3.2. RHEL版のアンインストール

本ソフトウェアのLinux環境におけるアンインストール方法について説明します。

3.2.1. アンインストール前の作業

WebOTX Batch Serverのアンインストールには管理者権限が必要です。管理者権限を持つユーザ、もしくは管理者として実行してください。

3.2.1.1. プロセスの停止

本製品のアンインストールを行う前に、全てのドメインを停止させてください。

関連

3.2.2. アンインストール

本手順内で使用しているアンインストール・スクリプト( /opt/share.nec/bin/wouninst.sh )は、マニュアルを含む全てのWebOTXの関連パッケージをアンインストールします。
従って、同一環境上にWebOTX Application Serverなど、WebOTX Batch Server以外の他WebOTX製品をインストールしている場合は、本アンインストール・スクリプトを使用せず、「注意・制限事項 - インストール・初期セットアップ - 1.1注意事項 3.」 の手順でWebOTX Batch Serverのみをアンインストールしてください。

  1. ログイン名 root でログインします。
    login: root
    
  2. アンインストール・スクリプトが配置されたディレクトリに移ります。
    [root@localhost batch]# cd /opt/share.nec/bin
    
  3. アンインストール・スクリプトを実行します。
    [root@localhost batch]# ./wouninst.sh
    
  4. 定義情報を削除するかしないかを選択する画面が表示されます。「y」を選択して定義情報の削除を行います。
    Would you like to delete the configuration environment of WebOTX? [y,n] (Default: n)
    (All domains will be deleted when 'y' is enterd.)
    

    定義情報の削除を行う場合は「y」を選択してください。削除を行わない場合は「n」を選択してください。

  5. アンインストール確認画面が表示されます。
    *******************************************************************
    * Uninstallation of WebOTX on your computer. To continue, enter y.*
    * Enter q to exit the uninstall. [y, q]                           *
    *******************************************************************
    

    アンインストールを開始するには「y」を入力してください。 キャンセルするには「q」を入力してください。

    キャンセルした場合にはアンインストールスクリプトが終了します。 再実行する場合は、再度アンインストールスクリプトの実行から行ってください。

  6. スクリプトは、自動的にインストールされているプロダクトを検索してアンインストールを開始します。
     

3.2.3. アンインストール後の作業

3.2.3.1. ライセンスの削除

WebOTX Batch Serverを再インストールする場合、本手順は不要です。

OTXLDelコマンドを使用し、登録済みのWebOTX Batch Serverのライセンスを削除してください。
OTXLDelコマンドの引数に 44 を指定した場合、WebOTX Batch Server Standard Edition のライセンスが削除されます。
OTXLDelコマンドの引数に 45 を指定した場合、WebOTX Batch Server Express Edition のライセンスが削除されます。

WebOTX Batch Server Standard Edition ライセンスの削除
[root@localhost ~]# /opt/share.nec/bin/OTXLDel 44

3.2.3.2. OTXLUTILのアンインストール

WebOTX Batch Serverを再インストールする場合、本手順は不要です。
また、他のWebOTX製品の利用を継続する場合、本手順は行わないでください。

rpmコマンドを使用して OTXUTIL パッケージを削除してください。

OTXUTILのアンインストール
[root@localhost ~]# rpm -e OTXUTIL

3.2.3.3. アンインストーラにより削除されないファイルの削除

他のWebOTX製品の利用を継続する場合、本手順は行わないでください。

アンインストーラによるアンインストール作業では、インストール後に作成されたファイルは削除されません。
(インストール後に作成されたファイルとしては、ドメインやジョブ、コンテナの定義、設定ファイル、及び実行ログ等が該当します)

これらのファイルが不要な場合は、以下の例を参考に削除してください。

(例) /opt/WebOTX 配下の全ディレクトリ、ファイルを削除
[root@localhost WebOTX]# rm -rf /opt/WebOTX
[root@localhost WebOTX]#

以上でアンインストール作業は終了です。