BS240400000 - BS240499999

WebOTX Batch Serverのバッチアプリケーション管理に関するメッセージです。

メッセージID一覧

メッセージID一覧表 BS240400000 - BS240499999
ID メッセージ
BS240411124 ジョブタイプ定義ファイルが見つかりません。
BS240413028 バッチアプリケーション("{1}")の初期化中に Job クラス("{0}")が見つかりませんでした。
BS240420003 {0} が、不正な値です。[{1}]
BS240421111 バッチアプリケーショングループファイルが見つかりません : {0}
BS240421113 アプリケーショングループは使用中です : {0}
BS240421114 アンインストールが失敗しました:{0}
BS240421116 無効化処理が失敗しました。:{0}
BS240421117 インストール情報の生成に失敗しました。 :{0}
BS240421118 インストールの初期化処理に失敗しました。 :{0}
BS240421119 バッチアプリケーショングループファイルの置換に失敗しました
BS240421120 バッチアプリケーショングループファイルのコピーに失敗しました。
BS240421121 このフォルダの構成が不正です : {0}
BS240421125 未初期化のバッチアプリケーショングループファイルを削除します :{0}
BS240421126 予期しないフォルダです : {0}
BS240421127 バッチアプリケーショングループファイルは既に初期化済です。:{0}
BS240421129 ストア内のバッチアプリケーショングループファイルの削除に失敗しました
BS240421130 ストアが初期化されていません
BS240421131 バッチアプリケーションアーカイブに、バッチアプリケーションが含まれていません : {0}
BS240421132 ジョブ定義ファイルの解析に失敗しました : {0}
BS240421133 ジョブ定義ファイルの解析中にエラーが発生しました : {0}
BS240421134 有効化処理が失敗しました : {0}
BS240421137 エラーによりリストア処理が失敗しました。:{0}
BS240421138 エラーによりリストア処理における有効化情報の一覧の更新に失敗しました。
BS240421139 バッチアプリケーショングループはインストールされていません。:{0}
BS240421141 初期化済のアプリケーションのインストール作業用フォルダを削除することはできません : {0}
BS240421142 このアプリケーションはコンテナ上で有効化されていません:{0}
BS240421144 ステータスが不適切なため、バッチアプリケーショングループファイルの削除ができません。{0}
BS240421145 エラーのためインストール作業用のフォルダの削除に失敗しました : {0}
BS240421146 未初期化のアプリケーションのインストールフォルダを削除することはできません。: {0}
BS240421148 インストール情報の復元に失敗しました。このデータは削除されます。:{0}
BS240421150 アプリケーションの有効化情報の復元に失敗しました。この情報は削除されます。:{0}
BS240421152 アプリケーションの有効化情報の復元中にエラーが発生しました。
BS240421162 nonOverridableClasses.confが見つかりません。
BS240421163 ステータスが不適切なため、操作が実行できません。:{0}
BS240421164 Mbean属性の更新に失敗しました。
BS240421165 予想外のエラーが発生しました。 {0}
BS240421166 いくつかのフォルダは削除できませんでした。手動で削除を行ってください。コンテナ名 = {0} : バッチアプリケーショングループ名 = {1}
BS240421167 コンテナ上でアプリケーションの無効化処理中にエラーが発生しました。コンテナ名 = {0} : バッチアプリケーショングループ名 = {1} : プロセス名 = {2}
BS240421168 コンテナ上でアプリケーションの有効化処理中にエラーが発生しました。コンテナ名 = {0} : バッチアプリケーショングループ名 = {1} : プロセス名 = {2}
BS240421169 実行環境の作成に失敗しました。コンテナ名 = {0} : バッチアプリケーショングループ名 = {1}
BS240421170 ディレクトリのクリーンアップ中にエラーが発生しました。: {0}
BS240421171 形式エラーのため、永続化情報の復元に失敗しました。この情報は失われます。 : {0}
BS240421173 バッチアプリケーショングループの有効化情報の復元に失敗しました。:{0}
BS240421178 コンテナのリスナー登録の解除に失敗しました。: {0}
BS240421179 有効化情報の復元処理で無効化処理が失敗しました。 : {0}
BS240421184 エラーのため、コンテナ {0} へ有効化情報を送信するためのステータスの再初期化に失敗しました
BS240421186 {0} の実行に失敗しました。
BS240421187 インストールに失敗しました。ロールバック処理を行います。
BS240421188 アンインストールに失敗しました。ロールバック処理を行います。
BS240421189 アプリケーションの無効化に失敗しました。ロールバック処理を行います。
BS240421199 バッチアプリケーショングループ名 "{0}" はサポートされていません。エディション "{1}" では "default" だけが有効です。
BS240421200 バッチアプリケーション名 "{0}" はサポートされていません。エディション "{1}" では "default" だけが有効です。
BS240421202 追加されたコンテナプロセス "{1}" に対するバッチアプリケーショングループ "{0}" のための実行環境の作成に失敗しました (原因 : {2})
BS240421203 削減されたコンテナプロセス "{1}" に対するバッチアプリケーショングループ "{0}" のための実行環境の削除に失敗しました (原因 : {2})
BS240421208 バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化処理中に例外が発生しました。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0} : 原因 = {2}
BS240421209 バッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除処理中に例外が発生しました。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0} : 原因 = {2}
BS240421216 バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化処理中に例外が発生しました。コンテナプロセス名 = {1} : EnablementId = {0} : 原因 = {2}
BS240421217 バッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除処理中に例外が発生しました。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0} : 原因 = {2}
BS240421220 バッチアプリケーショングループ {0} は、有効化されていません。
BS240421221 バッチアプリケーショングループ {0} は、バッチコンテナ {1} 上で有効化されていません。
BS240421222 バッチコンテナとの通信に失敗しました。
BS240421225 有効化情報の初期化処理が失敗しました。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0}
BS240421226 コンテナのリスナー登録に失敗しました。: {0}
BS240421230 アプリケーションの有効化情報の復元に失敗しました。有効化情報は保持します。:{0}
BS240421231 アプリケーションの有効化情報を復元しましたが、状態が不正です。この情報は削除されます。:{0}
BS240423024 バッチアプリケーショングループ "{0}"({1}) が見つかりません
BS240423025 バッチアプリケーション "{0}"({1}) が見つかりません
BS240423026 ジョブ "{0}"({1}) が見つかりません
BS240423032 無効化処理の待ち合わせと実行環境の後始末処理の実行中にエラー(enablementId="{0}")
BS240423051 正規のパス名文字列の取得に失敗しました。バッチアプリケーショングループフォルダ="{0}"、バッチアプリケーションフォルダ="{1}"
BS240423052 stickyTriggerに {0} が指定されていません。
BS240423059 バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化処理中に例外が発生しました。バッチアプリケーション名 = {0} : 原因 = {1}
BS240423060 バッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除処理中に例外が発生しました。バッチアプリケーション名 = {0} : 原因 = {1}
BS240431112 インストール情報を上書きします : {0}
BS240431115 有効化情報 ({0}) を無効化し、新しい有効化情報 ({1}) で上書きします
BS240431122 このフォルダはバッチアプリケーションのフォルダではありません : {0}
BS240431123 このフォルダにはジョブ定義コンテキストファイルが見つかりません : {0}
BS240431153 コンテナの定義が見つからないため、このコンテナ上のアプリケーション有効化情報を削除します。: {0}
BS240431154 復元したアプリケーションの有効化情報がDISABLED状態だったため、この有効化情報を削除します。: {0}
BS240431155 バッチアプリケーショングループの配備記述子が見つかりません。:{0}
BS240431156 バッチアプリケーショングループ配備記述子の読み込み中にエラーが発生しました。:{0}
BS240431157 バッチアプリケーショングループ配備記述子の中にバッチアプリケーションのフォルダの定義が見つかりませんでした。:{0}
BS240431158 ジョブ定義コンテキストファイルが見つかりません。:{0}
BS240431159 アプリケーション配備記述ファイルの読み込みに失敗しました:{0}
BS240431160 指定されたフォルダ内にアプリケーション配備記述ファイルが見つかりません。:{0}
BS240431161 このインストール情報は不正な状態で登録されています。強制アンインストール機能を使って削除を行ってください。: {0}
BS240431174 コンテナへの有効化情報の通知に失敗しました。 : {0}
BS240431177 バッチアプリケーショングループのインストールは成功しましたが、有効化処理に失敗しました。バッチアプリケーショングループはインストールされた状態となります。:{0}
BS240431181 {0} のエージェント側のファイルの強制削除処理に失敗しました。
BS240431183 エラーのため、有効化情報 {0} の削除に失敗しました。
