運用管理コマンド (otxadmin) リファレンス

A  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z

A
add-alivecheck-monitor アライブチェックモニターの登録
add-counter-monitor カウンタモニターの登録
add-guage-monitor ゲージモニターの登録
add-resources 指定されたXMLファイルへリソースを登録
add-string-monitor ストリングモニターの登録
C
close-jms-connection JMSサーバ上のコネクションのクローズ
commit-transaction 指定したトランザクションのコミット
connect-all-jdbc-datasources 全JDBCデータソースで指定された数のコネクションを接続
connect-jdbc-datasource JDBCデータソースで指定された数のコネクションを接続
create-admin-object 指定されたJNDI名による管理されたオブジェクトの追加
create-audit-module audit-moduleの作成
create-auth-realm 認証レルムの作成
create-connector-connection-pool 指定されたコネクションプール名によるコネクションプールの作成
create-connector-resource 指定されたJNDI名でのリソースの登録
create-connector-security-map 名づけられたコネクタコネクションプールに対するセキュリティマップの作成
create-custom-resource カスタムリソースの登録
create-file-user 新しいファイルユーザの作成
create-http-listener 新しいHTTPリスナーソケットの追加
create-javamail-resource JavaMailリソースの登録
create-jdbc-datasource JDBCデータソースの登録
create-jmsdest 物理的な送信先の登録
create-jms-resource JMSリソースの登録
create-jndi-resource JNDIリソースの登録
create-jvm-options Java構成またはプロファイラ設定によるJVMオプションの作成
create-lifecycle-module ライフサイクルモジュールの登録
create-resource-adapter-config コネクタモジュール用にdomain.xmlで構成情報を作成
create-ssl HTTPリスナーのSSL設定の作成
create-threadpool スレッドプールの追加
create-ts-cppxa-ap-resource AP用C++ XAリソースの登録
create-ts-cppxa-resource C++ XAリソースの登録
create-ts-jca-resource JCAリソースの登録
create-ts-jdbc-resource JDBCリソースの登録
create-virtual-server 名づけられた仮想サーバーの追加
D
delete-admin-object 指定されたJNDI名を持つ管理されたオブジェクトの削除
delete-audit-module 名づけられたaudit-moduleの削除
delete-auth-realm 名づけられた認証レルムの削除
delete-connector-connection-pool 指定されたコネクションプールの削除
delete-connector-resource 名づけられたコネクタリソースの削除
delete-connector-security-map 与えられたコネクションプールに対するセキュリティマップの削除
delete-custom-resource カスタムリソースの削除
delete-file-user 名づけられたファイルユーザの削除
delete-http-listener HTTPリスナーの削除
delete-javamail-resource JavaMailリソースの削除
delete-jdbc-datasource JDBCデータソースの削除
delete-jmsdest 物理的な送信先の消滅
delete-jms-resource JMSリソースの削除
delete-jndi-resource JNDIリソースの削除
delete-jvm-options Java構成またはプロファイラ設定からのJVMオプションの削除
delete-lifecycle-module ライフサイクルモジュールの削除
delete-monitor モニターの削除
delete-ospi-cpp-property Object Broker C++ライブラリのプロパティの削除
delete-ospi-java-property Object Broker Javaライブラリのプロパティの削除
delete-ospi-property Object Brokerライブラリのプロパティの削除
delete-resource-adapter-config コネクタモジュール用にdomain.xmlで作成された構成情報を削除
delete-ssl HTTPリスナーからのssl設定の削除
delete-threadpool 名づけれたスレッドプールの削除
delete-transaction 指定したトランザクションの強制削除
delete-ts-cppxa-ap-resource AP用C++ XAリソースの削除
delete-ts-cppxa-resource C++ XAリソースの削除
delete-ts-jca-resource JCAリソースの削除
delete-ts-jdbc-resource JDBCリソースの削除
delete-virtual-server 名づけられた仮想サーバIDを持つ仮想サーバの削除
deploy 指定されたコンポーネントの配備
deploydir アプリケーションアーカイブの分けられたフォーマットの配備
disable コンポーネントの無効化
disable-jdbc-datasource JDBCデータソースを無効化
dump-all-jdbc-datasources すべてのSQLランキング情報の出力
dump-jdbc-datasource SQLランキング情報の出力
E
enable コンポーネントの有効化
enable-jdbc-datasource JDBCデータソースを有効化
encrypt 文字列の暗号化
export マルチモードで後続のコマンドの環境へ自動エクスポートするための変数名の表記
F
forget-transaction 指定したトランザクションのフォーゲット (破棄)
G
generate-diagnostic-report アプリケーションサーバの不具 合 の調査を助けるレポートの作成
generate-jvm-report 指定されたインスタンスサーバのためのスレッド、クラス、およびメモリを表示
get 監視可能または構成可能な属性の値の取得
get-client-stubs クライアントのスタブの取得
get-jmsdest-info 物理的な送信先の情報取得
