2.4. ジョブリクエストキュー

2.4.1. ジョブリクエストキューを追加する

前提条件
  1. バッチドメインが正常に起動されていること
実行手順
運用管理コマンド(otxadmin)を利用する場合
  1. ${AS_INSTALL}/bin/配下、otxadmin add-bs-jobrequest-queueコマンドを使用し、ジョブリクエストキューを作成します。
    ./otxadmin add-bs-jobrequest-queue <<接続オプション>> <ジョブリクエストキュー名>

統合運用管理ツールを利用する場合
  1. ドメインに接続します。
  2. 左ペインから以下のノードを、選択します。
    左ペイン
  3. 右クリックにより表示されるメニューの中から、「キューを追加」メニューを、選択します。
    「ジョブリクエストキューの操作」画面が、表示されます。
  4. [パラメータ]タブ内の「キュー名」に追加するジョブリクエストキュー名を、入力します
  5. 「実行」ボタンを、押下します。
  6. 「閉じる」ボタンを、押下します。
参照

2.4.2. ジョブリクエストキューの属性値を参照する

前提条件
  1. バッチドメインが正常に起動されていること
実行手順
運用管理コマンド(otxadmin)を利用する場合
  1. ${AS_INSTALL}/bin/配下、otxadmin getコマンドを使用し、ジョブリクエストキューの属性値を参照します。
    ./otxadmin get <<接続オプション>> domain.bssystem.job-request-queue.<ジョブリクエストキュー名>.<属性>

統合運用管理ツールを利用する場合
  1. ドメインに接続します。
  2. 左ペインから以下のノードを、選択します。
    左ペイン
  3. 右ペインの[属性]タブ内の各項目の値を参照します。
参照

2.4.3. ジョブリクエストキューの設定を更新する

前提条件
  1. バッチドメインが正常に起動されていること
実行手順
運用管理コマンド(otxadmin)を利用する場合
  1. ${AS_INSTALL}/bin/配下、otxadmin setコマンドを使用し、ジョブリクエストキューの設定を更新します。
    ./otxadmin set <<接続オプション>> domain.bssystem.job-request-queue.<ジョブリクエストキュー名>.<属性>=<VALUE>

統合運用管理ツールを利用する場合
  1. ドメインに接続します。
  2. 左ペインから以下のノードを、選択します。
    左ペイン
  3. 右ペインの[属性]タブ内の各項目に対し、更新対象の項目の値を変更します。
  4. 「更新」ボタンを、押下します。
  5. 「閉じる」ボタンを、押下します。
参照

2.4.4. ジョブリクエストキューを削除する

前提条件
  1. バッチドメインが正常に起動されていること
  2. 削除対象のジョブリクエストキューが無効化された状態であること
実行手順
運用管理コマンド(otxadmin)を利用する場合
  1. ${AS_INSTALL}/bin/配下、otxadmin remove-bs-jobrequest-queueコマンドを使用し、ジョブリクエストキューを削除します。
    ./otxadmin remove-bs-jobrequest-queue <<接続オプション>> <ジョブリクエストキュー名>

統合運用管理ツールを利用する場合
  1. ドメインに接続します。
  2. 左ペインから以下のノードを、選択します。
    左ペイン
  3. 右クリックにより表示されるメニューの中から、「キューを削除」メニューを、選択します。
    「ジョブリクエストキューの操作」画面が、表示されます。
  4. [パラメータ]タブ内の「キュー名」に削除するジョブリクエストキュー名を、入力します
  5. 「実行」ボタンを、押下します。
  6. 「閉じる」ボタンを、押下します。
または、以下の方法でジョブリクエストキューを削除します。
  1. ドメインに接続します。
  2. 左ペインから以下のノードを、選択します。
    左ペイン
  3. 右クリックにより表示されるメニューの中から、「削除」メニューを、選択します。
    <ジョブリクエストキュー名>の操作」画面が、表示されます。
  4. 「実行」ボタンを、押下します。
  5. 「閉じる」ボタンを、押下します。
参照

2.4.5. ジョブリクエストキューを有効化する

前提条件
  1. バッチドメインが正常に起動されていること
  2. 削除対象のジョブリクエストキューが無効化された状態であること
実行手順
運用管理コマンド(otxadmin)を利用する場合
  1. ${AS_INSTALL}/bin/配下、otxadmin enable-bs-jobrequest-queueコマンドを使用し、ジョブリクエストキューを有効化します。
    ./otxadmin enable-bs-jobrequest-queue <<接続オプション>> <ジョブリクエストキュー名>