BS240431198 状態が既に DISABLED になっているため、この無効化処理をスキップします : {0}
BS240431201 無効化対象の "{0}" が現在インストールされているバッチアプリケーショングループ "{1}" に登録されていません。配備の状態が不整合の可能性があります。
BS240431210 バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化処理中に例外が発生しました。スキップします。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0} : 原因 = {2}
BS240431211 バッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除処理中に例外が発生しました。スキップします。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0} : 原因 = {2}
BS240431218 バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化処理中に例外が発生しました。スキップします。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0} : 原因 = {2}
BS240431219 バッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除処理中に例外が発生しました。スキップします。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0} : 原因 = {2}
BS240431223 インストールの初期化処理失敗後の後処理で異常が発生しました。
BS240431224 コンテナ {0} は、存在していない、または、操作可能な状態ではありません。 状態 = {1}
BS240431227 1以上のコンテナプロセス上でアプリケーションの有効化処理中にエラーが発生しましたが、有効化処理は成功しています。コンテナ名 = {0} : バッチアプリケーショングループ名 = {1}
BS240433002 同じ有効化ID({0})が既に存在します。古い有効化を破棄します(groupImpl="{1}")。
BS240433005 操作の対象(enablementId="{0}")が、すでに存在しません。無視します。
BS240433009 アプリケーションマネージャはまだ開始していません。
BS240433011 グループ無効化の後始末のためのタスクが、まだ終了していない可能性があります。
BS240433014 グループ無効化の後始末のためのタスクが予期せず割り込まれました。
BS240433019 無効化処理(enablementId="{0}")は完了しましたが、待ち合わせのためのマップの内容に不整合がある可能性があります。
BS240433020 無効化処理(enablementId="{0}")の完了待ち合わせが割り込まれました。
BS240433023 無効化の後始末の対象 "{0}" が見つかりませんでした。
BS240433029 バッチアプリケーション "{0}" の初期化に使われるコンテキストクラスローダが null です。予期しない状態です。
BS240433030 バッチアプリケーション "{1}" の破棄中に、開かれたままのリソース("{0}")を検出しました。
BS240433035 予期せず無効化処理の待ち合わせ中にスレッドが割り込まれました(enabelementId="{0}")
BS240433042 バッチアプリケーションの無効化と実行環境の後始末の待ち合わせが予期せず割り込まれました (enablementId="{0}")
BS240433045 このコンテナ上では enablementId="{0}" はすでに存在しないようです。無視します。
BS240433046 存在しないEnablementId("{0}")に対するキャンセル処理。おそらく既に無効化されています。無視します。
BS240433049 ジョブ実行リソースコンテキストの取得に失敗しました。スキップします。ジョブ実行リソースコンテキスト名="{0}"
BS240433050 {0} を {1} する際に例外が発生しました。
BS240433053 ApplicationContextの固定化対象外です。stickyRequestPathPatternList に含まれていません。バッチアプリケーション名 = {0}
BS240441135 このアプリケーションはアップロードされたファイルではないため、初期化時の置換処理をスキップしました : {0}
BS240441136 エラーが発生したため、このバッチアプリケーションファイルを削除します : {0}
BS240441140 インストールフォルダが見つからないため、強制アンインストールを開始します:{0}
BS240441143 バッチアプリケーショングループを削除します:{0}
BS240441147 インストール情報を復元しました。: {0}
BS240441149 アプリケーションの有効化情報を復元しました。: {0}
BS240441151 このコンテナ上で定義されたアプリケーションの有効化情報の復元処理を完了しました。: {0}
BS240441172 バッチアプリケーショングループのステータスが {0} になりました。
BS240441175 強制削除処理が完了しました。
BS240441176 走査によるバッチアプリケーションの確認を行います。
BS240441180 アプリケーション {0} のステータスは {1} です。
BS240441182 コンテナ {1} が削除されたため、有効化情報 {0} をエージェントから削除します。
BS240441185 有効化情報 {0} はコンテナ {1} に通知されました。
BS240441190 インストール処理を開始します : {0}
BS240441191 インストール処理を完了しました : {0}
BS240441192 アンインストール処理を開始します : {0}
BS240441193 アンインストール処理を完了しました : {0}
BS240441194 有効化処理を開始します : {0}
BS240441195 有効化処理を完了しました : {0}
BS240441196 無効化処理を開始します : {0}
BS240441197 無効化処理を完了しました : {0}
BS240441204 バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化を開始します。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0}
BS240441205 バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化が完了しました。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0}
BS240441206 バッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除を開始します。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0}
BS240441207 バッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除が完了しました。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0}
BS240441212 バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化を開始します。コンテナプロセス名 = {1} : EnablementId = {0}
BS240441213 バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化が完了しました。コンテナプロセス名 = {1} : EnablementId = {0}
BS240441214 バッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除を開始します。コンテナプロセス名 = {1} : EnablementId = {0}
BS240441215 バッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除が完了しました。コンテナプロセス名 = {1} : EnablementId = {0}
BS240441228 バッチアプリケーショングループの有効化要求を受け付けました。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0}
BS240441229 バッチアプリケーショングループの無効化要求を受け付けました。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0} : 終了待ち合わせ = {2}
BS240443003 以前の有効化({0})の無効化をトリガします。
BS240443004 有効化の完了 (enablementId="{0}" installation="{1}")
BS240443007 無効化の完了 (enablementId="{0}")
BS240443017 ジョブ("{0}")がリリースされたため古い有効化(enablementId="{1}")の破棄を開始します。
BS240443018 無効化処理(enablementId="{0}")の完了の待ち合わせを開始します。
BS240443031 無効化処理(enablementId="{0}")の待ち合わせは完了しました。
BS240443034 無効化処理の待ち合わせがキャンセルされました(enablementId="{0}")
BS240443041 バッチアプリケーションの無効化と実行環境の後始末の待ち合わせがキャンセルされました (enablementId="{0}")
BS240443047 指定された EnablementId("{0}") はすでにこのコンテナ上に存在します。有効化操作を無視します。
BS240443048 無効化処理が完了しました : {0}
BS240443054 バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化を開始します。バッチアプリケーション名 = {0}
BS240443055 バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化が完了しました。バッチアプリケーション名 = {0}
BS240443056 固定化されたApplicationContextの削除を開始します。バッチアプリケーション名 = {0}
BS240443057 固定化されたApplicationContextの削除が完了しました。バッチアプリケーション名 = {0}
BS240443058 固定化されたApplicationContextが既に存在します。固定化処理をスキップします。バッチアプリケーション名 = {0}
BS240443062 固定化されたApplicationContextが存在しません。削除処理をスキップします。バッチアプリケーション名 = {0}
BS240443063 削除対象の固定化されたApplicationContextが存在しません。ApplicationContextの固定化対象外です。削除処理をスキップします。バッチアプリケーション名 = {0}

