プロセスグループのログ文字化けへの対応

事象説明

    環境変数 LANG が適切に設定されていない場合、プロセスグループのログ出力で文字化けが発生する場合があります。

対処方法

    1. 全プロセスグループに設定を反映させる場合
      /opt/WebOTX/config/asenv.conf に環境変数 LANG を設定してください。
      例1)export LANG=ja_JP.UTF-8
      例2) export LANG=ja_JP.SJIS

    2. 特定のプロセスグループに設定を反映させる場合
      統合運用管理ツールでプロセスグループの環境変数で設定してください。
      例)
      変数名:LANG
      値:ja_JP.UTF-8

    Linux OSの場合、環境変数 LANG の設定が反映されず、文字化けが発生する可能性があります。その場合、環境変数 LANG の代わりに LC_ALL を設定してください。


関連情報