: name=app_name/module_name/ejb_name/bean-methods/method_name,type=bean-method, category=monitor,server=apg_name-pg_name,pid=pid

dotted-name(CLINAME):

Express

server.applications.app_name.module_name.ejb_name.bean-methods.method_name

Standard / Enterprise

tpsystem.
applicationGroups.apg_name.processGroups.pg_name.processes.pid.applications.app_name.module_name.ejb_name.bean-methods.method_name

統合運用管理ツールからのツリー:

Express

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[アプリケーション]-[app_name]-[module_name]-[ejb_name]-[bean-methods]-[methods_name]

Standard / Enterprise

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]-[アプリケーショングループ]-[アプリケーション]-[apg_name]-[プロセスグループ]-[pg_name]-[process]-[pid]-[applications]-[app_name]-[module_name]-[ejb_name]-[bean-methods]-[methods_name]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報:

なし

パフォーマンス情報:

EJBMethodStats

 

bean-pool

bean poolのパフォーマンス情報で、EJBコンテナをLOWレベル以上に設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

Express

domain_name:name=app_name/module_name/ejb_name/bean-pool,type=bean-pool, category=monitor,server=server

Standard / Enterprise

domain_name: name=app_name/module_name/ejb_name/bean-pool,type=bean-pool,
category=monitor,server=apg_name-pg_name,pid=pid

dotted-name(CLINAME):

Express

server.applications.app_name.module_name.ejb_name.bean-pool

Standard / Enterprise

tpsystem.
applicationGroups.apg_name.processGroups.pg_name.processes.pid.applications.app_name.module_name.ejb_name.bean-pool

統合運用管理ツールからのツリー:

Express

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[アプリケーション]-[app_name]-[module_name]-[ejb_name]-[bean-pool]

Standard / Enterprise

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]-[アプリケーショングループ]-[apg_name]-[プロセスグループ]-[pg_name]-[process]-[pid]-[applications]-[app_name]-[module_name]-[ejb_name]-[bean-pool]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報:

なし

パフォーマンス情報:

EJBPoolStats

 

ClientSession

接続クライアントのパフォーマンス情報で、StandardもしくはEnterpriseで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=WebOTXClientSessionStats,server=server,
WebOTXSystem=tpsystem,category=monitor,WebOTXClientSession=ClientSession

dotted-name(CLINAME):

tpsystem.ClientSession

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]-[クライアントセッション]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

WebOTXClientSessionStats

 

class-loading-system

JVM内で使用されるクラスのロードに関するパフォーマンス情報で、jvmをLOWレベル以上に設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=class-loading-system,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.jvm.class-loading-system

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[JVM]-[クラスローディングシステム]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

JVMClassLoadingStatss

 

compilation-system

JVM内で実行されるコンパイル処理に関するパフォーマンス情報で、jvmをLOWレベル以上に設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=compilation-system,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.jvm.compilation-system

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[JVM]-[コンパイルシステム]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

JVMCompilationStats

 

connector-connection-pool

コネクタコネクションプールに関するパフォーマンス情報で、connector-connection-poolをHIGHレベル以上に設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

エージェントプロセスで動作する場合

domain_name :name=connector-connection-pool.resource_name,type=connector-connection-pool,server=server,category=monitor

Standard/Enterprise のプロセスグループで動作する場合

domain_name:name=connector-connection-pool.resource_name,type=connector-connection-pool,
category=monitor, server=apg_name-pg_name,pid=pid

dotted-name(CLINAME):

エージェントプロセスで動作する場合

server.resources.connector-connection-pool.resource_name

Standard/Enterprise のプロセスグループで動作する場合

tpsystem.
applicationGroups.apg_name.processGroups.pg_name.processes.pid.resources.connector-connection-pool.resource_name

統合運用管理ツールからのツリー:

エージェントプロセスで動作する場合

[統計情報]-[domain_name]-[リソース]-[connector-connection-pool.resource_name]

Standard/Enterprise のプロセスグループで動作する場合

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]-[アプリケーショングループ]-[apg_name]-[プロセスグループ]-[pg_name]-[processes]-[pid]-[resources]-[connector-connection-pool.resource_name]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

ConnectorConnectionPoolStats

 

connection-queue

コネクションキューのパフォーマンス情報で、HTTPサービスをHIGHにすると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name:type=connection-queue,name=listener-name,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.network.listener_name.connection-queue

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[ネットワーク]-[listener_name]-[コネクションキュー]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

ConnectionQueueStats

 

deployment

配備のパフォーマンス情報で、配備をHIGHにすると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name:type=deployment,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.deployment.lifecycle

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[配備]-[ライフサイクル]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

DeploymentLifecycleStats

 

domain

ドメイン全体のパフォーマンス情報で、デフォルトで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name:type=domain,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

domain

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

WebOTXDomainStats

 

ejb-security

EJBアプリケーションのセキュリティに関するパフォーマンス情報で、セキュリティをONレベルに設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=ejb-security,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.security.ejb

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[セキュリティ]-[EJB]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

EjbSecurityStats

 

file-cache

ファイルキャッシュのパフォーマンス情報で、HTTPサービスをHIGHにすると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name:type=file-cache,name=listener_name,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.network.listener_name.file-cache

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[ネットワーク]-[リスナ名]-[ファイルキャッシュ]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

FileCacheStats

 

garbage-collectors

JVM内で実行されるGC処理に関するパフォーマンス情報で、JVMをLOWレベル以上に設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :name=garbage-collectors,type=garbage-collectors,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.jvm.garbage-collectors

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[JVM]-[ガベージコレクタ]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

garbage-collector

パフォーマンス情報:

なし

 

garbage-collector

JVM内で実行されるGC処理に関するパフォーマンス情報で、jvmをLOWレベル以上に設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :name=gc_name,type=garbage-collector,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.jvm.garbage-collector.gc_name

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[JVM]-[ガベージコレクタ]-[gc_name]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

JVMGarbageCollectorStats

 

IIOPListener

IIOPListenerのパフォーマンス情報で、StandardもしくはEnterpriseで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name:type=WebOTXIIOPListenerStats,category=monitor,server=server

dotted-name(CLINAME):

tpsystem.IIOPListener

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]-[IIOPリスナ]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

WebOTXIIOPListenerStats

 

interface

インターフェースのパフォーマンス情報で、StandardもしくはEnterpriseで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

CORBAアプリケーション:

domain_name:type=interfaceTypeActiveObjectStats,name=interface,
WebOTXCORBAModule=module,
WebOTXCORBAApplication=WebOTXApplication,server=application-group-process-group,
category=monitor,interfaceType=interface

EJBアプリケーション:

domain_name:type=interfaceTypeActiveObjectStats,name=interface,beanType=bean,
WebOTXEJBModule=module,
WebOTXJ2EEApplication=WebOTXApplication,server=application-group-process-group,
category=monitor,interfaceType=interface

dotted-name(CLINAME):

CORBAアプリケーション:

applications.WebOTXApplication.module.interface

EJBアプリケーション:

applications.WebOTXApplication.module.bean.interface

統合運用管理ツールからのツリー:

