repoadmin

共通

概要

ジョブリポジトリ用テーブルの初期化、および、メンテナンスを行います。

本コマンドは、データベースの接続方法として、バッチドメインエージェントに定義されたJDBCデータソース経由と、直接接続の2種類の方法があります。
JDBCデータソース経由で接続する場合は、接続オプションと共に--jndiNameオプションを指定します。直接接続する場合は、${DOMAIN_HOME}/config/batch/datasources/データベース接続識別子.properties ファイルへのパスを--fileオプションに指定します。

データベース種別がDerby以外のデータベースに対して、本コマンドを実行する場合、${BS_HOME}/lib/database/ディレクトリ直下に、JDBCドライバのライブラリを配置する必要があります。
また、ドメインエージェント、および、バッチコンテナのクラスパスにもJDBCドライバのライブラリを通す必要があります。

パス

${BS_HOME}/bin

権限

本コマンドは権限管理の対象外です。

書式
repoadmin <サブコマンド> <接続オプション> --jndiName <dataSourceJndiName> <コマンドオプション>
repoadmin <サブコマンド> --file <file> <コマンドオプション>
サブコマンド
サブコマンド一覧
サブコマンド名 説明
setup ジョブリポジトリを初期化します。
delete ジョブリポジトリを削除します。
manual 指定したSQLを実行します。
recover ジョブリポジトリのテーブルの復旧を行います。
version Batch Serverのバージョン情報を標準出力に出力します。
help 本コマンドのhelpを標準出力に出力します。
接続オプション

WebOTX Batch Serverのコマンドは、バッチドメインエージェントを経由して各バッチコンテナへ指示を行います。
そのため、WebOTX Batch Serverが提供する主なコマンドはバッチドメインエージェントへの接続オプションの指定が必要です。

{--user <user> --password <password> [--host <host>] [--port <port>]}
接続オプション
オプション名 説明
--user <user> バッチドメインエージェントに接続するアカウント名を指定します。
バッチドメインエージェントが稼働しているサーバ上のOSユーザのアカウント名を指定します。
--password <password> アカウントのパスワードを指定します。
バッチドメインエージェントが稼働しているサーバ上のOSユーザのパスワードを指定します。
--host <host> 接続先のバッチドメインエージェントのIPアドレス、または、ホスト名を指定します。
ドメインセットアップ時に ${BS_HOME}/<domainName>.properties 中の domain.admin.host に指定したIPアドレス、または、ホスト名を指定します。
オプション未指定時に使用される既定値はlocalhostです。
--port <port> 接続先のバッチドメインエージェントのポート番号(既定値:6312)を指定します。
ドメインセットアップ時に ${BS_HOME}/<domainName>.properties 中の domain.admin.port に指定したポート番号を指定します。
オプション未指定時に使用される既定値は6312です。
コマンドオプション
コマンドオプション一覧
オプション名 説明
--dbtype {Oracle | PostgreSQL | Derby} ジョブリポジトリを操作するデータベースの種別を指定します。
--jndiName <dataSourceJndiName> JDBCデータソースのJNDI名を指定します。
--jobExecutionId <jobExecutionId> ジョブ実行ID(JobExecutionID)を指定します
--file <file> データベースとの接続定義ファイルへのパスを指定します。
データベースとの接続定義ファイルは、${DOMAIN_HOME}/config/batch/datasources/直下のプロパティファイルです。
--sqlfile <sqlFilePath> 実行するSQLを記述したテキストファイルへの絶対パスを指定します。
--force 指定したデータベース上に既にジョブリポジトリが存在する場合、既存のジョブリポジトリを削除して、ジョブリポジトリを初期化します。
--noIndex setup実行時に行うジョブリポジトリのテーブルへのindex付与を無効にします。
--recoverType recover実行時に復旧の方法を指定します。
--verbose 詳細な情報を出力します。
--help コマンド、および、サブコマンドのヘルプを標準出力に出力します。
戻り値
戻り値一覧
戻り値 説明
 0 正常に処理が完了した場合
 2 setup実行時 : 指定したジョブリポジトリがすでに存在する場合
delete実行時 : 指定したジョブリポジトリが存在しない場合
 4 指定したデータソースファイルが存在しない場合
 5 指定したデータソース名の定義が存在しない場合
 6 recover実行時に、指定したJobExecutionIDではrecover処理が実行できない場合
 7 データソースに定義されているデータベースへの接続ができない場合
 8 バッチドメインへの接続ができない(バッチドメインが停止している場合等)ため、JNDI指定でのデータベース接続ができない場合
 9 manual実行時に、SQLファイルが見つからないか、あるいは、指定したSQLファイルが不正な内容である場合
 243 環境エラー(対象となるドメインの状態が不正な場合)
 250 コマンド解析エラー(--dbtype に不正な値をしている場合を含む)
 255 処理に失敗した場合
主にテーブルの作成・削除を行う権限が無い場合等に発生します。
関連

