名称
     undeploy -	ドメインアプリケーションサーバのコンポーネント の
     削除

形式
     undeploy [	--user admin_user ]  [ --password  admin_password
     ]	 [  --host  host_name  ]   [  --port  port_number ]  [ --
     protocol=rmi|jmxmp	]  [  --passwordfile  filename	]   [  --
     encrypted=true|false   ]	 [  --terse=true|false	]   [  --
     echo=true|false  ]	  [  --interactive=true|false  ]   [   --
     secure=true|false	]   [  --help  ]   [  --statechecktimeout
     timeout   ]    [	 --droptables=true|false    ]	  [    --
     cascade=true|false	 ]   [	--ejbunbind=true|false	]   [  --
     force=true|false ]	 component_name

説明
     undeployはWebOTX ASから指定されたコンポーネントを配備解除 し
     ます。

     --droptablesオプションは、CMPの配備時にテーブルを作成した 場
     合のみ利用できます。

     このコマンドはリモートモードでのみ使用できます。

オプション
     -u	--user
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザ名。

	   既にotxadmin loginコマンドでログインしている場 合 は、
	   --userオプションの指定は不要です。

     -w	--password
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザのパ ス ワー
	   ド。

     -H	--host
	   ドメインの運用管理エージェントが起動しているマシン名。

     -p	--port
	   ドメインの運用管理エージェントのポート番号。既定 値 は
	   6212です。

     --protocol
	   ドメインの運用管理エージェントとの接続プロトコルを選択
	   します。指定できるプロトコルは、rmi、jmxmpです。既定値
	   はrmiです。

     -W	--passwordfile
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードを含むファイ
	   ル。

     --encrypted

	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードに暗号化され
	   た パスワードを利用する場合に指定します。既定値はfalse
	   です。暗号化されたパスワードの生成にはencryptコマン ド
	   を 使 用してください。このオプションはpasswordfileオプ
	   ションが指定されている場合のみ有効です。

     -t	--terse
	   trueを指定すると、出力データがスクリプトによる処理のた
	   めの簡潔なデータとなります。既定値はfalseです。

     -e	--echo
	   trueを指定すると、標準出力でコマンドライン文が表示され
	   ます。既定値はfalseです。

     -I	--interactive
	   true(既定値)を指定すると、パスワードオプション入力用の
	   プロンプトを表示します。

     -s	--secure
	   trueを指定すると、ドメインの運用管理エージェントとの通
	   信にSSL/TLSを利用します。既定値はfalseです。

     --help
	   コマンドのヘルプを表示します。

     --statechecktimeout
	   プロセスグループに配備したコンポーネントについて、コン
	   ポーネント状態確認のタイムアウト値を指定します。単位は
	   秒です。

     --droptables
	   trueの場合、CMPの配備時に作成したテーブルを削 除 し ま
	   す。	このオプションはデスクリプタnec-ejb-jar.xmlのcmp-
	   resourceで指定した値より優先されます。既定値はfalse で
	   す。

     --cascade
	   trueの場合、配備解除しようとしているリソースアダプタと
	   関連付けられている、全てのコネクションプールとコネクタ
	   リソースを削除します。falseの場合、リソースアダプタ に
	   関連付けられているコネクションプールとコネクタリソース
	   が存在するならば配備解除に失敗します。この場合は、コネ
	   クションプールとコネクタリソースは事前に削除しておく必
	   要があります。このオプションは.rarと.earに適用可 能 で
	   す。既定値はfalseです。

     --ejbunbind
	   falseの場合、配備解除対象のコンポーネントのJNDI名を ア
	   ンバインドしません。既定値はtrueです。

     --force
	   trueの場合、配備解除に失敗した際に、強制配備解除を実行

	   します。既定値はfalseです。

オペランド
     component_name
	   配備可能なコンポーネント名

使用例
     例1: コンポーネントの配備解除

     Cartという名前のアプリケーションを削除(アンインストール)しま
     す。

     otxadmin> undeploy	--user admin --password	adminadmin Cart

     例2: CMPの配備解除

     myejbという名前のCMPを配備解除します。本番環境では、 デー タ
     ベー ス テーブルには重要な情報が格納されているため、--dropt-
     ablesオプションの取り扱いには注意してください。

     otxadmin> undeploy	--user admin --password	adminadmin --droptables=true myejb

     例3: コネクタ(リソースアダプタ)の配備解除

     jdbcraという名前のコネクタモジュールを配備解除し、関連付けら
     れているコネクションプールとコネクタリソースを同時に削除しま
     す。

     otxadmin> undeploy	--user admin --password	adminadmin --cascade=true jdbcra

終了ステータス
     0	   コマンド実行成功

     1	   コマンド実行失敗

関連事項
 deploy(1) deploydir(1) replace(1) enable(1) disable(1) list-components(1)