CORBAアプリケーション:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーション]-[WebOTXApplication]-[module]-[interface]

EJBアプリケーション:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーション]-[WebOTXApplication]-[module]-[bean]-[interface]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報:

operation

パフォーマンス情報:

WebOTX(interfaceType)ActiveObjectStats

 

javaAsyncMsg

Java非同期メッセージ(非MDB)のパフォーマンス情報で、StandardもしくはEnterpriseで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=WebOTX(J2EE,CORBAJ2SE)JavaAsyncMsgStats,name=javaAsyncMsg,
WebOTX(J2EE,CORBAJ2SE)JavaAsyncMsg=javaAsyncMsg,
WebOTX(J2EE,CORBAJ2SE)ProcessGroup=process-group ,
WebOTXProcessGroupList=processGroups,WebOTXApplicationGroup=application-group,
WebOTXApplicationGroupList=applicationGroups,WebOTXSystem=tpsystem,
category=monitor,server=serve

dotted-name(CLINAME):

tpsystem.applicationGroups.application-group.processGroups.process-group.javaAsyncMsg

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]-[アプリケーショングループ]-[application-group].[プロセスグループ]-[process-group]-[javaAsyncMsg]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

WebOTX(J2EE,CORBAJ2SE)JavaAsyncMsgStats

 

jdbc-datasource

JDBCデータソースのパフォーマンス情報で、jdbc-datasourceを LOW または HIGH に設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

エージェントプロセスで動作する場合

domain_name:name=jdbc-datasource.datasource_name,type=jdbc-datasource,
category=monitor,server=server

Standard/Enterprise のプロセスグループで動作する場合

domain_name:name=jdbc-datasource.datasource_name,type=jdbc-datasource,
category=monitor, server=apg_name-pg_name,pid=pid

dotted-name(CLINAME):

エージェントプロセスで動作する場合

server.resources.jdbc-datasource.datasource_name

Standard/Enterprise のプロセスグループで動作する場合

tpsystem.
applicationGroups.apg_name.processGroups.pg_name.processes.pid.resources.jdbc-datasource.datasource_name

統合運用管理ツールからのツリー:

エージェントプロセスで動作する場合

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[リソース]-[jdbc-datasource.datasource_name]

Standard/Enterprise のプロセスグループで動作する場合

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]-[アプリケーショングループ]-[apg_name]-[プロセスグループ]-[pg_name]-[processes]-[pid]-[resources]-[jdbc-datasource.datasource_name]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報:

なし

パフォーマンス情報:

WODSStats

 

jms-physical-destination

JMSサービスの物理的送信先ごとのパフォーマンス情報で、jms-serviceをONにすることで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :name=jms_physical_destination_name,type=jms-physical-destination,
category=monitor,server=server

dotted-name(CLINAME):

server.jms-service.jms-physical-destination.jms_physical_destination_name

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[JMSサービス]-[送信先名]-[jms_physical_destination_name]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

JMSPhysicalDestinationStats

 

jms-service

JMSサービスのパフォーマンス情報で、jms-serviceをONにすることで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=jms-service,category=monitor,server=server

dotted-name(CLINAME):

server.jms-service

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[JMSサービス]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

jms-physical-destination

パフォーマンス情報:

JMSServiceStats

 

jsp

JSPのパフォーマンス情報で、WebコンテナをHIGHに設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

dotted-name(CLINAME):

server.applications.app_name.module_name.server_name.jsp

統合運用管理ツールからのツリー:

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報:

なし

パフォーマンス情報:

JspStats

 

jvm

エージェントプロセスのJVMのパフォーマンス情報で、デフォルトで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name:type=jvm,category=monitor,server=server

dotted-name(CLINAME):

server.jvm

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[JVM]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

JVMStats

 

operating-system

JVMが動作するOSに関するパフォーマンス情報で、jvmをLOWレベル以上に設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name:name=operating-system,type=operating-system,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.jvm.operating-system

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[JVM]-[オペレーティングシステム]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

JVMOperatingSystemStats

 

operation

オペレーションのパフォーマンス情報で、StandardもしくはEnterpriseで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

CORBAアプリケーション:

domain_name:type=operationTypeStats,name=operation,interfaceType=interface,
WebOTXCORBAModule=module,WebOTXCORBAApplication=WebOTXApplication,
server=application-group-process-group,category=monitor,operationType=operation

EJBアプリケーション:

domain_name:type=operationTypeStats,name=operation,interfaceType=interface,beanType=bean,
WebOTXEJBModule=module,WebOTXJ2EEApplication=WebOTXApplication,
server=application-group-process-group,category=monitor,operationType=operation

dotted-name(CLINAME):

CORBAアプリケーション:

applications.WebOTXApplication.module.interface.operation

EJBアプリケーション:

applications.WebOTXApplication.module.bean.interface.operation

統合運用管理ツールからのツリー:

CORBAアプリケーション:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーション]-[WebOTXApplication]-[module]-[interface]-[operation]

EJBアプリケーション:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーション]-[WebOTXApplication]-[module]-[bean]-[interface]-[operation]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報:

なし

パフォーマンス情報:

WebOTX(operationType)OperationStats

 

process-group

プロセスグループのパフォーマンス情報で、StandardもしくはEnterpriseで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=WebOTX(J2EE,CORBAJ2SE,CORBACPP,CORBACOBOL)ProcessGroupStats
name=process-group,WebOTX(J2EE,CORBAJ2SE,CORBACPP,
CORBACOBOL)ProcessGroup=process-group , WebOTXProcessGroupList=processGroups,
WebOTXApplicationGroup=application-group,WebOTXApplicationGroupList=applicationGroups,
WebOTXSystem=tpsystem,category=monitor,server=server

dotted-name(CLINAME):

tpsystem.applicationGroups.application-group.processGroups.process-group

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]-[アプリケーショングループ]-[application-group].[プロセスグループ]-[process-group]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

javaAsyncMsg

パフォーマンス情報:

WebOTX(J2EE,CORBAJ2SE,CORBACPP,CORBACOBOL)ProcessGroupStats

 

processGroups

プロセスグループリストのパフォーマンス情報で、StandardもしくはEnterpriseで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=WebOTXProcessGroupList,name=processGroups,
WebOTXApplicationGroup=application-group,
WebOTXApplicationGroupList=applicationGroups,WebOTXSystem=tpsystem,
category=monitor,server=server

dotted-name(CLINAME):

tpsystem.applicationGroups.application-group.processGroups

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]-[アプリケーショングループ]-[application-group].[プロセスグループ]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

process-group

パフォーマンス情報:

なし

 

Queue

キューのパフォーマンス情報で、StandardもしくはEnterpriseで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=WebOTXQueueStats,server=server,WebOTXSystem=tpsystem,
category=monitor,WebOTXQueue=Queue

dotted-name(CLINAME):

tpsystem.Queue

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]-[キュー]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

