3. WatchServerの起動と終了

3.1. WatchServerの起動

WatchServerの起動方法について説明します。なおWatchServerを起動させる前に WebOTX ObjectBrokerを起動しておく必要があります。

Windows

WatchServerはサービスとして定義されています。サービスマネージャより 「WebOTX WatchServer」の開始を行います。なおコマンドで起動する場合は net startコマンドを利用してください。

>net start "WebOTX WatchServer"

HP-UX

以下に示すWatchServer起動コマンドを実行してください。

>/sbin/init.d/WatchServer start

Solaris

以下に示すWatchServer起動コマンドを実行してください。

>/etc/init.d/WatchServer start

Linux

以下に示すWatchServer起動コマンドを実行してください。

>/etc/init.d/WatchServer start

3.2. WatchServerの終了

WatchServerの終了方法について説明します。なおWatchServerを終了させた後に WebOTX ObjectBrokerを終了させてください。

Windows

WatchServerはサービスとして定義されています。サービスマネージャより 「WebOTX WatchServer」の起動を行います。なおコマンドで停止する場合は net stopコマンドを利用してください。

>net stop "WebOTX WatchServer"

HP-UX

以下に示すWatchServer停止コマンドを実行してください。

>/sbin/init.d/WatchServer stop

Solaris

以下に示すWatchServer停止コマンドを実行してください。

>/etc/init.d/WatchServer stop

Linux

以下に示すWatchServer停止コマンドを実行してください。

>/etc/init.d/WatchServer stop