初期ドメインの生成失敗について

WebOTX Application Serverのインストール時、初期ドメイン環境の作成を行います。このとき、インストール時の選択肢により、作成される初期ドメイン環境が異なります。

ドメイン生成中に問題が発生した場合には、ドメインの生成を中止し、WebOTX のインストールディレクトリ配下にログファイル(ant_setup.log)を出力します。以下では、ドメインの生成時によく問い合わせがある問題について記述しています。

管理ドメインの生成に失敗する

${AS_INSTALL}/domains/WebOTXAdminディレクトリが作成されているが、${AS_INSTALL}/domains/domain1が生成されていない場合、ant_setup.log以下の点について問題がないか確認を行います。

原因を解決した後、下記に記載した対応を行ってください。

原因 対応
ant の実行に失敗する 管理ドメインの再作成を行う
ループバックの確認 原因を解決した後、一旦アンインストールを行い、再度インストールを行ってください。
ポート番号の重複 管理ドメインの再作成を行う

ユーザドメインの生成に失敗する

${AS_INSTALL}/domains/WebOTXAdminディレクトリ及び、${AS_INSTALL}/domains/domain1が生成されており以下の点について問題がないか確認を行います。

原因を解決した後、下記に記載した対応を行ってください。

原因 対応
ポート番号の重複 ユーザドメインの再作成を行う

発生要因

ant の実行に失敗する

ドメイン生成時、${AS_INSTALL}/domains ディレクトリが生成されず、${AS_INSTALL}/ant_setup.logファイルも出力されていない場合、インストールした端末の環境に問題がありant スクリプトの起動に失敗した可能性があります。

以下の点について問題がないか確認を行います。

環境変数の確認

以下の環境変数に不正なディレクトリや不正な文字が含まれていないか確認します。

JAVA_HOME
ANT_HOME
CLASSPATH
PATH

Windows 環境において、環境変数の最後の文字に"\"を指定しないでください。フォルダ区切りとエスケープ文字が識別できずスクリプトが不正動作する場合があります。
環境変数を修正後、再インストールする場合は、WebOTXを一旦アンインストール後、残ったWebOTX ディレクトリはすべて削除してから再インストールを行ってください。

ループバックの確認

ネットワークで自ホスト名とアドレスが正しく解決できない場合、管理ドメイン(WebOTXAdmin)の起動に失敗しドメイン生成処理が失敗します。
nslookup コマンド等で自ホスト名とIP アドレスが正しく対応されているかを確認します。以下の点について問題がないか確認を行います。

hosts ファイルなどで自ホスト名に不正なアドレスを定義している。
DNS サーバに不正なアドレスが登録されている
サーバマシンにおいてネットワークが有効になっていない


設定を修正し、再インストールする場合は、WebOTXを一旦アンインストール後、残ったWebOTX ディレクトリはすべて削除してから再インストールを行ってください。

ant_setup.log

BUILD FAILED
file:C:/Program Files/WebOTX/setup.xml:xxx:
  ERROR:create-domain domain1 error:java.lang.Exception: java.net.ConnectException:
Connection refused:

${AS_INSTALL}/domains/WebOTXAdmin/logs/webotx_agent.log
  WARN com.nec.webotx.enterprise.system.core - OTX01205102: サービス
"com.nec.webotx.enterprise.admin.server.core.JmxConnectorLifecycle" を初期化することができま
せん!起動する際は、コマンドから再度実行して下さい : Cannot assign requested address:
JVM_Bind [org.apache.commons.launcher.ChildMain]


ポート番号の重複

WebOTX が使用するポート番号が、他のアプリケーションで使用されていた場合、ドメインの生成、および、ドメインの起動に失敗します。
特に、ポート80(HTTP ポート)については、サーバマシンにデフォルトでWeb サーバがインストールされていることがあり注意が必要です。また、複数のドメインを生成する場合、それぞれのドメインで重複しないポート番号を割り当てる必要があります。
インストール時のポート番号は、インストールディレクトリ配下のadmin-domain.properties、domain1.properties で定義されています。netstat コマンド等でポート番号が重複して使われていないか確認します。

ant_setup.log

BUILD FAILED
file:C:/Program Files/WebOTX/setup.xml:xxx:
  ERROR:create-domain domain1 error:java.lang.Exception: java.net.ConnectException:
Connection refused:

${AS_INSTALL}/domains/WebOTXAdmin/logs/webotx_agent.log
  WARN com.nec.webotx.enterprise.system.core - OTX01205102: サービス
"com.nec.webotx.enterprise.admin.server.core.JmxConnectorLifecycle" を初期化することができま
せん!起動する際は、コマンドから再度実行して下さい : Cannot assign requested address:
JVM_Bind ポート番号 [org.apache.commons.launcher.ChildMain]

もし、使用するポート番号が他のドメインで既に設定済みである場合、次のようなエラーが表示されます。

ant_setup.log

do.create.domain.windows:
[echo] Exception thrown in operation dottedNameInvoke : オペレーション 'createDomain' が 'WebOTXAdminDomain' のRuntime MBeanにおいて失敗しました。
[echo] Target exception message: Could not create domain "domain2" : ドメイン作成のために指定された domain.instance.port のポート 80 が、他のドメイン domain1 において既に使用済みです。

対応一覧

管理ドメインの再作成

Windows
  1. 管理者権限を持つユーザで、以下のコマンドを実行します。
    > cd ${AS_INSTALL}
    ># ant_setup.bat
  2. ant_setup.logにエラーが出力されていないことを確認してください。
UNIX
  1. rootユーザで、以下のコマンドを実行します。
    # cd /opt/WebOTX
    # bin/asant -buildfile /opt/WebOTX/setup.xml -logfile /opt/WebOTX/ant_setup.log setup 
  2. ant_setup.logにエラーが出力されていないことを確認してください。
  3. 運用ユーザをroot以外に変更する場合、追加で以下のコマンドを実行し、運用ユーザ/グループの変更を行ってください。
    # cd /opt/WebOTX
    # bin/otxown.sh

ユーザドメインの再作成

Windows
  1. ドメインのポート番号を変更する場合、${AS_INSTALL}のdomain1.propertiesを編集してください。propertiesファイルについては [ドメイン構築・基本設定ガイド > 3.2.1.3. propertiesファイル ] を参照して編集を行ってください。
  2. 管理ドメイン(WebOTXAdmin)が起動していることを確認した後、管理者権限を持つユーザで以下のコマンドを実行し、ドメインの再作成を行ってください。
    > cd ${AS_INSTALL}
    > bin\asant -buildfile setup.xml -Dfile=<ドメイン名>.properties -Ddomains.root=<作成先ディレクトリ>  create-domain
UNIX
  1. ドメインのポート番号を変更する場合、${AS_INSTALL}のdomain1.propertiesを編集してください。propertiesファイルについては [ドメイン構築・基本設定ガイド > 3.2.1.3. propertiesファイル ] を参照して編集を行ってください。
  2. 管理ドメイン(WebOTXAdmin)が起動していることを確認した後、rootユーザで以下のコマンドを実行し、ドメインの再作成を行ってください。
    # cd ${AS_INSTALL}
    # bin/asant -buildfile setup.xml -Dfile=<ドメイン名>.properties -Ddomains.root=<作成先ディレクトリ>  create-domain
  3. 運用ユーザをroot以外に変更する場合、追加で以下のコマンドを実行し、運用ユーザ/グループの変更を行ってください。
    # cd /opt/WebOTX
    # bin/otxown.sh

関連情報