WebOTXQueueStats

 

keep-alive

キープアライブのパフォーマンス情報で、HTTPサービスをHIGHにすると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name:type=keep-alive,name=listener-name,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.network.listener-name.keep-alive

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[ネットワーク]-[リスナ名]-[キープアライブ]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

KeepAliveStats

 

memory

JVM内でのメモリの消費に関するパフォーマンス情報で、jvmをLOWレベル以上に設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :name=memory,type=memory,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.jvm.memory

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[JVM]-[メモリシステム]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

memory-pool

パフォーマンス情報:

JVMMemoryStats

 

memory-pool

JVM内でのメモリプールに関する情報パフォーマンス情報で、JVMをHIGHレベルに設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :name=pool_name,type=memory-pool,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.jvm.memory.pool_name

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[JVM]-[メモリシステム]-[pool_name]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

JVMMemoryPoolStats

 

message-driven-bean

MessageDrivenBeanのパフォーマンス情報で、EJBコンテナをHIGHレベルに設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

Express

domain_name: name=app_name/module_name/ejb_name,type=message-driven-bean, category=monitor,server=server

Standard / Enterprise

domain_name: name=app_name/module_name/ejb_name,type=message-driven-bean, category=monitor,server=apg_name-pg_name,pid=pid

dotted-name(CLINAME):

Express

server.applications.app_name.module_name.ejb_name

Standard / Enterprise

tpsystem.
applicationGroups.apg_name.processGroups.pg_name.processes.pid.applications.app_name.module_name.ejb_name

統合運用管理ツールからのツリー:

Express

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[アプリケーション]-[app_name]-[module_name]-[ejb_name]

Standard / Enterprise

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]-[アプリケーショングループ]-[apg_name]-[プロセスグループ]-[pg_name]-[process]-[pid]-[applications]-[app_name]-[module_name]-[ejb_name]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報:

なし

パフォーマンス情報:

EjbMonitoringStats, MessageDrivenBeanStats

 

module

モジュールのパフォーマンス情報で、StandardもしくはEnterpriseで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=WebOTX(EJB,CORBA)ModuleStats,category=monitor,server=server,name=module,
WebOTXSystem=tpsystem,WebOTX(J2EE,CORBA)ApplicationStats=WebOTXApplication

dotted-name(CLINAME):

applications.WebOTXApplication.module

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーション]-[WebOTXApplication]-[module]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

interface

パフォーマンス情報:

なし

 

request

リクエストに関するパフォーマンス情報で、HTTPサービスをHIGHにすると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name:type=request,name=server_name,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.http-service.server_name.request

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[HTTPサービス]-[server_name]-[request]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

HttpServiceStats

 

runtime

JVMの実行に関するパフォーマンス情報で、jvmをLOWレベル以上に設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name:name=runtime,type=runtime,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.jvm.runtime

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[JVM]-[実行時システム]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

JVMRuntimeStats

 

security

セキュリティに関するパフォーマンス情報で、セキュリティをONレベルに設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name:type=security,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.security

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[セキュリティ]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

ejb-security, security-realm, web-security-deployer

パフォーマンス情報:

なし

 

security-realm

レルムに関するパフォーマンス情報で、セキュリティをONレベルに設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name:type=security-realm,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.security.realm

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[セキュリティ]-[レルム]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

RealmStats

 

servlet

サーブレットのパフォーマンス情報で、WebコンテナをHIGHに設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

dotted-name(CLINAME):

server.applications.app_name.module_name.server_name.servlet

統合運用管理ツールからのツリー:

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報:

なし

パフォーマンス情報:

ServletStats

 

servlet-instance

サーブレットのパフォーマンス情報で、WebコンテナをHIGHに設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

dotted-name(CLINAME):

server.applications.app_name.module_name.server_name.servlet.servlet_name

統合運用管理ツールからのツリー:

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報:

なし

パフォーマンス情報:

ServletInstanceStats

 

session

セッションのパフォーマンス情報で、WebコンテナをHIGHに設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

dotted-name(CLINAME):

server.applications.app_name.module_name.server_name.servlet

統合運用管理ツールからのツリー:

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報:

なし

パフォーマンス情報:

SessionStats

 

singleton-bean

SingletonBeanのパフォーマンス情報で、EJBコンテナをHIGHレベルに設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

Express

domain_name: name=app_name/module_name/ejb_name,type=singleton-bean, category=monitor,server=server

Standard / Enterprise

domain_name: name=app_name/module_name/ejb_name,type=singleton-bean, category=monitor,server=apg_name-pg_name,pid=pid

dotted-name(CLINAME):

Express

server.applications.app_name.module_name.ejb_name

Standard / Enterprise

tpsystem.
applicationGroups.apg_name.processGroups.pg_name.processes.pid.applications.app_name.module_name.ejb_name

統合運用管理ツールからのツリー:

Express

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[アプリケーション]-[app_name]-[module_name]-[ejb_name]

Standard / Enterprise

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]-[アプリケーショングループ]-[apg_name]-[プロセスグループ]-[pg_name]-[process]-[pid]-[applications]-[app_name]-[module_name]-[ejb_name]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報:

なし

パフォーマンス情報:

EjbMonitoringStats

 

stateful-session-bean

StatefulSessionBeanのパフォーマンス情報で、EJBコンテナをHIGHレベルに設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

Express

domain_name: name=app_name/module_name/ejb_name,type=stateful-session-bean, category=monitor,server=server

Standard / Enterprise

domain_name: name=app_name/module_name/ejb_name,type=stateful-session-bean, category=monitor,server=apg_name-pg_name,pid=pid

dotted-name(CLINAME):

Express

server.applications.app_name.module_name.ejb_name

Standard / Enterprise

tpsystem.
applicationGroups.apg_name.processGroups.pg_name.processes.pid.applications.app_name.module_name.ejb_name

統合運用管理ツールからのツリー:

Express

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[アプリケーション]-[app_name]-[module_name]-[ejb_name]

Standard / Enterprise

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]-[アプリケーショングループ]-[apg_name]-[プロセスグループ]-[pg_name]-[process]-[pid]-[applications]-[app_name]-[module_name]-[ejb_name]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報:

bean-chache, bean-method

パフォーマンス情報:

EjbMonitoringStats, StatefulSessionBeanStats

 

stateless-session-bean

StatelessSessionBeanのパフォーマンス情報で、EJBコンテナをHIGHレベルに設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

Express

domain_name: name=app_name/module_name/ejb_name,type=stateless-session-bean, category=monitor,server=server

Standard / Enterprise

domain_name: name=app_name/module_name/ejb_name,type=stateless-session-bean, category=monitor,server=apg_name-pg_name,pid=pid

dotted-name(CLINAME):

Express

server.applications.app_name.module_name.ejb_name

Standard / Enterprise

tpsystem.
applicationGroups.apg_name.processGroups.pg_name.processes.pid.applications.app_name.module_name.ejb_name

統合運用管理ツールからのツリー:

Express

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[アプリケーション]-[app_name]-[module_name]-[ejb_name]

