インタフェース
jp.co.nec.orb.NamingContextRr の使用

NamingContextRr を使用しているパッケージ
jp.co.nec.orb   
 

jp.co.nec.orb での NamingContextRr の使用
 

NamingContextRr として宣言されている jp.co.nec.orb のフィールド
 NamingContextRr NamingContextRrHolder.value
           
 

NamingContextRr を返す jp.co.nec.orb のメソッド
static NamingContextRr NamingContextRrHelper.extract(Any a)
           
static NamingContextRr NamingContextRrHelper.read(InputStream is)
           
static NamingContextRr NamingContextRrHelper.narrow(Object obj)
           
 NamingContextRr NamingContextRrOperations.new_context()
           
 NamingContextRr NamingContextRrOperations.bind_new_context(NameComponent[] n)
          このオペレーションを発行した名前コンテキストに、 名前と生成された名前コンテキストのオブジェクトリファレンスとの対応(バインディング)を生成します。
 

NamingContextRr 型のパラメータを持つ jp.co.nec.orb のメソッド
static void NamingContextRrHelper.insert(Any a, NamingContextRr t)
           
static void NamingContextRrHelper.write(OutputStream os, NamingContextRr _v)
           
 void NamingContextRrOperations.bind_context(NameComponent[] n, NamingContextRr nc)
          名前コンテキストに、バインディング(名前と名前コンテキストの対応)を生成します。
 void NamingContextRrOperations.rebind_context(NameComponent[] n, NamingContextRr nc)
           
 

NamingContextRr 型のパラメータを持つ jp.co.nec.orb のコンストラクタ
NamingContextRrHolder(NamingContextRr initial)