メッセージの詳細

BS240411124

ステータス

FATAL

メッセージ

ジョブタイプ定義ファイルが見つかりません。

説明

ジョブタイプ定義ファイルが見つかりません。

BS240413028

ステータス

FATAL

メッセージ

バッチアプリケーション("{1}")の初期化中に Job クラス("{0}")が見つかりませんでした。

説明

システムで動作に必要なライブラリの状態が不正です。再インストールが必要な可能性があります。

BS240420003

ステータス

ERROR

メッセージ

{0} が、不正な値です。[{1}]

説明

パラメータ {0} に不正な値 [{1}] が、指定されています。

BS240421111

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーショングループファイルが見つかりません : {0}

説明

バッチアプリケーショングループファイルが見つかりません。

BS240421113

ステータス

ERROR

メッセージ

アプリケーショングループは使用中です : {0}

説明

アプリケーショングループは使用中です。

BS240421114

ステータス

ERROR

メッセージ

アンインストールが失敗しました:{0}

説明

アンインストールが失敗しました。

BS240421116

ステータス

ERROR

メッセージ

無効化処理が失敗しました。:{0}

説明

無効化処理が失敗しました。

BS240421117

ステータス

ERROR

メッセージ

インストール情報の生成に失敗しました。 :{0}

説明

インストール情報の生成に失敗しました。

BS240421118

ステータス

ERROR

メッセージ

インストールの初期化処理に失敗しました。 :{0}

説明

インストールの初期化処理に失敗しました。

BS240421119

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーショングループファイルの置換に失敗しました

説明

バッチアプリケーショングループファイルの置換に失敗しました。

BS240421120

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーショングループファイルのコピーに失敗しました。

説明

バッチアプリケーショングループファイルのコピーに失敗しました。

BS240421121

ステータス

ERROR

メッセージ

このフォルダの構成が不正です : {0}

説明

フォルダ構成が不正です

BS240421125

ステータス

ERROR

メッセージ

未初期化のバッチアプリケーショングループファイルを削除します :{0}

説明

初期化されていないバッチアプリケーショングループを削除しようとしました

BS240421126

ステータス

ERROR

メッセージ

予期しないフォルダです : {0}

説明

予期しないフォルダです

BS240421127

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーショングループファイルは既に初期化済です。:{0}

説明

バッチアプリケーショングループファイルは既に初期化済です。

BS240421129

ステータス

ERROR

メッセージ

ストア内のバッチアプリケーショングループファイルの削除に失敗しました

説明

ストア内のバッチアプリケーショングループファイルの削除に失敗しました

BS240421130

ステータス

ERROR

メッセージ

ストアが初期化されていません

説明

ストアが初期化されていません

BS240421131

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーションアーカイブに、バッチアプリケーションが含まれていません : {0}