Standard / Enterprise

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]-[アプリケーショングループ]-[apg_name]-[プロセスグループ]-[pg_name]-[process]-[pid]-[applications]-[app_name]-[module_name]-[ejb_name]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報:

bean-method, bean-pool

パフォーマンス情報:

EjbMonitoringStats, StatelessSessionBeanStats

 

thread-system

JVM内で生成されるスレッドに関するパフォーマンス情報で、jvmをLOWレベル以上に設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :name=thread-system,type=thread-system,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.jvm.thread-system

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[JVM]-[スレッドシステム]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

threadinfo

パフォーマンス情報:

JVMThreadSystemStats

 

thread-pool

スレッドプールのパフォーマンス情報で、HTTPサービスをHIGHにすることで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=thread-pool,name=listener_name,category=monitor,server=server

dotted-name(CLINAME):

server.network.listener_name.thread-pool

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[ネットワーク]-[リスナ名]-[スレッドプール]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

ThreadPoolStats

 

threadinfo

JVM内で生成されるスレッドに関するパフォーマンス情報で、jvmをHIGHレベル以上に設定すると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :name=thread_name,type=threadinfo,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.jvm.thread-system.thread_name

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[JVM]-[スレッドシステム]-[thread_name]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

JVMThreadInfoStats

 

tpsystem

TPモニタのパフォーマンス情報で、StandardもしくはEnterpriseで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=WebOTXSystemStats, WebOTXSystem=tpsystem,category=monitor,server=server

dotted-name(CLINAME):

tpsysmtem

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

applicationGroups, Queue, IIOPListener, ClientSession, VDInfomation, WebOTXApplication

パフォーマンス情報:

WebOTXSystemStats

 

transaction-service

Transactionサービスのパフォーマンス情報で、transaction-serviceをLOW以上にすることにより採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=transaction-service,category=monitor,server=server

dotted-name(CLINAME):

server.transaction-service

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[トランザクションサービス]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

JTAStats

 

VD

VDのパフォーマンス情報で、StandardもしくはEnterpriseで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :name=VD,type=WebOTXVDStats,server=server,WebOTXSystem=tpsystem,
WebOTXVDResource=VDInformation,category=monitor,WebOTXVD=VD

dotted-name(CLINAME):

tpsystem.VDInformation.VD

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]-[VDインフォメーション]-[VD]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

WebOTXVDStats

 

VDInformation

VDリソースのパフォーマンス情報で、StandardもしくはEnterpriseで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=WebOTXVDResource,category=monitor,server=server,name=VDInformation

dotted-name(CLINAME):

tpsystem.VDInformation

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[TPシステム]-[VDインフォメーション]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

VD

パフォーマンス情報:

なし

 

virtualserverinfo

仮想サーバのパフォーマンス情報で、HTTPサービスをHIGHにすると採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name:type=virtualserverinfo,name=server_name,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.http-service.server_name

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[HTTPサービス]-[server_name]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

VirtualServerInfoStats

 

web-security-deployer

Webアプリケーションのセキュリティに関するパフォーマンス情報で、セキュリティをON以上に設定した場合に採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=security-realm,server=server,category=monitor

dotted-name(CLINAME):

server.security.web

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーションサーバ]-[セキュリティ]-[Web]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

WebSecurityDeployerStats

 

WebOTXApplication

アプリケーションのパフォーマンス情報で、StandardもしくはEnterpriseで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=WebOTX(J2EE,CORBA)ApplicationStats,name=WebOTXApplication,
WebOTXSystem=tpsystem,category=monitor,server=server

dotted-name(CLINAME):

applications.WebOTXApplication

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報]-[domain_name]-[アプリケーション]-[WebOTXApplication]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

module

パフォーマンス情報:

なし

 

WebOTXWebMethodInEarStats

GET/POSTリクエストオペレーションのパフォーマンス情報で、Standard もしくはEnterpriseで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=WebOTXWebMethodInEarStats,name=POST, WebOTXWebContextEar=context_root_name
WebOTXEJBModule=ear_name, serverapg_name-pg_name, category=monitor, WebOTXWebMethod=method_name

dotted-name(CLINAME):

applications.WebOTXApplication

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報] - [domain_name] - [アプリケーション] - [app_name] - [ear_name] - [war_name] - [context_root_name] - [method_name]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

WebOTX(operationType)OperationStats

 

WebOTXWebMethodStats

GET/POSTリクエストオペレーションのパフォーマンス情報で、Standardもし くはEnterpriseで採取可能です。

ObjectNameフォーマット:

domain_name :type=WebOTXWebMethodStats,name=POST, WebOTXWebContext=context_name
WebOTXWebModule=module_name, WebOTXJ2EEApplication=app_name, apg_name-pg_name, category=monitor, WebOTXWebMethod=method_name

dotted-name(CLINAME):

applications.WebOTXApplication

統合運用管理ツールからのツリー:

[統計情報] - [domain_name] - [アプリケーション] - [app_name] - [war_name] - [context_root_name] - [method_name]

管理するパフォーマンス情報(getChildrenメソッドで取得可能な情報):

なし

パフォーマンス情報:

WebOTX(operationType)OperationStats

3.2. 採取可能なパフォーマンス情報

WebOTXで採取可能なパフォーマンス情報について以下に示します。

索引

C:

ConnectorConnectionPoolStats, ConnectionQueueStats

D:

DeploymentLifecycleStats

E:

EJBCacheStats, EJBMethodStats, EJBPoolStats, EjbSecurityStats, EjbMonitoringStats, EntityBeanStats

F:

FileCacheStats

H:

HttpServiceStats

J:

JMSPhysicalDestinationStats, JMSServiceStats, JspStats, JTAStats,
JVMClassLoadingStats, JVMCompilationStats, JVMGarbageCollectorStats,
JVMMemoryPoolStats, JVMMemoryStats, JVMOperatingSystemStats,
JVMRuntimeStats, JVMStats, JVMThreadInfoStats, JVMThreadSystemStats

K:

KeepAliveStats

M:

MessageDrivenBeanStats

R:

RealmStats

S:

StatefulSessionBeanStatst, StatelessSessionBeanStatst, ServletStats, ServletInstanceStats, SessionStats

T:

ThreadPoolStats

V:

VirtualServerInfoStats

W:

WebOTXActiveObjectStats, WebOTXClientSessionStats, WebOTXDomainStats,WebOTXIIOPListenerStats, WebOTXJavaAsyncMsgStats, WebOTXOperationStats, WebOTXProcessGroupStats, WebOTXQueueStats, WebOTXSystemStats, WebOTXVDStats, WebSecurityDeployerStats, WODSStats

 

