5. アプリケーションの互換性と相互運用性

WebOTXバージョン8 では、一部を除いてバージョン7との互換性を保っています。 ここでは、互換性にかかわる変更点と注意点について説明します。

5.1. Webアプリケーション

バージョン8ではWebアプリケーションに関する互換性の注意事項は特にありません。

ただし、ベースとなるTomcatのバージョンが変更されていることにより、 互換性を保つための設定が必要となる場合があります。 詳細は、[ リファレンス集 ドメイン構成・環境移行編 > 2. 他APサーバ(Tomcat)からWebOTXへの移行ガイド > 2.3. 移行作業 > 2.3.8. Tomcatの差異による対応 ]を参照してください。

また、Java EE対応や、アドバンスドモードでの動作の違いによる注意制限事項があります。詳細については[注意制限事項 > 3. Webコンテナ ]をご覧ください。

5.2. JMS