get-ospi-cpp-properties Object Broker C++ライブラリのプロパティ設定の一覧取得
get-ospi-cpp-property Object Broker C++ライブラリのプロパティ設定値の取得
get-ospi-java-properties Object Broker Javaライブラリのプロパティ設定の一覧取得
get-ospi-java-property Object Broker Javaライブラリのプロ パ ティ設定値の取得
get-ospi-properties Object Brokerライブラリのプロパティ設定の一覧取得
get-ospi-property Object Brokerライブラリのプロパティ設定値の取得
H
help コマンドラインインターフェースで利用できるコマンド全ての一覧の表示
I
instimpl サーバのインプリメンテーションを登録します
J
jms-ping JMSサービスが稼働しているかどうかの確認
L
list 構成可能な設定の一覧
listimpl サーバのインプリメンテーション一覧を表示します
list-admin-objects 管理された全オブジェクトの取得
list-audit-modules 全audit-modulesの一覧
list-auth-realms 認証レルムの一覧
list-components 配備されたコンポーネントの一覧
list-connector-connection-pools 全コネクションプールの取得
list-connector-resources 全コネクタリソースの取得
list-connector-security-maps 名づけられたコネクタコネクションプールに対するセキュリティマップの一覧
list-custom-resources 全カスタムリソースの取得
list-domains 与えられたドメインディレクトリ内のドメインの一覧
list-file-groups ファイルグループの一覧
list-file-users ファイルユーザの一覧
list-http-listeners HTTPリスナーの取得
list-javamail-resources 全JavaMailリソースの取得
list-jdbc-datasources 全JDBCデータソース名の取得
list-jms-connections JMSサーバの全コネクションの取得
list-jms-resources 全JMSリソースの取得
list-jms-services JMSサーバの一覧の取得
list-jmsdest 物理的な全送信先の取得
list-jmsdest-dur トピック上の全永続サブスクリプションの取得
list-jmsdest-messages メッセージ一覧の取得
list-jndi-resources 全JNDIリソースの取得
list-lifecycle-modules 登録されたライフサイクルモジュールの一覧
list-monitors モニターの一覧
list-resource-adapter-configs コネクタモジュールに対してdomain.xmlで作成された構成情報の一覧
list-sub-components 配備されたモジュールまたは配備されたアプリケーションモジュールの中のEJBまたはServletの一覧
list-threadpools 全スレッドプールの一覧
list-virtual-servers 仮想サーバの取得
login マルチモードで後続のコマンドの環境へ自動エクスポートするためのログイン
M
monitor アプリケーションサーバ上のコンポーネントの統計情報表示
move-jmsdest-messages 送信先メッセージの移動
multimode 環境設定を保存し、otxadminユーティリティに残されている間、複数のコマンドを実行可能
P
ping-connection-pool コネクションプールが使用可能かどうかのテスト
ping-jdbc-datasource JDBCデータソースが使用可能かどうかのテスト
publish-jdbc-datasource JDBCデータソースへの設定変更内容の反映
R
replace コンポーネントの置換
reset-all-jdbc-datasources 全JDBCデータソースでプールされたコネクションの切断
reset-jdbc-datasource JDBCデータソースにプールされたコネクションの切断
rmimpl サーバのインプリメンテーション情報を削除します
rollback-transaction 指定したトランザクションのロールバック
S
send-jms-message JMSメッセージの送信
set 属性値の設定
set-ospi-cpp-property Object Broker C++ライブラリのプロパティの設定
set-ospi-java-property Object Broker Javaライブラリのプロパティの設定
set-ospi-property Object Brokerライブラリのプロパティの設定
show-component-status 配備されたコンポーネントの状態の表示
start-cnamesv CacheNameサービスの起動
start-corbaloc InteroperableNamingサービスの起動
start-domain 与えられたドメインの起動
start-irsv InterfaceRepositoryサービスの起動
start-jms JMSサービスの起動
start-monitor モニターの起動
start-namesv COSNamingサービスの起動
start-oad OadJサービスの起動
start-oadj Oadサービスの起動
start-ospi ObjectBrokerサービスの起動
start-ospprxy ospprxyサービスの起動
start-transaction-service Transactionサービスの起動
stop-cnamesv CacheNameサービスの停止
stop-corbaloc InteroperableNamingサービスの停止
stop-domain 与えられたドメインの停止
stop-irsv InterfaceRepositoryサービスの停止
stop-jms JMSサービスの停止
stop-monitor モニターの停止
stop-namesv COSNamingサービスの停止
stop-oad Oadサービスの停止
stop-oadj OadJサービスの停止
stop-ospi ObjectBrokerサービスの停止
stop-ospprxy ospprxyサービスの停止
stop-transaction-service Transactionサービスの停止
U
undeploy ドメインアプリケーションサーバのコンポーネントの削除
unset マルチモード環境からの1つ以上の値の削除
update-connector-security-map 名づけられたコネクタコネクションプールに対するセキュリティマップの更新
update-file-user 指定されているように現在のファイルユーザを更新
update-jms-message JMSメッセージの優先順位変更
V
version バージョン情報の表示