ConnectorConnectionPoolStats

コネクタコネクションプールに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-1
名称 概要
NumConnUsed RangeStatistic 使用中のコネクション数
NumConnFree RangeStatistic 未使用のコネクション数
NumConnFailedValidation MutableCountStatistic 障害が発生したコネクション数
NumConnTimedOut MutableCountStatistic 無通信監視タイムアウトが発生したコネクション数
AverageConnWaitTime MutableCountStatistic コネクタコネクションプールから取得されるまでのコネクションの平均待機時間
ConnRequestWaitTime RangeStatistic 接続要求待機時間
NumConnAcquired MutableCountStatistic コネクション取得数
NumConnCreated MutableCountStatistic コネクション生成数
NumConnDestroyed MutableCountStatistic 破棄したコネクション数
NumConnReleased MutableCountStatistic 未使用コネクション数
NumConnSuccessfullyMatched MutableCountStatistic Managed Connection Factoryで一致したコネクション数
NumConnNotSuccessfullyMatched MutableCountStatistic Managed Connection Factoryで一致せず拒否されたコネクション数
NumPotentialConnLeak MutableCountStatistic 潜在的なコネクションリーク数
WaitQueueLength MutableCountStatistic 接続要求キューにおける接続要求の待機数
 

ConnectionQueueStats

コネクションキューに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-2
名称 概要
countopenconnections CountStatistic 有効になっているコネクション数
countoverflows CountStatistic オーバーフローコネクション数
countqueued CountStatistic 現在キューに存在するコネクション数
countqueued1minuteaverage CountStatistic 1分間の平均コネクション数
countqueued5minutesaverage CountStatistic 5分間の平均コネクション数
countqueued15minutesaverage CountStatistic 15分間の平均コネクション数
counttotalconnections CountStatistic 受け付けられたコネクションの数
counttotalqueued CountStatistic コネクションがキューイングされた累計数
maxqueued CountStatistic コネクションキューの最大サイズ
peakqueued CountStatistic キュー内に同時に存在していたコネクションのピーク値
tickstotalqueued CountStatistic 消費したティック数
 

DeploymentLifecycleStats

配備に関するパフォーマンスデータです。

表3.2-3
名称 概要
totalapplicationsdeployedcount CountStatistic これまでに配備されたアプリケーションの総数
activeapplicationsdeployedcount RangeStatistic 現在 配備されているアプリケーションの数
applicationsinfo StringStatistic 配備されているアプリケーションの情報
 

EJBCacheStats

EJBモジュールのキャッシュに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-4
名称 概要
cachehits BoundedRangeStatistic キャッシュヒット回数
cachemisses BoundedRangeStatistic キャッシュミス回数
numbeansincache BoundedRangeStatistic キャッシュ中のBean数
numexpiredsessionsremoved CountStatistic 削除されたBean数
numpassivationerrors CountStatistic パッシベートエラー数
numaassivations CountStatistic パッシベート数
numpassivationsuccess CountStatistic パッシベート成功数
 

EJBMethodStats

EJBメソッド呼び出しに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-5
名称 概要
methodstatistic TimeStatistic メソッド呼び出し時間
totalnumerrors CountStatistic エラーとなったメソッドの呼び出し回数
totalnumsuccess CountStatistic 成功したメソッドの呼び出し回数
executiontime CountStatistic オペレーション実行時のシステムの処理時間
 

EJBPoolStats

EJBプールに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-6
名称 概要
numbeansinpool BoundedRangeStatistic プールされているBean数
numthreadswaiting BoundedRangeStatistic フリースレッド数
totalbeanscreated CountStatistic 生成したBean数
totalbeansdestroyed CountStatistic 消滅したBean数
jmsmaxmessagesload CountStatistic JMSセッションでロードした最大メッセージ数
 

EJBSecurityStats

EJBアプリケーションのセキュリティに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-7
名称 概要
PolicyConfigurationCount CountStatistic ポリシー数
SecurityManagerCount CountStatistic セキュリティマネージャ数
 

EjbMonitoringStats

EJBモジュール(J2EEType=EJB)に関するパフォーマンスデータです。

表3.2-8
名称 概要
createCount CountStatistic createメソッド呼び出し回数
removeCount CountStatistic removeメソッド呼び出し回数
 

EntityBeanStats

Entity Bean (J2EEType= EntityBean) に関するパフォーマンスデータです。

表3.2-9
名称 概要
readyCount BoundedRangeStatistic ready状態のBeanインスタンス数
pooledCount BoundedRangeStatistic pooled状態のBeanインスタンス数
 

FileCacheStats

ファイルキャッシュに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-10
名称 概要
contenthits CountStatistic キャッシュされたファイルコンテンツ内のヒット数
contentmisses CountStatistic キャッシュされたファイルコンテンツ内で見つからなかった数
heapsize CountStatistic 現在のキャッシュサイズ
hits CountStatistic キャッシュ内のヒット数
infohits CountStatistic キャッシュされたファイル情報内のヒット数
infomisses CountStatistic キャッシュされたファイル情報内で見つからなかった数
mappedmemorysize CountStatistic 配備されているアプリケーションの情報
maxheapsize CountStatistic キャッシュに利用しているヒープサイズの最大値
maxmappedmemorysize CountStatistic キャッシュのためにマッピングされたメモリサイズ
misses CountStatistic キャッシュ内で見つからなかった数
opencacheentries CountStatistic 現在開いているキャッシュのエントリ数
 

HttpServiceStats

リクエスト処理に関するパフォーマンスデータです。

表3.2-11
名称 概要
count200 CountStatistic ステータスコード200のレスポンス数
count2xx CountStatistic 200番台のレスポンス数
count302 CountStatistic ステータスコード302のレスポンス数
count304 CountStatistic ステータスコード304のレスポンス数
count3xx CountStatistic 300番台のレスポンス数
count400 CountStatistic ステータスコード400のレスポンス数
count401 CountStatistic ステータスコード401のレスポンス数
count403 CountStatistic ステータスコード403のレスポンス数
count404 CountStatistic ステータスコード404のレスポンス数
count4xx CountStatistic 400番台のレスポンス数
count503 CountStatistic ステータスコード503のレスポンス数
count5xx CountStatistic 500番台のレスポンス数
countbytesreceived CountStatistic 受信バイト数
countbytestransmitted CountStatistic 転送バイト数
countopenconnections CountStatistic オープンコネクション数
countother CountStatistic 200-500番台以外のレスポンス数
countrequests CountStatistic リクエスト数
errorcount CountStatistic 400番台以上のエラー累積数
maxopenconnections CountStatistic オープンコネクション最大数
maxtime CountStatistic 最大レスポンス時間
method StringStatistic 最後にリクエストを受けたメソッド名
processingtime CountStatistic リクエストの平均実行時間
uri StringStatistic 最後にリクエストを受けたURI
 