setup

概要

ジョブリポジトリを初期化します。
既定値でドメインを生成した場合、本コマンドを使用して初期設定する必要はありません。setupDomain createコマンドによって、Derbyのセットアップ、および、Derby上のジョブリポジトリの初期化が実行されます。

権限

本コマンドは権限管理の対象外です。

書式
repoadmin setup --dbtype {Oracle | PostgreSQL | Derby} <接続オプション> 
                 --jndiName <dataSourceJndiName> 
                 [--force] [--noIndex]
                 [--help]
repoadmin setup --dbtype {Oracle | PostgreSQL | Derby} --file <file>
                 [--force] [--noIndex]
                 [--help]
コマンドオプション

各オプションについては、コマンドオプションを参照してください。

戻り値

コマンド共通戻り値を参照してください。

関連

delete

概要

ジョブリポジトリを削除します。

権限

本コマンドは権限管理の対象外です。

書式
repoadmin delete <接続オプション> --jndiName <dataSourceJndiName> 
                 --dbtype {Oracle | PostgreSQL | Derby}
                 [--help]
repoadmin delete --file <file>
                 --dbtype {Oracle | PostgreSQL | Derby}
                 [--help]
コマンドオプション

各オプションについては、コマンドオプションを参照してください。

戻り値

コマンド共通戻り値を参照してください。

関連

manual

概要

指定したSQLファイルを実行します。
SQLファイル中に複数のクエリを記述する場合の区切り文字は「;(セミコロン)」です。

権限

本コマンドは権限管理の対象外です。

書式
repoadmin manual <接続オプション> --jndiName <dataSourceJndiName> 
                 [--sqlfile filePath]
                 [--help]
repoadmin manual --file <file>
                 [--sqlfile filePath]
                 [--help]
コマンドオプション

各オプションについては、コマンドオプションを参照してください。

戻り値

コマンド共通戻り値を参照してください。

関連

recover

概要

ジョブリポジトリのテーブルの復旧を行います。復旧の方法は以下の方法があります。 それぞれ、recoverTypeオプション引数として同名の文字列を与えて実行します。

・PART stepリスタート、checkpointリスタートを行うために使用する。 ・FORCE
権限

本コマンドは権限管理の対象外です。

書式
repoadmin recover <接続オプション> --jndiName <dataSourceJndiName> 
                 --dbtype {Oracle | PostgreSQL | Derby} --jobExecutionId jobExecutionId
                 [--recoverType {INVALID_STEP | FORCE }] [--help]
repoadmin recover --file <file>
                 --dbtype {Oracle | PostgreSQL | Derby} --jobExecutionId jobExecutionId
                 [--recoverType {INVALID_STEP | FORCE }] [--help]
コマンドオプション

各オプションについては、コマンドオプションを参照してください。

戻り値

コマンド共通戻り値を参照してください。

関連

version

概要

Batch Serverのバージョン情報を標準出力に出力します。

権限

本コマンドは権限管理の対象外です。

書式
repoadmin version [--verbose]
コマンドオプション
コマンドオプション一覧
オプション名 説明
--verbose 詳細な情報を出力します。
戻り値

コマンド共通の戻り値については、コマンド共通戻り値を参照してください

関連

無しなし

help

概要

本コマンドのヘルプを標準出力に出力します。
サブコマンドを指定した場合、指定したサブコマンドのヘルプのみを出力します。
サブコマンドを省略した場合、全てのサブコマンドに関するヘルプを表示します。

権限

本コマンドは権限管理の対象外です。

書式
repoadmin help [<サブコマンド>]
コマンドオプション

無し

戻り値

コマンド共通の戻り値については、コマンド共通戻り値を参照してください。

関連

無し