com.nec.webotx.appserv.server
インタフェース LifecycleListener


public interface LifecycleListener

ライフサイクル・モジュールは、com.nec.webotx.appserv.server.LifecycleListenerインタフェースを実装します。 このインタフェースには、ライフサイクル・モジュールにサーバのライフサイクル・イベントをポストする、handleEvent()だけのメソッドがあります。

アプリケーション・サーバの起動時に、そのサブシステムを初期化する前にアプリケーション・サーバがINIT_EVENTをライフサイクル・モジュールにポストします。 サーバがアプリケーションをロードし、初期化することを始めると、続いてライフサイクル・モジュールにSTARTUP_EVENTをポストします。 この過程が完了すれば、READY_EVENTがライフサイクル・モジュールにポストされます。

サーバがシャットダウンする時、サーバはライフサイクル・モジュールにSHUTDOWN_EVENTをポストし、その次にアプリケーションとサブシステムをシャットダウンします。 この過程が完了すれば、TERMINATION_EVENTがポストされます。

handleEvent()の中のイベント・パラメータに定義される、getData()を呼び出すことにより、ライフサイクル・モジュールがイベントに固有のデータを取得できることに注意してください。 INIT_EVENTイベントでは、getData()がserver.xmlの中で構成されているライフサイクル・モジュールのプロパティを返します。

server.xmlの中のis-failure-fataltrueに設定されている場合、全てのライフサイクル・モジュールからの例外は致命的な条件として扱われます。


メソッドの概要
 void handleEvent(LifecycleEvent event)
          サーバのライフサイクル・イベントを受け取ります。
 

メソッドの詳細

handleEvent

public void handleEvent(LifecycleEvent event)
                 throws ServerLifecycleException
サーバのライフサイクル・イベントを受け取ります。

パラメータ:
event - 関連付けられるイベント。
例外:
例外条件であるServerLifecycleException
ServerLifecycleException


Copyright © 1998-2006 NEC Corporation. All Rights Reserved.