統合運用管理ツールを利用する場合
  1. ドメインに接続します。
  2. 左ペインから以下のノードを、選択します。
    左ペイン
  3. 右クリックにより表示されるメニューの中から、「キューを有効化」メニューを、選択します。
    「ジョブリクエストキューの操作」画面が、表示されます。
  4. 「キュー名」に有効化するジョブリクエストキューの名前を、入力します
  5. 「実行」ボタンを、押下します。
  6. 「閉じる」ボタンを、押下します。
または、以下の方法でジョブリクエストキューを有効化します。
  1. ドメインに接続します。
  2. 左ペインから以下のノードを、選択します。
    左ペイン
  3. 右クリックにより表示されるメニューの中から、「有効化」メニューを、選択します。
    <ジョブリクエストキュー名>の操作」画面が、表示されます。
  4. 「実行」ボタンを、押下します。
  5. 「閉じる」ボタンを、押下します。
参照

2.4.6. ジョブリクエストキューを無効化する

前提条件
  1. バッチドメインが正常に起動されていること
  2. 削除対象のジョブリクエストキューが有効化された状態であること
実行手順
運用管理コマンド(otxadmin)を利用する場合
  1. ${AS_INSTALL}/bin/配下、otxadmin disable-bs-jobrequest-queueコマンドを使用し、ジョブリクエストキューを無効化します。
    ./otxadmin disable-bs-jobrequest-queue <<接続オプション>> <ジョブリクエストキュー名>

統合運用管理ツールを利用する場合
  1. ドメインに接続します。
  2. 左ペインから以下のノードを、選択します。
    左ペイン
  3. 右クリックにより表示されるメニューの中から、「キューを無効化」メニューを、選択します。
    「ジョブリクエストキューの操作」画面が、表示されます。
  4. 「キュー名」に無効化するジョブリクエストキューの名前を、入力します
  5. 「実行」ボタンを、押下します。
  6. 「閉じる」ボタンを、押下します。
または、以下の方法でジョブリクエストキューを無効化します。
  1. ドメインに接続します。
  2. 左ペインから以下のノードを、選択します。
    左ペイン
  3. 右クリックにより表示されるメニューの中から、「無効化」メニューを、選択します。
    <ジョブリクエストキュー名>の操作」画面が、表示されます。
  4. 「実行」ボタンを、押下します。
  5. 「閉じる」ボタンを、押下します。
参照

2.4.7. ジョブリクエストキューを閉塞する

前提条件
  1. バッチドメインが正常に起動されていること
  2. 削除対象のジョブリクエストキューが有効化された状態であること
実行手順
運用管理コマンド(otxadmin)を利用する場合
  1. ${AS_INSTALL}/bin/配下、otxadmin change-bs-jobrequest-queue-blocking-statusコマンドを使用し、ジョブリクエストキューを閉塞します。
    ./otxadmin change-bs-jobrequest-queue-blocking-status <<接続オプション>> --operation CLOSE [--blockingTarget IN | OUT ] <ジョブリクエストキュー名>

統合運用管理ツールを利用する場合
  1. ドメインに接続します。
  2. 左ペインから以下のノードを、選択します。
    左ペイン
  3. 右クリックにより表示されるメニューの中から、「キューの閉塞状態を変更」メニューを、選択します。
    「ジョブリクエストキューの操作」画面が、表示されます。
  4. [パラメータ]タブ内の項目に、以下の値を設定します。
  5. 「閉じる」ボタンを、押下します。
または、以下の方法でジョブリクエストキューを閉塞します。
  1. ドメインに接続します。
  2. 左ペインから以下のノードを、選択します。
    左ペイン
  3. 右クリックにより表示されるメニューの中から、「閉塞」メニューを、選択します。
    <ジョブリクエストキュー名>の操作」画面が、表示されます。
  4. [パラメータ]タブ内の「閉塞対象」項目から、INOUT、あるいは、空白を、選択します。
  5. 「実行」ボタンを、押下します。
  6. 「閉じる」ボタンを、押下します。
参照

