com.nec.webotx.appserv.server
インタフェース LifecycleEventContext


public interface LifecycleEventContext

LifecycleEventContextインタフェースは、アプリケーションサーバによって生成されるサーバ側の実行時環境を表示します。 このコンテキストはアクセッサだけを持っており、サーバ実行時に使用されるServerContextのサブセットになります。


メソッドの概要
 java.lang.String[] getCmdLineArgs()
          サーバのコマンドライン引数を取得します。
 javax.naming.InitialContext getInitialContext()
          初期ネーミング・コンテキストを取得します。
 java.lang.String getInstallRoot()
          サーバのインストール・ルートを取得します。
 java.lang.String getInstanceName()
          サーバのインスタンス名を取得します。
 void log(java.lang.String message)
          サーバのログ・ファイルに指定のメッセージを書き込みます。
 void log(java.lang.String message, java.lang.Throwable throwable)
          サーバのログ・ファイルに説明用のメッセージと指定のThrowable例外に対するスタック・トレースを書き込みます。
 

メソッドの詳細

getCmdLineArgs

public java.lang.String[] getCmdLineArgs()
サーバのコマンドライン引数を取得します。


getInstallRoot

public java.lang.String getInstallRoot()
サーバのインストール・ルートを取得します。


getInstanceName

public java.lang.String getInstanceName()
サーバのインスタンス名を取得します。


getInitialContext

public javax.naming.InitialContext getInitialContext()
初期ネーミング・コンテキストを取得します。


log

public void log(java.lang.String message)
サーバのログ・ファイルに指定のメッセージを書き込みます。

パラメータ:
message - ログ・ファイルに書き込むメッセージを指定するString型の文字列

log

public void log(java.lang.String message,
                java.lang.Throwable throwable)
サーバのログ・ファイルに説明用のメッセージと指定のThrowable例外に対するスタック・トレースを書き込みます。

パラメータ:
message - エラーや例外を説明するString型の文字列
throwable - エラーや例外の元になるThrowableクラス


Copyright © 1998-2006 NEC Corporation. All Rights Reserved.