名称
     set - 属性値の設定

形式
     set [ --user admin_user ]	[ --password admin_password ]	[
     --host   host_name	  ]    [   --port  port_number	]   [  --
     protocol=rmi|jmxmp	]  [  --passwordfile  filename	]   [  --
     encrypted=true|false   ]	 [  --terse=true|false	]   [  --
     echo=true|false  ]	  [  --interactive=true|false  ]   [   --
     secure=true|false	]   [ --help ]	[ --object=[true|false]	]
     [ --legalname=[true|false]	]  attributename=value

説明
     1つ以上の構成可能な属性値を設定します。このコマンドはリ モー
     トモードでのみ使用できます。ドット記述による属性指定にアスタ
     リスク(*)を使用するには、cli_restrictionファイルに許可コマン
     ドライン文字列を定義する必要があります。その際、アスタリスク
     は属性名部分には用いることはできません。また、オペランドに引
     用符が必要な場合があります。

オプション
     -u	--user
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザ名。

	   既にotxadmin loginコマンドでログインしている場 合 は、
	   --userオプションの指定は不要です。

     -w	--password
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザのパ ス ワー
	   ド。

     -H	--host
	   ドメインの運用管理エージェントが起動しているマシン名。

     -p	--port
	   ドメインの運用管理エージェントのポート番号。既定 値 は
	   6212です。

     --protocol
	   ドメインの運用管理エージェントとの接続プロトコルを選択
	   します。指定できるプロトコルは、rmi、jmxmpです。既定値
	   はrmiです。

     -W	--passwordfile
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードを含むファイ
	   ル。

     --encrypted
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードに暗号化され
	   た パスワードを利用する場合に指定します。既定値はfalse
	   です。暗号化されたパスワードの生成にはencryptコマン ド
	   を 使 用してください。このオプションはpasswordfileオプ

	   ションが指定されている場合のみ有効です。

     -t	--terse
	   trueを指定すると、出力データがスクリプトによる処理のた
	   めの簡潔なデータとなります。既定値はfalseです。

     -e	--echo
	   trueを指定すると、標準出力でコマンドライン文が表示され
	   ます。既定値はfalseです。

     -I	--interactive
	   true(既定値)を指定すると、パスワードオプション入力用の
	   プロンプトを表示します。

     -s	--secure
	   trueを指定すると、ドメインの運用管理エージェントとの通
	   信にSSL/TLSを利用します。既定値はfalseです。

     --help
	   コマンドのヘルプを表示します。

     --object
	   trueを指定すると、オペランドにオブジェクトネームの指定
	   が で きます。設定できる属性の指定は一つです。既定値は
	   falseです。#入力形式	: --object $objectname $attribute

     --legalname
	   trueを指定すると、コマンドの入力値はロジック値を利用し
	   ま す。falseの場合、コマンドの入力値は直接値を利用しま
	   す。既定値はfalseです。

オペランド
     attributename=value
	   属性名とその値。利用可能な属性名の一	覧 は Application
	   Server Referenceを見てください。

使用例
     例1: setの使用法(ドット付き記述による属性)

     otxadmin> set --user admin --password adminadmin --host localhost
     --port 6212 server.transactionservice.trace-init=true

     otxadmin> set --user admin --password adminadmin --host localhost
     --port 6212 server.applications.web-module.*.description=Sample
     server.applications.web-module.admin.description =	Sample
     server.applications.web-module.console.description	= Sample
     server.applications.web-module.ejb_stubs.description = Sample
     server.applications.web-module.manager.description	= Sample

     例2: setの使用法(オブジェクトネーム記述による属性)

     otxadmin> set --user admin --password adminadmin --host localhost
     --port 6212 --object domain1:j2eeType=WebOTXTransactionService,name=
     WebOTXTransactionService,J2EEServer=server,category=runtime trace-init=true

終了ステータス
     0	   コマンド実行成功

     1	   コマンド実行失敗

関連事項
 get(1) list(1)