IIOPリスナ異常終了時/未起動への対応

事象説明

    起動時に問題が発生し起動失敗した場合や、何らかのプログラムの問題による異常終了が考えられます。 具体的には、UNIXでIIOPリスナの「利用可能な同時接続クライアント数」設定を増やした時にカーネルパラメータが不足していたり、 IIOPリスナが使用するポートが既に使用されていることにより起動が失敗する状況などが考えられます。
    IIOPリスナが正常に起動していない場合、全てのオペレーション呼び出しに失敗し、クライアントにCOM_FAILURE(REFUSE)が返ります。

状況の確認方法

    IIOPリスナの起動に失敗した場合、統合運用管理ツールからTPシステム配下のIIOPリスナを確認すると、停止状態になっています。また、IIOPリスナが起動失敗したという事象については、以下に説明するイベントログ・syslogから確認することが可能です。

    OTX01180012:監視対象は起動していません。:domain1:category=monitor,type=alive-check-monitor,WebOTXSystem=tpsystem,server=server,name=IIOPListener-state
    
    history.act(${INSTANCE_ROOT}/config/tpsystem/history.act)により起動時の障害か運用時の異常終了か確認して下さい。 なお、history.actの出力がないか、極端に少ない(数行)場合はTPシステムの起動に失敗している可能性があるため、TPシステムの起動障害[TPモニタ・マネージャライフサイクルの起動停止失敗について]を参照してください。

問題の検出方法

    iioplsnプロセスが存在するか確認してください。Windowsではタスクマネージャで、UNIXではpsコマンドで確認できます。

復旧方法

    TPシステムの起動に失敗している場合は先にTPシステムの起動失敗の原因を特定し、対処してください。 IIOPリスナのポート(既定値5151)が他プロセスと重複している場合は、ポート番号の変更を行ったうえでTPシステムの再起動を行ってください。 また、Windowsではインストール後にマシンの再起動を行っていないと必要な環境変数が設定されず、起動に失敗する可能性があります。インストール後は必ずマシンの再起動を行い、起動確認を行ってください。 運用中の異常終了である場合はイベントログ、syslog、プロセスグループのトレースログを確認してください。

予防のための対策

    イベントログ・syslogにTPS07を含むメッセージで異常の原因を示すものが出ている可能性があるので確認してください。

対象となるエラー事象

    COMM_FAILUR(REFUSE)


関連情報