config.cmd & config.sh

説明

WebOTX Batch ServerのJavaコマンドのjavaプロセス起動時に与えるオプション、および、環境変数の設定ファイルです。

パス

Windowsの場合:
${BS_HOME}/config/env/config.cmd

Unixの場合:
${BS_HOME}/config/env/config.sh

プロパティ一覧
パラメータ 説明
BS_COMMAND_VM_ARGS Javaコマンドの起動時javaオプションの設定用環境変数
BS_COMMAND_JAVA_OPTIONS Javaコマンドの起動時Javaシステムプロパティの設定用環境変数

BS_COMMAND_VM_ARGS

説明

Javaコマンドのjavaプロセスに指定する、起動時javaオプションの設定用環境変数です。
主にjavaプロセスのメモリ関連オプションを指定します。

既定値
-client -Xms32m -Xmx32m -XX:MaxPermSize=16m
設定可能値/範囲

Sun Java SE 6の場合、「Java アプリケーション起動ツール」に指定可能なオプションについては、次のWebサイトで確認することができます。
http://java.sun.com/javase/ja/6/docs/ja/technotes/tools/windows/java.html
javaプロセス起動時に指定可能なオプションについては、JVMベンダ依存となっており、JVMの実装間に差異があります。詳細については、使用されるJVMベンダのドキュメント等を参照してください。

設定方法

テキストエディタでファイルを開き、直接編集します。
設定後次回のコマンド実行時から、設定が反映されます。

決定基準/導出式

環境に応じて適切な値を設定してください。

設定値に関する備考

特になし

関連パラメータ

特になし

BS_COMMAND_JAVA_OPTIONS

説明

Javaコマンドのjavaプロセスに指定する、起動時javaシステムプロパティの設定用環境変数です。

既定値

なし

設定可能値/範囲

Sun Java SE 6の場合、「Java アプリケーション起動ツール」に指定可能なオプションについては、次のWebサイトで確認することができます。
http://java.sun.com/javase/ja/6/docs/ja/technotes/tools/windows/java.html
javaプロセス起動時に指定可能なオプションについては、JVMベンダ依存となっており、JVMの実装間に差異があります。詳細については、使用されるJVMベンダのドキュメント等を参照してください。

設定方法

テキストエディタでファイルを開き、直接編集します。
設定後次回のコマンド実行時から、設定が反映されます。

決定基準/導出式

環境に応じて適切な値を設定してください。

設定値に関する備考

特になし

関連パラメータ

特になし