11. JMX

JMX(JMX Remote APIを含む)を利用する際の注意/制限事項について説明します。

11.1. 注意事項

11.1.1. JMX Remote API のサポートプロトコル

11.1.2. otxadminコマンドの「Ctrl+C」とターミナルウィンドウからの強制終了によるドメイン停止について

11.1.3. Windows環境でサービスの停止時にエラーメッセージが表示される

11.1.4. エクスポート/インポートに関する注意事項

詳細は[ ドメイン構築・基本設定ガイド > 11. エクスポート/インポート > 11.4. 注意事項] を確認してください

11.1.5. otxadminコマンドに関する注意事項

setコマンド

配備したアプリケーション等の名前にピリオドが含まれる場合、そのピリオドの直前にエスケープ記号(\)を2個指定し実施する必要があります。

11.2. 制限事項

11.2.1. 下位バージョンとの相互接続時の制限

11.2.2. JMXMPプロトコルを使用してログインしている状態でのドメイン停止に関する制限

11.2.3. LDAPレルム、及び、JDBCレルムに関する制限

11.2.4. 一部コマンドに関する制限

下記のコマンドに制限が存在します。

11.2.5. 統計情報のノード操作に関する制限

Web版管理コンソールで、統計情報のノードをクリックすると一部のノードで「Error while populate response」のエラーが出力されますが、統計情報の採取には影響ありません。

11.2.6. 統計情報に関する制限

プロセスグループのプロセスID配下の統計情報、及び同階層のアプリケーションに対する統計情報は取得できません。

11.2.7. エクスポート/インポートに関する制限

詳細は[ ドメイン構築・基本設定ガイド > 11. エクスポート/インポート > 11.5. 制限事項] を確認してください

11.2.8. 統計レポートに関する制限