説明

バッチアプリケーションが含まれていません。

BS240421132

ステータス

ERROR

メッセージ

ジョブ定義ファイルの解析に失敗しました : {0}

説明

Mbeanの解析に失敗しました

BS240421133

ステータス

ERROR

メッセージ

ジョブ定義ファイルの解析中にエラーが発生しました : {0}

説明

Mbeanの解析中にエラーが発生しました

BS240421134

ステータス

ERROR

メッセージ

有効化処理が失敗しました : {0}

説明

有効化処理が失敗しました。

BS240421137

ステータス

ERROR

メッセージ

エラーによりリストア処理が失敗しました。:{0}

説明

エラーによりリストア処理が失敗しました。

BS240421138

ステータス

ERROR

メッセージ

エラーによりリストア処理における有効化情報の一覧の更新に失敗しました。

説明

エラーによりリストア処理における有効化情報の一覧の更新に失敗しました。

BS240421139

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーショングループはインストールされていません。:{0}

説明

バッチアプリケーショングループ "{0}" が、インストールされていないため、処理に失敗しました

BS240421141

ステータス

ERROR

メッセージ

初期化済のアプリケーションのインストール作業用フォルダを削除することはできません : {0}

説明

初期化済のアプリケーションのインストール作業用フォルダを削除することはできません

BS240421142

ステータス

ERROR

メッセージ

このアプリケーションはコンテナ上で有効化されていません:{0}

説明

このアプリケーションはコンテナ上で有効化されていません

BS240421144

ステータス

ERROR

メッセージ

ステータスが不適切なため、バッチアプリケーショングループファイルの削除ができません。{0}

説明

ステータスが不適切なため、バッチアプリケーショングループファイルの削除ができません。

BS240421145

ステータス

ERROR

メッセージ

エラーのためインストール作業用のフォルダの削除に失敗しました : {0}

説明

エラーのためインストール作業用のフォルダの削除に失敗しました

BS240421146

ステータス

ERROR

メッセージ

未初期化のアプリケーションのインストールフォルダを削除することはできません。: {0}

説明

未初期化のアプリケーションのインストールフォルダを削除することはできません。

BS240421148

ステータス

ERROR

メッセージ

インストール情報の復元に失敗しました。このデータは削除されます。:{0}

説明

インストール情報の復元に失敗しました。このデータは削除されます。

BS240421150

ステータス

ERROR

メッセージ

アプリケーションの有効化情報の復元に失敗しました。この情報は削除されます。:{0}

説明

アプリケーションの有効化情報の復元に失敗しました。この情報は削除されます。

BS240421152

ステータス

ERROR

メッセージ

アプリケーションの有効化情報の復元中にエラーが発生しました。

説明

アプリケーションの有効化情報の復元中にエラーが発生しました。

BS240421162

ステータス

ERROR

メッセージ

nonOverridableClasses.confが見つかりません。

説明

nonOverridableClasses.confが見つかりません。

BS240421163

ステータス

ERROR

メッセージ

ステータスが不適切なため、操作が実行できません。:{0}

説明

ステータスが不適切なため、操作が実行できません。

BS240421164

ステータス

ERROR

メッセージ

Mbean属性の更新に失敗しました。

説明

Mbean属性の更新に失敗しました。

BS240421165

ステータス

ERROR

メッセージ

予想外のエラーが発生しました。 {0}

説明

予想外のエラーが発生しました。

BS240421166

ステータス

ERROR

メッセージ

いくつかのフォルダは削除できませんでした。手動で削除を行ってください。コンテナ名 = {0} : バッチアプリケーショングループ名 = {1}

説明

いくつかのフォルダは削除できませんでした。手動で削除を行ってください。

BS240421167

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナ上でアプリケーションの無効化処理中にエラーが発生しました。コンテナ名 = {0} : バッチアプリケーショングループ名 = {1} : プロセス名 = {2}

説明

コンテナ上でアプリケーションの無効化処理中にエラーが発生しました。

BS240421168

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナ上でアプリケーションの有効化処理中にエラーが発生しました。コンテナ名 = {0} : バッチアプリケーショングループ名 = {1} : プロセス名 = {2}

説明

コンテナ上でアプリケーションの有効化処理中にエラーが発生しました。

BS240421169

ステータス

ERROR

メッセージ

実行環境の作成に失敗しました。コンテナ名 = {0} : バッチアプリケーショングループ名 = {1}

説明

実行環境の作成に失敗しました。

BS240421170

ステータス

ERROR

メッセージ

ディレクトリのクリーンアップ中にエラーが発生しました。: {0}

説明

ディレクトリのクリーンアップ中にエラーが発生しました。

BS240421171

ステータス

ERROR

メッセージ

形式エラーのため、永続化情報の復元に失敗しました。この情報は失われます。 : {0}

説明

形式エラーのため、永続化情報の復元に失敗しました。この情報は失われます。

BS240421173

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーショングループの有効化情報の復元に失敗しました。:{0}

説明

バッチアプリケーショングループの有効化情報の復元に失敗しました。

BS240421178

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナのリスナー登録の解除に失敗しました。: {0}

説明

コンテナのリスナー登録の解除に失敗しました。

BS240421179

ステータス

ERROR

メッセージ

有効化情報の復元処理で無効化処理が失敗しました。 : {0}

説明

有効化情報の復元処理で無効化処理が失敗しました。

BS240421184

ステータス

ERROR

メッセージ

エラーのため、コンテナ {0} へ有効化情報を送信するためのステータスの再初期化に失敗しました

説明

エラーのため、コンテナ {0} へ有効化情報を送信するためのステータスの再初期化に失敗しました

BS240421186

ステータス

ERROR

メッセージ

{0} の実行に失敗しました。

説明

{0} の実行に失敗しました。

BS240421187

ステータス

ERROR

メッセージ

インストールに失敗しました。ロールバック処理を行います。

説明

インストールに失敗しました。ロールバック処理を行います。

BS240421188

ステータス

ERROR

メッセージ

アンインストールに失敗しました。ロールバック処理を行います。

説明

アンインストールに失敗しました。ロールバック処理を行います。

BS240421189

ステータス

ERROR

メッセージ

アプリケーションの無効化に失敗しました。ロールバック処理を行います。

説明

アプリケーションの無効化に失敗しました。ロールバック処理を行います。

BS240421199

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーショングループ名 "{0}" はサポートされていません。エディション "{1}" では "default" だけが有効です。

説明

Express エディションのドメインに "default" 以外の名前でバッチアプリケーショングループを配備しようとした場合に表示されます。

BS240421200

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーション名 "{0}" はサポートされていません。エディション "{1}" では "default" だけが有効です。

説明

Express エディションのドメインに "default" 以外の名前が指定されたバッチアプリケーションを含むバッチアプリケーショングループを配備しようとした場合に表示されます。

BS240421202

ステータス

ERROR

メッセージ

追加されたコンテナプロセス "{1}" に対するバッチアプリケーショングループ "{0}" のための実行環境の作成に失敗しました (原因 : {2})

説明

コンテナプロセスの追加時に、追加されたプロセスのための実行環境フォルダの作成に失敗しました。ディスクの空き容量、フォルダの書き込み権限を確認してください。

BS240421203

ステータス

ERROR

メッセージ

削減されたコンテナプロセス "{1}" に対するバッチアプリケーショングループ "{0}" のための実行環境の削除に失敗しました (原因 : {2})

説明

コンテナプロセスの削除時に、削減されたプロセスのための実行環境フォルダの消去に失敗しました。フォルダの書き込み権限を確認してください。

BS240421208

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化処理中に例外が発生しました。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0} : 原因 = {2}

説明

バッチコンテナ "{1}" 上の、バッチアプリケーショングループ "{0}" に含まれるバッチアプリケーションのApplicationContextの固定化処理中に例外が発生しました。原因は {2} です。

BS240421209

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除処理中に例外が発生しました。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0} : 原因 = {2}

説明

バッチコンテナ "{1}" 上の、バッチアプリケーショングループ "{0}" に含まれるバッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除処理中に例外が発生しました。原因は {2} です。

BS240421216

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化処理中に例外が発生しました。コンテナプロセス名 = {1} : EnablementId = {0} : 原因 = {2}

