アプリケーショングループ未起動への対応

事象説明

    WebOTXはIIOPリスナというクライアントとの送受信処理を行う部分でリクエストヘッダを解析し、実行するAPを特定しています。 アプリケーショングループが停止していたりアプリケーショングループが存在しないとAPの特定が失敗し、本エラーとなります。 このエラーでは、${INSTANCE_ROOT}\config\tpsystem\sysmsg.trcに以下のようなメッセージが表示されます。

    OTXM:<システム名>:IIOPLSN_CLS:<プロセスID>: W:1:TPS07-00705 APPLICATION GROUP NOT AVAILABLE.
    

    このエラーではクライアントにINV_OBJREF(minor=3960)が返りますが、プロセスグループの停止時には異なるエラーとなります。原因としては以下が考えられます。

      (1)アプリケーショングループが起動していない
      (2)古いリファレンスが残っている(意図したAPへの呼び出しになっていない場合)

状況の確認方法

     呼び出し先のアプリケーショングループが起動しているか確認して、停止していた場合は起動してください。 障害でアプリケーショングループが停止することはないため、運用操作により停止されたことになりますが、運用状況の詳細はhistory.act(${INSTANCE_ROOT}/config/tpsystem/history.act)で確認してください。

     アプリケーショングループが起動している場合は、そのAPへの呼び出しになっていないことが考えられます。

     ドメインが複数存在する環境では、想定とは異なるドメインを呼び出していたりアプリケーショングループが起動していなかった、という場合があります。 呼び出し先ドメインを特定し、再度アプリケーショングループの状態を確認してください。統合運用管理ツールの「接続クライアント情報」や、sysmsg.trc(${INSTANCE_ROOT}/config/tpsystem/sysmsg.trc)に出るクライアント接続履歴から呼びだしているドメインを特定することが出来ます。

     また、名前サーバに登録されているリファレンスを確認してください。リファレンス一覧は [ リファレンス集・共通 > 4. 運用管理コマンドリファレンス > 4.6. TPシステム > 4.6.4. woiorinfo ] で取得できます。

採取資料
復旧方法

    アプリケーショングループが停止している場合は起動してください。 アプリケーショングループが起動していて、古いリファレンスが残っていたり、リファレンスが正しくなかったりしたと思われる場合は名前サーバにリファレンスを再登録してください。

原因不明時の調査方法

    アプリケーショングループが起動していること、呼び出し先ドメインが正しいこと、 名前サーバに登録されているリファレンスが正しいことを確認してもオペレーションの呼び出しに失敗する場合は、リスナトレースの設定を行って詳細を確認してください。 ログ取得方法については [ 1. 障害時の操作 > 1.1. 情報採取 > 1.1.2. 手動で情報採取する場合は > 1.1.2.8. TPシステム > 1.1.2.8.4. 各コンポーネントにおける障害解析 ] のIIOPリスナを参照してください。

対象となるエラー事象

    TPS07-00705、INV_OBJREF(3960)


関連情報