2.4.8. ジョブリクエストキューを閉塞解除する

前提条件
  1. バッチドメインが正常に起動されていること
  2. 削除対象のジョブリクエストキューが有効化された状態であること
実行手順
運用管理コマンド(otxadmin)を利用する場合
  1. ${AS_INSTALL}/bin/配下、otxadmin change-bs-jobrequest-queue-blocking-statusコマンドを使用し、ジョブリクエストキューを閉塞解除します。
    ./otxadmin change-bs-jobrequest-queue-blocking-status <<接続オプション>> --operation OPEN [--blockingTarget IN | OUT ] <ジョブリクエストキュー名>

統合運用管理ツールを利用する場合
  1. ドメインに接続します。
  2. 左ペインから以下のノードを、選択します。
    左ペイン
  3. 右クリックにより表示されるメニューの中から、「キューの閉塞状態を変更」メニューを、選択します。
    「ジョブリクエストキューの操作」画面が、表示されます。
  4. [パラメータ]タブ内の項目に、以下の値を設定します。
  5. 「閉じる」ボタンを、押下します。
または、以下の方法でジョブリクエストキューを閉塞解除します。
  1. ドメインに接続します。
  2. 左ペインから以下のノードを、選択します。
    左ペイン
  3. 右クリックにより表示されるメニューの中から、「閉塞解除」メニューを、選択します。
    <ジョブリクエストキュー名>の操作」画面が、表示されます。
  4. [パラメータ]タブ内の「閉塞対象」項目から、INOUT、あるいは、空白を、選択します。
  5. 「実行」ボタンを、押下します。
  6. 「閉じる」ボタンを、押下します。
参照

2.4.9. ジョブリクエストキューの一覧を参照する

前提条件
  1. バッチドメインが正常に起動されていること
実行手順
運用管理コマンド(otxadmin)を利用する場合
  1. ${AS_INSTALL}/bin/配下、otxadmin list-bs-jobrequest-queueコマンドを使用し、ジョブリクエストキューの一覧を表示します。
    ./otxadmin list-bs-jobrequest-queue <<接続オプション>

統合運用管理ツールを利用する場合
  1. ドメインに接続します。
  2. 左ペインから以下のノードを、選択します。
    左ペイン
  3. 右クリックにより表示されるメニューの中から、「キューの一覧を取得」メニューを、選択します。
    <ジョブリクエストキュー名>の操作」画面が、表示されます。
  4. 「実行」ボタンを、押下します。
  5. 「閉じる」ボタンを、押下します。
参照

2.4.10. 終了したリクエストをバッチドメイン上で保持する

前提条件
  1. バッチドメインが正常に起動されていること
実行手順
運用管理コマンド(otxadmin)を利用する場合
  1. ${AS_INSTALL}/bin/配下、otxadmin setコマンドを使用し、終了したリクエストの保持数を設定します。
    ./otxadmin set <<接続オプション> domain.bssystem.maxKeepCompletedJobRequest=<1以上の整数値 または -1>

統合運用管理ツールを利用する場合
  1. ドメインに接続します。
  2. 左ペインから以下のノードを、選択します。
    左ペイン
  3. 右ペインの[ジョブ実行制御]タブ内の「終了したリクエストの最大保持数」に1以上の整数値または-1を、入力します
    右ペイン
  4. 「更新」ボタンを、押下します。
  5. 「閉じる」ボタンを、押下します。
参照

2.4.11. バッチドメインの再起動前後で未完了状態のジョブリクエストを引き継ぐ

前提条件
  1. バッチドメインが正常に起動されていること
実行手順
運用管理コマンド(otxadmin)を利用する場合
  1. ${AS_INSTALL}/bin/配下、otxadmin setコマンドを使用し、ジョブリクエストの永続化設定を行います
    ./otxadmin set <<接続オプション> domain.bssystem.persistJobRequest
  2. ${AS_INSTALL}/bin/配下、otxadmin setコマンドを使用し、ジョブリクエストの復元設定を行います
    ./otxadmin set <<接続オプション> domain.bssystem.restorePersistedJobRequest

統合運用管理ツールを利用する場合
  1. ドメインに接続します。
  2. 左ペインから以下のノードを、選択します。
    左ペイン
  3. 右ペインの[ジョブ実行制御]タブ内の「ジョブリクエストの永続化」と「ジョブリクエストの復元」のチェックボックスにチェックを入れます
    右ペイン
  4. 「更新」ボタンを、押下します。
注意事項
参照