説明

バッチコンテナプロセス "{1}" 上の、EnablementId = {0}で表されるバッチアプリケーショングループに含まれるバッチアプリケーションのApplicationContextの固定化処理中に例外が発生しました。原因は {2} です。

BS240421217

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除処理中に例外が発生しました。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0} : 原因 = {2}

説明

バッチコンテナプロセス "{1}" 上の、EnablementId = {0}で表されるバッチアプリケーショングループに含まれるバッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除処理中に例外が発生しました。原因は {2} です。

BS240421220

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーショングループ {0} は、有効化されていません。

説明

バッチアプリケーショングループ "{0}" は、いずれのコンテナ上でも有効化されていません。

BS240421221

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーショングループ {0} は、バッチコンテナ {1} 上で有効化されていません。

説明

バッチアプリケーショングループ "{0}" は、バッチコンテナ "{1}" 上で有効化されていません。

BS240421222

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチコンテナとの通信に失敗しました。

説明

バッチコンテナとの通信に失敗しました。バッチコンテナプロセスの障害等が発生している可能性があります。

BS240421225

ステータス

ERROR

メッセージ

有効化情報の初期化処理が失敗しました。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0}

説明

バッチコンテナ "{1}" に対する バッチアプリケーショングループ "{0}" の有効化情報の初期化処理が失敗しました。

BS240421226

ステータス

ERROR

メッセージ

コンテナのリスナー登録に失敗しました。: {0}

説明

コンテナのリスナー登録に失敗しました。

BS240421230

ステータス

ERROR

メッセージ

アプリケーションの有効化情報の復元に失敗しました。有効化情報は保持します。:{0}

説明

アプリケーションの有効化情報の復元に失敗しました。この情報は保持し、再度復元の対象となります。

BS240421231

ステータス

ERROR

メッセージ

アプリケーションの有効化情報を復元しましたが、状態が不正です。この情報は削除されます。:{0}

説明

アプリケーションの有効化情報を復元しましたが、状態が不正です。この情報は削除されます。

BS240423024

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーショングループ "{0}"({1}) が見つかりません

説明

システム上のファイルが予期されず更新された場合に発生する可能性があります。バッチアプリケーショングループの有効化操作を再度実行することで改善する可能性があります。

BS240423025

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーション "{0}"({1}) が見つかりません

説明

システム上のファイルが予期されず更新された場合に発生する可能性があります。バッチアプリケーショングループの有効化操作を再度実行することで改善する可能性があります。

BS240423026

ステータス

ERROR

メッセージ

ジョブ "{0}"({1}) が見つかりません

説明

システム上のファイルが予期されず更新された場合に発生する可能性があります。バッチアプリケーショングループの有効化操作を再度実行することで改善する可能性があります。

BS240423032

ステータス

ERROR

メッセージ

無効化処理の待ち合わせと実行環境の後始末処理の実行中にエラー(enablementId="{0}")

説明

バッチアプリケーションの無効化とリソースの後始末の実行中にエラーが発生しています。ドメインの再起動が必要になる場合があります。

BS240423051

ステータス

ERROR

メッセージ

正規のパス名文字列の取得に失敗しました。バッチアプリケーショングループフォルダ="{0}"、バッチアプリケーションフォルダ="{1}"

説明

バッチアプリケーショングループフォルダ:{0}、バッチアプリケーションフォルダ{1} 正規パス名文字列の取得に失敗しました。

BS240423052

ステータス

ERROR

メッセージ

stickyTriggerに {0} が指定されていません。

説明

配備記述ファイル中の stickyTrigger に {0} が指定されていません。

BS240423059

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化処理中に例外が発生しました。バッチアプリケーション名 = {0} : 原因 = {1}

説明

バッチアプリケーション "{0}" のApplicationContextの固定化処理中に例外が発生しました。原因は {1} です。

BS240423060

ステータス

ERROR

メッセージ

バッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除処理中に例外が発生しました。バッチアプリケーション名 = {0} : 原因 = {1}

説明

バッチアプリケーション "{0}" の固定化されたApplicationContextの削除処理中に例外が発生しました。原因は {1} です。

BS240431112

ステータス

WARN

メッセージ

インストール情報を上書きします : {0}

説明

インストール情報を上書きします

BS240431115

ステータス

WARN

メッセージ

有効化情報 ({0}) を無効化し、新しい有効化情報 ({1}) で上書きします

説明

有効化情報を上書きします。

BS240431122

ステータス

WARN

メッセージ

このフォルダはバッチアプリケーションのフォルダではありません : {0}

説明

このフォルダはバッチアプリケーションのフォルダではありません

BS240431123

ステータス

WARN

メッセージ

このフォルダにはジョブ定義コンテキストファイルが見つかりません : {0}

説明

ジョブ定義コンテキストファイルが見つかりません

BS240431153

ステータス

WARN

メッセージ

コンテナの定義が見つからないため、このコンテナ上のアプリケーション有効化情報を削除します。: {0}

説明

コンテナの定義が見つからないため、このコンテナ上のアプリケーション有効化情報を削除します。

BS240431154

ステータス

WARN

メッセージ

復元したアプリケーションの有効化情報がDISABLED状態だったため、この有効化情報を削除します。: {0}

説明

復元したアプリケーションの有効化情報がDISABLING状態だったため、この有効化情報を削除します。

BS240431155

ステータス

WARN

メッセージ

バッチアプリケーショングループの配備記述子が見つかりません。:{0}

説明

バッチアプリケーショングループの配備記述子が見つかりません。

BS240431156

ステータス

WARN

メッセージ

バッチアプリケーショングループ配備記述子の読み込み中にエラーが発生しました。:{0}

説明

バッチアプリケーショングループ配備記述子の読み込み中にエラーが発生しました。

BS240431157

ステータス

WARN

メッセージ

バッチアプリケーショングループ配備記述子の中にバッチアプリケーションのフォルダの定義が見つかりませんでした。:{0}

説明

バッチアプリケーショングループ配備記述子の中にバッチアプリケーションのフォルダの定義が見つかりませんでした。

BS240431158

ステータス

WARN

メッセージ

ジョブ定義コンテキストファイルが見つかりません。:{0}

説明

ジョブ定義コンテキストファイルが見つかりません。

BS240431159

ステータス

WARN

メッセージ

アプリケーション配備記述ファイルの読み込みに失敗しました:{0}

説明

アプリケーション配備記述ファイルの読み込みに失敗しました

BS240431160

ステータス

WARN

メッセージ

指定されたフォルダ内にアプリケーション配備記述ファイルが見つかりません。:{0}

説明

指定されたフォルダ内にアプリケーション配備記述ファイルが見つかりません。

BS240431161

ステータス

WARN

メッセージ

このインストール情報は不正な状態で登録されています。強制アンインストール機能を使って削除を行ってください。: {0}

説明

このインストール情報は不正な状態で登録されています。強制アンインストール機能を使って削除を行ってください。

BS240431174

ステータス

WARN

メッセージ

コンテナへの有効化情報の通知に失敗しました。 : {0}

説明

コンテナへの有効化情報の通知に失敗しました。

BS240431177

ステータス

WARN

メッセージ

バッチアプリケーショングループのインストールは成功しましたが、有効化処理に失敗しました。バッチアプリケーショングループはインストールされた状態となります。:{0}