JMSPhysicalDestinationStats

JMSの物理的送信先に関するパフォーマンスデータです。

表3.2-12
名称 概要
ConsumersActive CountStatistic 接続アクティブコンシューマの数
ConsumersActiveHW CountStatistic 接続アクティブコンシューマの最大到達数
ConsumersActiveAvg CountStatistic 接続アクティブコンシューマの平均数
ConsumersBackup CountStatistic 接続バックアップコンシューマの数
ConsumersBackupHW CountStatistic 接続バックアップコンシューマの最大到達数
ConsumersBackupAvg CountStatistic 接続バックアップコンシューマの平均数
MessagesNow CountStatistic 滞留メッセージの数
MessagesHW CountStatistic 滞留メッセージの最大到達数
MessagesAvg CountStatistic 滞留メッセージの平均数
MessagesAcked CountStatistic Acknowledgeされたメッセージの累積数
MessagesExpired CountStatistic Expireされたメッセージの累積数
MessagesDiscarded CountStatistic Discardされたメッセージの累積数
MessagesRejected CountStatistic Rejectされたメッセージの累積数
MessageBytesNow CountStatistic 滞留メッセージのバイト数
MessageBytesHW CountStatistic 滞留メッセージの最大到達バイト数
LargestMessageBytesHW CountStatistic メッセージサイズの最大到達バイト数
MessageBytesAvg CountStatistic 滞留メッセージの平均バイト数
MessagesIn CountStatistic 入力メッセージの累積数
MessagesInRate CountStatistic 入力メッセージの区間数(秒あたり)
MessagesOut CountStatistic 出力メッセージの累積数
MessagesOutRate CountStatistic 出力メッセージの区間数(秒あたり)
MessageBytesIn CountStatistic 入力メッセージの累積バイト数
MessageBytesInRate CountStatistic 入力メッセージの区間バイト数(秒あたり)
MessageBytesOut CountStatistic 出力メッセージの累積バイト数
MessageBytesOutRate CountStatistic 出力メッセージの区間バイト数(秒あたり)
 

JMSServiceStats

JMSサービスに関するパフォーマンスデータです。

このデータには、運用管理操作(パフォーマンスデータの採取も含む)で必要となるコネクション接続やメッセージなどの情報も含まれています。

表3.2-13
名称 概要
Connections CountStatistic コネクション数
MemoryFree CountStatistic JavaVMの空きメモリ量(バイト数)
MemoryTotal CountStatistic JavaVMの総メモリ量(バイト数)
MessagesNow CountStatistic 滞留メッセージ数
MessageBytesNow CountStatistic 滞留メッセージのバイト数
MessagesIn CountStatistic 入力メッセージの累積数
MessagesInRate CountStatistic 入力メッセージの区間数(秒あたり)
MessagesOut CountStatistic 出力メッセージの累積数
MessagesOutRate CountStatistic 出力メッセージの区間数(秒あたり)
MessageBytesIn CountStatistic 入力メッセージの累積バイト数
MessageBytesInRate CountStatistic 入力メッセージの区間バイト数(秒あたり)
MessageBytesOut CountStatistic 出力メッセージの累積バイト数
MessageBytesOutRate CountStatistic 出力メッセージの区間バイト数(秒あたり)
PacketsIn CountStatistic 入力パケットの累積数
PacketsInRate CountStatistic 入力パケットの区間数(秒あたり)
PacketsOut CountStatistic 出力パケットの累積数
PacketsOutRate CountStatistic 出力パケットの区間数(秒あたり)
PacketBytesIn CountStatistic 入力パケットの累積バイト数
PacketBytesInRate CountStatistic 入力パケットの区間バイト数(秒あたり)
PacketBytesOut CountStatistic 出力パケットの累積バイト数
PacketBytesOutRate CountStatistic 出力パケットの区間バイト数(秒あたり)
 

JspStats

JSPに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-14
名称 概要
jspcount RangeStatistic JSPのロード数
jsperrorcount CountStatistic JSPのエラー回数
jspreloadedcount CountStatistic JSPのリロード回数
totaljspcount CountStatistic これまでにロードされたJSP数
 

JTAStats

Transactionサービス(JTAリソース(J2EEType=JTAResource))に関するパフォーマンスデータです。

表3.2-15

名称

概要

採取レベル

ActiveCount CountStatistic 現在実行中のトランザクション数の合計 LOW以上
CommittedCount CountStatistic コミットされたトランザクション数の合計 LOW以上
Committed2PCCount CountStatistic 2フェーズコミットトランザクション数の合計 LOW以上
RolledbackCount CountStatistic ロールバックされたトランザクション数の合計 LOW以上
ApplicationRolledbackCount CountStatistic アプリケーションプログラムで発生したエラーが原因でロールバックされたトランザクション数の合計 LOW以上
ResourceRolledbackCount CountStatistic リソースによる処理中に発生したエラーが原因でロールバックされたトランザクション数の合計 LOW以上
SystemRolledbackCount CountStatistic Transactionサービス内部で発生したエラーが原因でロールバックされたトランザクション数の合計 LOW以上
CompletedCount CountStatistic 完了したトランザクション数の合計 LOW以上
TimedOutCount CountStatistic タイムアウトして自動的にロールバックされたトランザクション数の合計 LOW以上
ForgottenCount CountStatistic ヒューリスティック状態となり、コマンドでフォゲット(破棄)されたトランザクション数の合計 LOW以上
DeletedCount CountStatistic コマンドで強制的に削除されたトランザクション数の合計 LOW以上
AverageTAT CountStatistic トランザクションの実行時間(単位:ミリ秒)の平均値 LOW以上
HeuristicCount CountStatistic ヒューリスティック状態となったトランザクション数の合計 LOW以上
TransferedCount CountStatistic アプリケーションの異常終了などでRCSに移管されたトランザクション数の合計 LOW以上
 

JVMClassLoadingStats

JVMのクラスのロードに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-16
名称 概要
LoadedClassCount CountStatistic 現在のロード数
TotalLoadedClassCount CountStatistic トータルロード数
UnloadedClassCount CountStatistic アンロード数
 

JVMCompilationStats

JVM(J2EEType=JVM)のコンパイル処理に関するパフォーマンスデータです。

表3.2-17
名称 概要
Name StringStatistic コンパイラ名
TotalCompilationTime CountStatistic コンパイル時間
 

JVMGarbageCollectorStats

JVM(J2EEType=JVM)のGC処理に関するに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-18
名称 概要
CollectionTime CountStatistic ガベージコレクション数
CollectionCount CountStatistic ガベージコレクション累計時間
 

JVMMemoryPoolStats

JVM(J2EEType=JVM)のメモリプールに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-19
名称 概要
Name StringStatistic プール名
Type StringStatistic プールタイプ
InitSize CountStatistic 使用済みプールサイズ初期値
UsedSize CountStatistic 使用済みプールサイズ現在値
CommittedSize CountStatistic 使用済みプールサイズコミット値
MaxSize CountStatistic 使用済みプールサイズ最大値
InitPeakSize CountStatistic ピーク時プールサイズ初期値
UsedPeakSize CountStatistic ピーク時プールサイズ現在値
CommittedPeakSize CountStatistic ピーク時プールサイズコミット値
MaxPeakSize CountStatistic ピーク時プールサイズ最大値
InitCollectionSize CountStatistic オブジェクト解放後プールサイズ初期値
UsedCollectionSize CountStatistic オブジェクト解放後プールサイズ現在値
CommittedCollectionSize CountStatistic オブジェクト解放後プールサイズ初期値
MaxCollectionSize CountStatistic オブジェクト解放後プールサイズ初期値
 

