2.5.6. JTAのサンプル

2.5.6.1. 概要

JTA(Java Transaction API)を利用して、銀行の残高照会、入出金、振込の業務を行うサンプルです。

2.5.6.2. 構成

表2.5.6.2-1

src

Webプロジェクトのソースフォルダです。

WebContent

コンテキストディレクトリです。

2.5.6.3. 実行手順

  1. サンプルプロジェクト jta-sample.zip をインポートします。
  2. 右クリック > サーバで実行 を選択します。
  3. http://Webサーバ名(ドメイン省略不可):ポート番号/jta-sample/index.htmlにアクセスして、口座番号 に[001]を入力して、[ログイン]ボタンを押してください。
    成功に実行したら、画面に[残高は10000円です]が表示され、入金実行出金実行振込実行 が実行できます。

2.5.6.4. 注意事項

MyDBというJDBDデータソースを登録する必要があります。詳細は2.5.2.2. 各サンプルの初期設定 を参照してください。