説明

バッチアプリケーショングループのインストールは成功しましたが、有効化処理に失敗しました。バッチアプリケーショングループはインストールされた状態となります。

BS240431181

ステータス

WARN

メッセージ

{0} のエージェント側のファイルの強制削除処理に失敗しました。

説明

{0} のエージェント側のファイルの強制削除処理に失敗しました。

BS240431183

ステータス

WARN

メッセージ

エラーのため、有効化情報 {0} の削除に失敗しました。

説明

エラーのため、有効化情報 {0} の削除に失敗しました。

BS240431198

ステータス

WARN

メッセージ

状態が既に DISABLED になっているため、この無効化処理をスキップします : {0}

説明

状態が既に DISABLED になっているため、この無効化処理をスキップします : {0}

BS240431201

ステータス

WARN

メッセージ

無効化対象の "{0}" が現在インストールされているバッチアプリケーショングループ "{1}" に登録されていません。配備の状態が不整合の可能性があります。

説明

バッチアプリケーショングループの配備状態が不整合です。ドメインの再起動が必要な場合があります。

BS240431210

ステータス

WARN

メッセージ

バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化処理中に例外が発生しました。スキップします。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0} : 原因 = {2}

説明

バッチコンテナ "{1}" 上の、バッチアプリケーショングループ "{0}" に含まれるバッチアプリケーションのApplicationContextの固定化処理中に、原因:{2}の例外が発生しました。この処理はスキップします。

BS240431211

ステータス

WARN

メッセージ

バッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除処理中に例外が発生しました。スキップします。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0} : 原因 = {2}

説明

バッチコンテナ "{1}" 上の、バッチアプリケーショングループ "{0}" に含まれるバッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除処理中に、原因:{2}の例外が発生しました。この処理はスキップします。

BS240431218

ステータス

WARN

メッセージ

バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化処理中に例外が発生しました。スキップします。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0} : 原因 = {2}

説明

バッチコンテナプロセス "{1}" 上の、EnablementId = {0}で表されるバッチアプリケーショングループに含まれるバッチアプリケーションのApplicationContextの固定化処理中に、原因:{2}の例外が発生しました。この処理はスキップします。

BS240431219

ステータス

WARN

メッセージ

バッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除処理中に例外が発生しました。スキップします。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0} : 原因 = {2}

説明

バッチコンテナプロセス "{1}" 上の、EnablementId = {0}で表されるバッチアプリケーショングループに含まれるバッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除処理中に、原因:{2}の例外が発生しました。この処理はスキップします。

BS240431223

ステータス

WARN

メッセージ

インストールの初期化処理失敗後の後処理で異常が発生しました。

説明

インストールの初期化処理失敗後の後処理で異常が発生しました。

BS240431224

ステータス

WARN

メッセージ

コンテナ {0} は、存在していない、または、操作可能な状態ではありません。 状態 = {1}

説明

コンテナ "{0}" は、存在していない、または、操作可能な状態ではありません。コンテナの状態は {1} です。

BS240431227

ステータス

WARN

メッセージ

1以上のコンテナプロセス上でアプリケーションの有効化処理中にエラーが発生しましたが、有効化処理は成功しています。コンテナ名 = {0} : バッチアプリケーショングループ名 = {1}

説明

1以上のコンテナプロセス上でアプリケーションの有効化処理中にエラーが発生しましたが、有効化処理は成功しています。コンテナ名 = {0} : バッチアプリケーショングループ名 = {1}

BS240433002

ステータス

WARN

メッセージ

同じ有効化ID({0})が既に存在します。古い有効化を破棄します(groupImpl="{1}")。

説明

有効化操作を識別するIDが重複しています。現在の操作によって有効化されたバッチアプリケーショングループが有効になります。

BS240433005

ステータス

WARN

メッセージ

操作の対象(enablementId="{0}")が、すでに存在しません。無視します。

説明

操作対象のバッチアプリケーショングループの実体が見つかりませんでした。以前の操作で既に無効化が開始されているか、無効化が完了しています。

BS240433009

ステータス

WARN

メッセージ

アプリケーションマネージャはまだ開始していません。

説明

コンテナの開始処理中にコンテナ停止処理が開始された可能性があります。

BS240433011

ステータス

WARN

メッセージ

グループ無効化の後始末のためのタスクが、まだ終了していない可能性があります。

説明

無効化処理の後始末のために、コンテナの停止に時間がかかる可能性があります。

BS240433014

ステータス

WARN

メッセージ

グループ無効化の後始末のためのタスクが予期せず割り込まれました。

説明

無効化処理の後始末のためのタスクの実行が予期せず割り込まれました。

BS240433019

ステータス

WARN

メッセージ

無効化処理(enablementId="{0}")は完了しましたが、待ち合わせのためのマップの内容に不整合がある可能性があります。

説明

無効化コマンドを多重で発行した場合に発生する可能性があります。

BS240433020

ステータス

WARN

メッセージ

無効化処理(enablementId="{0}")の完了待ち合わせが割り込まれました。

説明

無効化処理が完了する前にコンテナプロセスの終了が開始した可能性があります。

BS240433023

ステータス

WARN

メッセージ

無効化の後始末の対象 "{0}" が見つかりませんでした。

説明

システム上のファイルが予期されず更新された場合に発生する可能性があります。バッチアプリケーショングループの有効化操作を再度実行することで改善する可能性があります。

BS240433029

ステータス

WARN

メッセージ

バッチアプリケーション "{0}" の初期化に使われるコンテキストクラスローダが null です。予期しない状態です。

説明

予期しない状態でバッチアプリケーションが参照されています。コンテナの再起動が必要な場合があります。

BS240433030

ステータス

WARN

メッセージ

バッチアプリケーション "{1}" の破棄中に、開かれたままのリソース("{0}")を検出しました。

説明

バッチアプリケーションの中でリソースを解放していない部分が存在する可能性があります。このメッセージが長期間解消されない場合、メモリリークを引き起こす可能性があります。バッチアプリケーションの内容の見直し、もしくはコンテナの再起動が必要な場合があります。

