3.1. バッチアプリケーションの配備

3.1.1. バッチアプリケーションアーカイブをインストールする

前提条件
  1. バッチドメインが正常に起動していること
  2. バッチアプリケーショングループを有効化するバッチコンテナが起動していること(自動有効化を行う場合)
実行手順
運用管理コマンド(otxadmin)を利用する場合
  1. ${AS_INSTALL}/bin/配下で、otxadmin install-bs-batchapgroupコマンドを使用してバッチアプリケーションをインストールします
    ./otxadmin install-bs-batchapgroup <<接続オプション>> --enabled=true --container <Container名> --batchapgroup <バッチアプリケーショングループ名> <バッチアプリケーションアーカイブ>
    --enabled=falseにすることで、バッチアプリケーションの転送処理のみ行い、自動的に有効化しないようにします(このとき、containerオプションは省略できます)
    ./otxadmin install-bs-batchapgroup <<接続オプション>> --enabled=false --batchapgroup <バッチアプリケーショングループ名> <バッチアプリケーションアーカイブ>
統合運用管理ツールを利用する場合
  1. バッチドメインに接続します
  2. 左ペインから以下のノードを選択します
    左ペイン
  3. 右クリックで表示されるメニューの中から、「バッチアプリケーショングループのインストール」メニューを選択します
  4. 「バッチアプリケーショングループ配備ウィザード」画面が表示されますので、以下の項目に情報を設定し、「実行」を押下します 「転送後有効化」のチェックボックスからチェックを外すことにより、バッチアプリケーションの転送処理のみ行い、自動的に有効化しないようにできます
  5. 新規に「バッチアプリケーショングループ配備ウィザード」画面が表示されますので、表示内容を確認し「はい」を押下します
  6. 新規に「バッチアプリケーショングループ配備ウィザード」画面が表示され、アプリケーションのインストール処理が完了したら「終了」を押下します
  7. 「終了」を押下します
注意事項
参照

3.1.2. バッチアプリケーショングループをアンインストールする

前提条件
  1. バッチドメインが正常に起動していること
  2. アンインストール対象のバッチアプリケーションがどのコンテナ上においても有効化されていないこと
実行手順
運用管理コマンド(otxadmin)を利用する場合
  1. ${AS_INSTALL}/bin/配下で、otxadmin uninstall-bs-batchapgroupコマンドを使用してバッチアプリケーションをアンインストールします
    ./otxadmin uninstall-bs-batchapgroup <<接続オプション>> <バッチアプリケーショングループ名>
統合運用管理ツールを利用する場合
  1. ドメインに接続します
  2. 左ペインから以下のノードを選択します
    左ペイン
  3. 右クリックで表示されるメニューの中から、「バッチアプリケーショングループのアンインストール」メニューを選択します
  4. 「バッチアプリケーショングループ配備ウィザード」画面が表示されますので、アンインストール対象の「バッチアプリケーショングループ名」を選択し、「実行」を押下します
  5. 新規に「バッチアプリケーショングループ配備ウィザード」画面が表示されますので、表示内容を確認し「はい」を押下します
  6. 新規に「バッチアプリケーショングループ配備ウィザード」画面が表示され、アプリケーションのアンインストール処理が完了したら「終了」を押下します
  7. 「終了」を押下します
参照

3.1.3. バッチアプリケーショングループを有効化する

前提条件
  1. バッチドメインが正常に起動していること
  2. バッチアプリケーショングループの有効化対象のバッチコンテナが起動していること
  3. 有効化するバッチアプリケーショングループがインストールされていること
実行手順
運用管理コマンド(otxadmin)を利用する場合
  1. ${AS_INSTALL}/bin/配下で、otxadmin enable-bs-batchapgroupコマンドを使用してバッチアプリケーションをアンインストールします
    ./otxadmin enable-bs-batchapgroup <<接続オプション>> --container <Container名> <バッチアプリケーショングループ名>
統合運用管理ツールを利用する場合
  1. バッチドメインに接続します
  2. 左ペインから以下のノードを選択します
    左ペイン
  3. 右クリックで表示されるメニューの中から、「バッチアプリケーショングループの有効化」メニューを選択します
  4. 「バッチアプリケーショングループ配備ウィザード」画面が表示されますので、有効化対象の「バッチアプリケーショングループ名」を選択し、「実行」を押下します
  5. 新規に「バッチアプリケーショングループ配備ウィザード」画面が表示されますので、表示内容を確認し「はい」を押下します
  6. 新規に「バッチアプリケーショングループ配備ウィザード」画面が表示され、アプリケーションの有効化処理が完了したら「終了」を押下します
  7. 「終了」を押下します
注意事項
参照

3.1.4. バッチアプリケーショングループを無効化する

前提条件
  1. バッチドメインが正常に起動していること
  2. バッチアプリケーショングループの無効化対象のコンテナが起動していること
  3. バッチアプリケーショングループが無効化対象のコンテナで有効化されていること
実行手順
運用管理コマンド(otxadmin)を利用する場合
  1. ${AS_INSTALL}/bin/配下で、otxadmin disable-bs-batchapgroupコマンドを使用してバッチアプリケーションを無効化します
    ./otxadmin disable-bs-batchapgroup <<接続オプション>> --container <Container名> <バッチアプリケーショングループ名>
統合運用管理ツールを利用する場合
  1. バッチドメインに接続します
  2. 左ペインから以下のノードを選択します
    左ペイン
  3. 右クリックで表示されるメニューの中から、「バッチアプリケーショングループの無効化」メニューを選択します
  4. 「バッチアプリケーショングループ配備ウィザード」画面が表示されますので、無効化対象の「バッチアプリケーショングループ名」を選択し、「実行」を押下します
  5. 新規に「バッチアプリケーショングループ配備ウィザード」画面が表示されますので、表示内容を確認し「はい」を押下します
  6. 新規に「バッチアプリケーショングループ配備ウィザード」画面が表示され、アプリケーションの無効化処理が完了したら「終了」を押下します
  7. 「終了」を押下します
注意事項
参照

3.1.5. インストールされているバッチアプリケーショングループの一覧を表示する

前提条件
  1. バッチドメインが正常に起動していること
実行手順
運用管理コマンド(otxadmin)を利用する場合
  1. ${AS_INSTALL}/bin/配下で、otxadmin list-bs-batchapgroupコマンドを使用してインストールされているバッチアプリケーションの一覧を表示します
    ./otxadmin list-bs-batchapgroup <<接続オプション>>
統合運用管理ツールを利用する場合
  1. バッチドメインに接続します
  2. 左ペインから以下のノードを選択します
    左ペイン
  3. 右ペインの[属性]タブ内の各項目に設定されている値を参照します
参照

3.1.6. インストールされているバッチジョブの一覧を表示する

前提条件
  1. バッチドメインが正常に起動していること
実行手順
運用管理コマンド(otxadmin)を利用する場合
  1. ${AS_INSTALL}/bin/配下で、otxadmin list-bs-jobsコマンドを使用してインストールされているバッチジョブの一覧を表示します
    ./otxadmin list-bs-jobs <<接続オプション>>
統合運用管理ツールを利用する場合
  1. バッチドメインに接続します
  2. 左ペインから以下のノードを選択します
    左ペイン
  3. 右ペインの[属性]タブ内の各項目に設定されている値を参照します
参照