プロセスグループ未起動への対応

事象説明

    プロセスグループが運用操作で停止されているか、最初から起動されていないか、 または障害により終了している場合にオペレーションを呼び出すと、呼び出しに失敗し、 クライアントにINV_OBJREF(3880)が返ります。

状況の確認方法

    「プロセスグループ」-「状態」を確認してください。
    プロセスグループ停止中にオペレーション呼び出しを行うと、${INSTANCE_ROOT}/config/tpsystem/sysmsg.trc に以下のメッセージが出力されが出力され、クライアントにINV_OBJREF(3880)が返ります。

      OTXM:<システム名>:IIOPLSN_CLS:<プロセスID>: W:1:TPS07-00707 INACTIVE AP
      
    プロセスグループが運用操作で停止されている場合、${INSTANCE_ROOT}/config/tpsystem/history.actには以下の出力があります。
      TPS15-01214 Process stoped. PID=[プロセスID], CLASS=[プロセスグループ名], PED=[アプリケーショングループ名.ped]
      TPS15-01210 Class stopped. CLASS=[プロセスグループ名], PED=[アプリケーショングループ名.ped]
      
    一方、プロセスが障害により終了し、再起動設定が無いかまたは使い果たしたためにプロセスグループが終了した場合には、history.actには以下の出力があります。
      TPS15-01107 Process abnormal end. PID=[プロセスID], class[プロセスグループ名], ped[アプリケーショングループ名.ped]
      TPS15-01210 Class stopped. CLASS=[プロセスグループ名], PED=[アプリケーショングループ名.ped]
      

    最初から起動されていない場合には、history.actのどこにも下記プロセスグループ起動メッセージが見つかりません。
      TPS15-01209 Class started. CLASS=[プロセスグループ名], PED=[アプリケーショングループ名.ped]
      

採取資料
対象オペレーションの特定

    該当プロセスグループを再起動させてください。

予防のための対策

    運用により停止している場合は運用方法を見直してください。

    障害により停止している場合は [ 2.3. 障害の種類から > 2.3.3. サーバアプリケーションの障害 ] を参照し、障害内容を詳細に調査してください。

対象となるエラー事象

    TPS15-01107, TPS07-00707, INV_OBJREF(3880)


関連情報