BS240433035

ステータス

WARN

メッセージ

予期せず無効化処理の待ち合わせ中にスレッドが割り込まれました(enabelementId="{0}")

説明

エージェントを強制終了させた場合に出力される場合があります。バッチアプリケーショングループの実行環境のファイルが削除されず残る場合があります。必要に応じて削除する必要がある場合があります。

BS240433042

ステータス

WARN

メッセージ

バッチアプリケーションの無効化と実行環境の後始末の待ち合わせが予期せず割り込まれました (enablementId="{0}")

説明

エージェントを強制終了させた場合に出力される場合があります。バッチアプリケーショングループの実行環境のファイルが削除されず残る場合があります。必要に応じて削除する必要がある場合があります。

BS240433045

ステータス

WARN

メッセージ

このコンテナ上では enablementId="{0}" はすでに存在しないようです。無視します。

説明

無効化処理完了時に対象の有効化が、すでにコンテナ内の有効化一覧から別スレッドにより消去されていた場合に出力されます。

BS240433046

ステータス

WARN

メッセージ

存在しないEnablementId("{0}")に対するキャンセル処理。おそらく既に無効化されています。無視します。

説明

無効化処理完了時に対象の有効化が、すでにコンテナ内の有効化一覧から別スレッドにより消去されていた場合に出力されます。

BS240433049

ステータス

WARN

メッセージ

ジョブ実行リソースコンテキストの取得に失敗しました。スキップします。ジョブ実行リソースコンテキスト名="{0}"

説明

ジョブ実行リソースコンテキスト名が、{0}の、ジョブ実行リソースコンテキストの取得に失敗しました。このジョブ実行リソースコンテキストの取得は、スキップします。

BS240433050

ステータス

WARN

メッセージ

{0} を {1} する際に例外が発生しました。

説明

リソースの開放ロジックにおいて、リソース:{0} を {1} する際に例外が発生しました。

BS240433053

ステータス

WARN

メッセージ

ApplicationContextの固定化対象外です。stickyRequestPathPatternList に含まれていません。バッチアプリケーション名 = {0}

説明

バッチアプリケーション "{0}" は、ApplicationContextの固定化対象外です。配備記述ファイル中の stickyRequestPathPatternList に有効なジョブリクエストパスパターンが指定されていない可能性があります。

BS240441135

ステータス

INFO

メッセージ

このアプリケーションはアップロードされたファイルではないため、初期化時の置換処理をスキップしました : {0}

説明

このアプリケーションはアップロードされたファイルではないため、初期化時の置換処理をスキップしました

BS240441136

ステータス

INFO

メッセージ

エラーが発生したため、このバッチアプリケーションファイルを削除します : {0}

説明

エラーが発生したため、このバッチアプリケーションファイルを削除します

BS240441140

ステータス

INFO

メッセージ

インストールフォルダが見つからないため、強制アンインストールを開始します:{0}

説明

インストールフォルダが見つからないため、強制アンインストールを開始します

BS240441143

ステータス

INFO

メッセージ

バッチアプリケーショングループを削除します:{0}

説明

バッチアプリケーショングループを削除します

BS240441147

ステータス

INFO

メッセージ

インストール情報を復元しました。: {0}

説明

インストール情報を復元しました。

BS240441149

ステータス

INFO

メッセージ

アプリケーションの有効化情報を復元しました。: {0}

説明

アプリケーションの有効化情報を復元しました。

BS240441151

ステータス

INFO

メッセージ

このコンテナ上で定義されたアプリケーションの有効化情報の復元処理を完了しました。: {0}

説明

このコンテナ上で定義されたアプリケーションの有効化情報の復元処理を完了しました。

BS240441172

ステータス

INFO

メッセージ

バッチアプリケーショングループのステータスが {0} になりました。

説明

バッチアプリケーショングループのステータスが {0} になりました。

BS240441175

ステータス

INFO

メッセージ

強制削除処理が完了しました。

説明

強制削除処理が完了しました。

BS240441176

ステータス

INFO

メッセージ

走査によるバッチアプリケーションの確認を行います。

説明

走査によるバッチアプリケーションの確認を行います。

BS240441180

ステータス

INFO

メッセージ

アプリケーション {0} のステータスは {1} です。

説明

アプリケーション {0} のステータスは {1} です。

BS240441182

ステータス

INFO

メッセージ

コンテナ {1} が削除されたため、有効化情報 {0} をエージェントから削除します。

説明

コンテナ {1} が削除されたため、有効化情報 {0} をエージェントから削除します。

BS240441185

ステータス

INFO

メッセージ

有効化情報 {0} はコンテナ {1} に通知されました。

説明

有効化情報 {0} はコンテナ {1} に通知されました。

BS240441190

ステータス

INFO

メッセージ

インストール処理を開始します : {0}

説明

インストール処理を始めます : {0}

BS240441191

ステータス

INFO

メッセージ

インストール処理を完了しました : {0}

説明

インストール処理を完了しました : {0}

BS240441192

ステータス

INFO

メッセージ

アンインストール処理を開始します : {0}

説明

アンインストール処理を開始します : {0}

BS240441193

ステータス

INFO

メッセージ

アンインストール処理を完了しました : {0}

説明

アンインストール処理を完了しました : {0}

BS240441194

ステータス

INFO

メッセージ

有効化処理を開始します : {0}

説明

有効化処理を開始します : {0}

BS240441195

ステータス

INFO

メッセージ

有効化処理を完了しました : {0}

説明

有効化処理を完了しました : {0}

BS240441196

ステータス

INFO

メッセージ

無効化処理を開始します : {0}

説明

無効化処理を開始します : {0}

BS240441197

ステータス

INFO

メッセージ

無効化処理を完了しました : {0}

説明

無効化処理を完了しました : {0}

BS240441204

ステータス

INFO

メッセージ

バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化を開始します。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0}

説明

バッチコンテナ "{1}" 上の、バッチアプリケーショングループ "{0}" に含まれるバッチアプリケーションのApplicationContextの固定化を開始します。

BS240441205

ステータス

INFO

メッセージ

バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化が完了しました。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0}

説明

バッチコンテナ "{1}" 上の、バッチアプリケーショングループ "{0}" に含まれるバッチアプリケーションのApplicationContextの固定化が完了しました。

BS240441206

ステータス

INFO

メッセージ

バッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除を開始します。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0}

説明

バッチコンテナ "{1}" 上の、バッチアプリケーショングループ "{0}" に含まれるバッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除を開始します。:{0}

BS240441207

ステータス

INFO

メッセージ

バッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除が完了しました。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0}