JVMMemoryStats

JVM(J2EEType=JVM)のメモリの消費状況に関するパフォーマンスデータです。

表3.2-20
名称 概要
ObjectPendingFinalizationCount StringStatistic 未決定のファイナライズオブジェクト数
InitHeapSize CountStatistic 初期ヒープメモリサイズ
UsedHeapSize CountStatistic 使用済みヒープメモリサイズ
CommittedHeapSize CountStatistic コミット済みヒープメモリサイズ
InitNonHeapSize CountStatistic 初期非ヒープメモリサイズ
UsedNonHeapSize CountStatistic 使用済み非ヒープメモリサイズ
MaxNonHeapSize CountStatistic 最大非ヒープメモリサイズ
CommittedNonHeapSize CountStatistic コミット済み非ヒープメモリサイズ
 

JVMOperatingSystemStats

JVM(J2EEType=JVM)が動作するOSに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-21
名称 概要
Arch StringStatistic OSアーキテクチャ
AvailableProcessors CountStatistic プロセッサ数
Name StringStatistic OS名
Version StringStatistic OSバージョン時間
 

JVMRuntimeStats

JVM(J2EEType=JVM)の実行に関するパフォーマンスデータです。

表3.2-22
名称 概要
Name StringStatistic 実行名
VmName StringStatistic 実行中のVM名
VmVendor StringStatistic 実行中のVMベンダ
VmVersion StringStatistic 実行中のVMバージョン
SpecName StringStatistic 仕様VM名
SpecVendor StringStatistic 仕様VMベンダ
SpecVersion StringStatistic 仕様VMバージョン
ManagementSpecVersion StringStatistic 管理インタフェース用の仕様バージョン
ClassPath StringStatistic クラスパス
LibraryPath StringStatistic ライブラリパス
BootClasspath StringStatistic ブートクラスパス
InputArguments StringStatistic VM実行時の引数
UpTime CountStatistic VM稼働時間
 

JVMStats

JVM(J2EEType=JVM)に関するパフォーマンスデータです。

表3.2-23
名称 概要
heapSize BoundedRangeStatistic 確保JVMヒープサイズ
heapUsedSize BoundedRangeStatistic 使用しているJVMヒープサイズ
heapFreeSize BoundedRangeStatistic 空きJVMヒープサイズ
heapUsedRate BoundedRangeStatistic 使用しているJVMヒープサイズの割合
uptime CountStatistic JVM実行時間
 

JVMThreadInfoStats

JVM(J2EEType=JVM)の個々のスレッドに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-24
名称 概要
ThreadId CountStatistic スレッドID
ThreadName StringStatistic スレッド名
ThreadState StringStatistic スレッドの状態
BlockedTime CountStatistic スレッドの実行がブロックされてからの経過時間(ミリ秒)
BlockedCount CountStatistic スレッドの実行がブロックされた回数(回)
WaitingTime CountStatistic スレッドの実行が待機状態になってからの経過時間(ミリ秒)
WaitingCount CountStatistic スレッドの実行が待機状態になった回数(回)
LockName StringStatistic スレッドがブロックまたは待機状態のモニターロックの識別名
LockOwnerId StringStatistic モニタロックを保持するスレッドID
LockOwnerName StringStatistic モニタロックを保持するスレッド名
StackTrace StringStatistic スレッドのスタックトレース
 

JVMThreadSystemStats

JVM(J2EEType=JVM)のスレッド全体に関するパフォーマンスデータです。

表3.2-25
名称 概要
AllThreadIds StringStatistic 全スレッドID
CurrentThreadCPUTime CountStatistic 現在もしくは指定したスレッドのCPU時間
CurrentThreadUserTime CountStatistic 現在のスレッドがユーザモードで実行したCPU時間
DeamonThreadCount CountStatistic デーモンスレッド数
DeadlockedThreads StringStatistic オブジェクトモニターまたはシンクロナイザの取得を待機していてデッドロック状態にあるスレッドのスレッドID
MonitorDeadlockedThreads StringStatistic オブジェクトモニターの取得を待機していてデッドロック状態にあるスレッドのスレッドID
PeakThreadCount CountStatistic スレッド最大数
ThreadCount CountStatistic スレッド数
TotalStartedThreadCount CountStatistic 総開始スレッド数
 

KeepAliveStats

キープアライブに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-26
名称 概要
countconnections CountStatistic キープアライブモードコネクション数
countflushes CountStatistic コネクションクローズ回数
counthits CountStatistic リクエスト受信成功回数
countrefusals CountStatistic キープアライブ拒否数
counttimeouts CountStatistic キープアライブタイムアウト数
maxrequests CountStatistic 1コネクションで許されるリクエスト最大数
secondstimeouts CountStatistic キープアライブタイムアウト
 

MessageDrivenBeanStats

MessageDrivenBean(J2EEType=MessageDrivenBean)に関するパフォーマンスデータです。

表3.2-27
名称 概要
messageCount CountStatistic 受け取ったメッセージ数
 

RealmStats

レルムに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-28
名称 概要
RealmCount CountStatistic レルム数
 

StatefulSessionBeanStats

ステートフルSession Bean (J2EEType=StatefulSessionBean) に関するパフォーマンスデータです。

表3.2-29
名称 概要
methodReadyCount RangeStatistic method-ready状態のBean数
passiveCount RangeStatistic passivate状態のBean数
 

StatelessSessionBeanStats

ステートレスSession Bean (J2EEType=StatelessSessionBean) に関するパフォーマンスデータです。

表3.2-30
名称 概要
methodReadyCount RangeStatistic method-ready状態のBean数
 

ServletStats

Servlet (J2EEType=Servlet)に関するパフォーマンスデータです。

表3.2-31
名称 概要
activeservletsloadedcount RangeStatistic ロード中のサーブレット数
servletprocessingtimes CountStatistic サーブレットの実行時間
totalservletsloadedcount CountStatistic これまでにロードされたサーブレットの総数
 

ServletInstanceStats

Servlet (J2EEType=Servlet)に関するパフォーマンスデータです。

表3.2-32
名称 概要
errorcount CountStatistic エラーリクエスト回数
maxtime CountStatistic 最大処理時間
processingtime CountStatistic 累積リクエスト処理時間
requestcount CountStatistic リクエスト回数
servicetime CountStatistic 処理時間統計
 

SessionStats

セッションに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-33
名称 概要
activatedsessionstotal RangeStatistic アクティブになったセッションの累計数
activesessionscurrent CountStatistic アクティブなセッション数
expiredsessionstotal CountStatistic 有効期限切れになったセッションの累計数
passivatedsessionstotal CountStatistic パッシブ化されたセッション数
persistedsessionstotal CountStatistic 維持されているセッション数
rejectedsessionstotal CountStatistic 拒否されたセッション数
sessionstotal CountStatistic 生成されたセッションの累計数
 

ThreadPoolStats

スレッドプールに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-34
名称 概要
corethreads CountStatistic スレッドプール内のコアスレッド数
currentthreadcount CountStatistic スレッドプール内で現在実行中のスレッド数
currentthreadsbusy CountStatistic スレッドプール内で現在リクエスト処理中のスレッド数
maxthreads CountStatistic スレッドプールの最大スレッド数
totalexecutedtasks CountStatistic これまでに実行されたタスク数
 