説明

バッチコンテナ "{1}" 上の、バッチアプリケーショングループ "{0}" に含まれるバッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除が完了しました。:{0}

BS240441212

ステータス

INFO

メッセージ

バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化を開始します。コンテナプロセス名 = {1} : EnablementId = {0}

説明

バッチコンテナプロセス "{1}" 上の、EnablementId = {0}で表されるバッチアプリケーショングループに含まれるバッチアプリケーションのApplicationContextの固定化を開始します。

BS240441213

ステータス

INFO

メッセージ

バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化が完了しました。コンテナプロセス名 = {1} : EnablementId = {0}

説明

バッチコンテナプロセス "{1}" 上の、EnablementId = {0}で表されるバッチアプリケーショングループに含まれるバッチアプリケーションのApplicationContextの固定化が完了しました。

BS240441214

ステータス

INFO

メッセージ

バッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除を開始します。コンテナプロセス名 = {1} : EnablementId = {0}

説明

バッチコンテナプロセス "{1}" 上の、EnablementId = {0}で表されるバッチアプリケーショングループに含まれるバッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除を開始します。:{0}

BS240441215

ステータス

INFO

メッセージ

バッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除が完了しました。コンテナプロセス名 = {1} : EnablementId = {0}

説明

バッチコンテナプロセス "{1}" 上の、EnablementId = {0}で表されるバッチアプリケーショングループに含まれるバッチアプリケーションの固定化されたApplicationContextの削除が完了しました。:{0}

BS240441228

ステータス

INFO

メッセージ

バッチアプリケーショングループの有効化要求を受け付けました。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0}

説明

バッチコンテナ "{1}" に対するバッチアプリケーショングループ "{0}" の有効化する要求を受信しました。

BS240441229

ステータス

INFO

メッセージ

バッチアプリケーショングループの無効化要求を受け付けました。コンテナ名 = {1} : バッチアプリケーショングループ名 = {0} : 終了待ち合わせ = {2}

説明

バッチコンテナ "{1}" 上のバッチアプリケーショングループ "{0}" を無効化する要求を受信しました。無効化処理終了の待ち合わせフラグは {2} です。

BS240443003

ステータス

INFO

メッセージ

以前の有効化({0})の無効化をトリガします。

説明

同じバッチアプリケーショングループを無効化せずに再度有効化した場合、以前の有効化操作でゆうこうかされたバッチアプリケーショングループの実体は無効化されます。

BS240443004

ステータス

INFO

メッセージ

有効化の完了 (enablementId="{0}" installation="{1}")

説明

バッチアプリケーショングループの有効化が完了しました。

BS240443007

ステータス

INFO

メッセージ

無効化の完了 (enablementId="{0}")

説明

バッチアプリケーショングループの無効化を受け付けました。

BS240443017

ステータス

INFO

メッセージ

ジョブ("{0}")がリリースされたため古い有効化(enablementId="{1}")の破棄を開始します。

説明

ジョブの実行中に新たな有効化操作を実行した場合、以前のジョブ実行の完了に伴い、古い有効化を破棄する処理が開始されることがあります。

BS240443018

ステータス

INFO

メッセージ

無効化処理(enablementId="{0}")の完了の待ち合わせを開始します。

説明

待ち合わせありで無効化操作を開始した場合に出力されるメッセージです。

BS240443031

ステータス

INFO

メッセージ

無効化処理(enablementId="{0}")の待ち合わせは完了しました。

説明

無効化操作の待ち合わせが正常に完了しました。

BS240443034

ステータス

INFO

メッセージ

無効化処理の待ち合わせがキャンセルされました(enablementId="{0}")

説明

エージェントを強制終了させた場合に出力される場合があります。バッチアプリケーショングループの実行環境のファイルが削除されず残る場合があります。必要に応じて削除する必要がある場合があります。

BS240443041

ステータス

INFO

メッセージ

バッチアプリケーションの無効化と実行環境の後始末の待ち合わせがキャンセルされました (enablementId="{0}")

説明

エージェントを強制終了させた場合に出力される場合があります。バッチアプリケーショングループの実行環境のファイルが削除されず残る場合があります。必要に応じて削除する必要がある場合があります。

BS240443047

ステータス

INFO

メッセージ

指定された EnablementId("{0}") はすでにこのコンテナ上に存在します。有効化操作を無視します。

説明

有効化処理時に対象の有効化がすでに当該コンテナ上に存在していた場合に出力されます。処理は無視されます。動作の継続に問題はありません。

BS240443048

ステータス

INFO

メッセージ

無効化処理が完了しました : {0}

説明

無効化処理が完了したときに出力されます。

BS240443054

ステータス

INFO

メッセージ

バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化を開始します。バッチアプリケーション名 = {0}

説明

バッチアプリケーション "{0}" のApplicationContextの固定化を開始します。

BS240443055

ステータス

INFO

メッセージ

バッチアプリケーションのApplicationContextの固定化が完了しました。バッチアプリケーション名 = {0}

説明

バッチアプリケーション "{0}" のApplicationContextの固定化が完了しました。

BS240443056

ステータス

INFO

メッセージ

固定化されたApplicationContextの削除を開始します。バッチアプリケーション名 = {0}

説明

バッチアプリケーション "{0}" の固定化されたApplicationContextの削除を開始します。

BS240443057

ステータス

INFO

メッセージ

固定化されたApplicationContextの削除が完了しました。バッチアプリケーション名 = {0}

説明

バッチアプリケーション "{0}" の固定化されたApplicationContextの削除が完了しました。

BS240443058

ステータス

INFO

メッセージ

固定化されたApplicationContextが既に存在します。固定化処理をスキップします。バッチアプリケーション名 = {0}

説明

固定化されたApplicationContextが既に存在しているため、ApplicationContextの固定化処理をスキップします。バッチアプリケーション名 = {0}

BS240443062

ステータス

INFO

メッセージ

固定化されたApplicationContextが存在しません。削除処理をスキップします。バッチアプリケーション名 = {0}

説明

固定化されたApplicationContextが存在しない為、ApplicationContextの削除処理をスキップします。バッチアプリケーション名 = {0}

BS240443063

ステータス

INFO

メッセージ

削除対象の固定化されたApplicationContextが存在しません。ApplicationContextの固定化対象外です。削除処理をスキップします。バッチアプリケーション名 = {0}

説明

固定化されたApplicationContextが存在しない為、ApplicationContextの削除処理をスキップします。配備記述ファイル中の stickyRequestPathPatternList に有効なジョブリクエストパスパターンが指定されていない可能性があります。バッチアプリケーション名 = {0}