VirtualServerInfoStats

仮想サーバに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-35
名称 概要
hosts StringStatistic ホスト名
id StringStatistic 仮想サーバのid
mode StringStatistic 仮想サーバのモード
state StringStatistic 仮想サーバの状態
 

WebOTX(interfaceType)ActiveObjectStats

インタフェースに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-36
名称 概要
activeObject RangeStatistic アクティブオブジェクト数
 

WebOTXClientSessionStats

接続クライアントに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-37
名称 概要
connectionNum RangeStatistic 接続クライアント数
maxConnectionTime RangeStatistic 最大接続時間
 

WebOTXDomainStats

ドメイン全般に関するパフォーマンスデータです。

表3.2-38
名称 概要
ApCPURate RangeStatistic ドメインが起動しているマシンでのCPU使用率(%)
ApNumOfProcess RangeStatistic ドメインが起動しているマシンで起動中のプロセスの数 (個)
ApPhysicalMemSize RangeStatistic ドメインが起動しているマシンで使用している物理メモリのサイズ(KByte)
ApVirtualMemSize RangeStatistic ドメインが起動しているマシンで使用している仮想メモリ(Solaris、Linux OSではスワップ)のサイズ(KByte)
WebRequestCount CountStatistic Web層でのリクエスト処理回数
WebThreadCount RangeStatistic Web層での実行スレッド数
WebBusyThreadCount RangeStatistic Web層での実行スレッド数のうちビジー(リクエスト処理中)なスレッド数
ApRequestCount CountStatistic AP層でのリクエスト処理回数
ApThreadCount RangeStatistic AP層での実行スレッド数
ApBusyThreadCount RangeStatistic AP層での実行スレッド数のうちビジー(リクエスト処理中)なスレッド数
ApQueueCount RangeStatistic AP層でのキュー滞留数
TotalDiskSpace RangeStatistic ディスク全体容量(Byte)
FreeDiskSpace RangeStatistic ディスク空き容量(Byte)
UsableFreeDiskSpace RangeStatistic 使用可能ディスク空き容量(Byte)
DiskUsedRate RangeStatistic ディスク使用率(%)
 

WebOTXIIOPListenerStats

IIOPリスナに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-39
名称 概要
simultaneousRequestsCount CountStatistic 現在実行中・滞留中・WebOTX内部で生成されているオペレーション数
 

WebOTX(J2EE,CORBAJ2SE)JavaAsyncMsgStats

Java非同期メッセージ(非MDB)に関するパフォーマンスデータです。

表3.2-40
名称 概要
TxCount CountStatistic 実行回数
 

WebOTX(operationType)OperationStats

オペレーションに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-41
名称 概要
queue RangeStatistic キューイング数
allCount CountStatistic オペレーション呼び出し回数
minResponse RangeStatistic 最小レスポンス時間
maxResponse RangeStatistic 最大レスポンス時間
aveResponse RangeStatistic 平均レスポンス時間
minExetime RangeStatistic 最小実行時間
maxExetime RangeStatistic 最大実行時間
aveExetime RangeStatistic 平均実行時間
minUserCputime RangeStatistic 最小ユーザCPU時間
maxUserCputime RangeStatistic 最大ユーザCPU時間
aveUserCputime RangeStatistic 平均ユーザCPU時間
minSystemCputime RangeStatistic 最小システムCPU時間
maxSystemCputime RangeStatistic 最大システムCPU時間
aveSystemCputime RangeStatistic 平均システムCPU時間
 

WebOTX(J2EE,CORBAJ2SE,CORBACPP,CORBACOBOL)ProcessGroupStats

プロセスグループに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-42
名称 概要
activeProcess RangeStatistic アクティブプロセス数
activeThread RangeStatistic アクティブスレッド数
maxRespRatio RangeStatistic 最大プロセス稼働率
cpurate RangeStatistic 現在のCPU使用率
idleThreadCount RangeStatistic アイドルスレッド数
maxThreadTime RangeStatistic 最大スレッド稼働時間
physicalMemory RangeStatistic 物理メモリ使用量
processorTime RangeStatistic 現在までの総CPU時間
queueingCount RangeStatistic キューイング数
simultaneousRequestsCount RangeStatistic 現在の実行中・滞留中・WebOTX内部で生成されているオペレーション数
systemTime RangeStatistic 現在までの総システムCPU時間
userTime RangeStatistic 現在までの総ユーザCPU時間
virtualMemory RangeStatistic 仮想メモリ使用量
 

WebOTXQueueStats

キューに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-43
名称 概要
MaxStayMsgNum RangeStatistic 最大キュー滞留数
 

WebOTXSystemStats

TPシステムに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-44
名称 概要
activeProcCount RangeStatistic システム全体でのアクティブプロセス数
activeThreadCount RangeStatistic システム全体でのアクティブスレッド数
idleThreadCount RangeStatistic システム全体でのアイドルスレッド数
operationCount CountStatistic システム全体での総オペレーション呼び出し回数
queueingCount RangeStatistic システム全体での総キューイング数
 

WebOTXVDStats

VDに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-45
名称 概要
stayMessage RangeStatistic 滞留メッセージ数
 

WebSecurityDeployerStats

Webアプリケーションのセキュリティに関するパフォーマンスデータです。

表3.2-46
名称 概要
WebPolicyConfigurationCount CountStatistic ポリシー数
WebSecurityManagerCount CountStatistic セキュリティマネージャ数
 

WODSStats

JDBCデータソースに関するパフォーマンスデータです。
これらのパフォーマンスデータは、アプリケーションプロセスの起動後、最初にJDBCコネクションの接続を行った際に採取が開始されます。

次のパフォーマンスデータは、jdbc-datasourceにLOWとHIGHのいずれかを設定することで、採取できます。

表3.2-47
名称 概要
NumConnUsed RangeStatistic 使用中のコネクション数
NumConnFree CountStatistic 未使用のコネクション数
NumConnFailedValidation CountStatistic 障害が発生したコネクション数
NumConnTimedOut CountStatistic 無通信監視タイムアウトが発生したコネクション数
NumConnGarbageCollected CountStatistic ガベージコレクトの対象となったコネクション数
NumReqConnect RangeStatistic 処理中の接続要求数
TransactionElaps RangeStatistic トランザクション実行時間
ConnectionElaps RangeStatistic コネクション処理時間
GetConnectionElaps RangeStatistic コネクション取得時間

次のパフォーマンスデータは、jdbc-datasourceにHIGHを設定することで、採取できます。
これらのデータは、monitorコマンドでは採取できません。

表3.2-48
名称 概要
SqlSelectElaps RangeStatistic SELECT実行時間
SqlInsertElaps RangeStatistic INSERT実行時間
SqlUpdateElaps RangeStatistic UPDATE実行時間
SqlDeleteElaps RangeStatistic DELETE実行時間
SqlBatchElaps RangeStatistic バッチ処理実行時間