名称
     send-jms-message -	JMSメッセージの送信

形式
     send-jms-message  [  --user  admin_user  ]	   [   --password
     admin_password ]  [ --host	host_name ]  [ --port port_number
     ]	[ --protocol=rmi|jmxmp ]  [ --passwordfile filename ]	[
     --encrypted=true|false  ]	 [  --terse=true|false	]   [  --
     echo=true|false  ]	  [  --interactive=true|false  ]   [   --
     secure=true|false	]  [ --help ]  [ --msgtype message_type	]
     [ --msgbodytype body_type ]  [ --msgbody message_body  ]	[
     --msgpersistent	delivery_mode	 ]    [	  --msgexpiration
     time_to_live  ]   [   --msgpriority   priority   ]	   [   --
     msgcorrelationid correlation_id ]	[ --msgreplyto reply_to	]
     [	 --msgreplytotype   reply_to_type   ]	 [   --msgjmstype
     num_producers  ]  [ --msgdelaytime	delaytime ]  [ --property
     name=value[:name=value]* ]	 dest_name

説明
     JMSメッセージを送信します。このコマンドはリモートモードで の
     み使用できます。

オプション
     -u	--user
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザ名。

	   既にotxadmin loginコマンドでログインしている場 合 は、
	   --userオプションの指定は不要です。

     -w	--password
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザのパ ス ワー
	   ド。

     -H	--host
	   ドメインの運用管理エージェントが起動しているマシン名。

     -p	--port
	   ドメインの運用管理エージェントのポート番号。既定 値 は
	   6212です。

     --protocol
	   ドメインの運用管理エージェントとの接続プロトコルを選択
	   します。指定できるプロトコルは、rmi、jmxmpです。既定値
	   はrmiです。

     --passwordfile
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードを含むファイ
	   ル。

     --encrypted
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードに暗号化され
	   た パスワードを利用する場合に指定します。既定値はfalse
	   です。暗号化されたパスワードの生成にはencryptコマン ド
	   を使用してください。

     -t	--terse
	   trueを指定すると、出力データがスクリプトによる処理のた
	   めの簡潔なデータとなります。既定値はfalseです。

     -e	--echo
	   trueを指定すると、標準出力でコマンドライン文が表示され
	   ます。既定値はfalseです。

     -I	--interactive
	   true(既定値)を指定すると、パスワードオプション入力用の
	   プロンプトを表示します。

     -s	--secure
	   trueを指定すると、ドメインの運用管理エージェントとの通
	   信にSSL/TLSを利用します。既定値はfalseです。

     --help
	   コマンドのヘルプを表示します。

     --msgtype
	   送信メッセージのタイプ。有効な値 は TextMessage、 Mes-
	   sage、 BytesMessage で す。TextMessageは、メッセージボ
	   ディにStringを含むものです。Messageは、メッ セー ジ ボ
	   ディ	の ない軽量なメッセージです。BytesMessageは、メッ
	   セージボディにバイト配列を含むもの で す。 既 定 値 は
	   TextMessageです。

     --msgbodytype
	   メッセージボディの指定方法。有効な値はtext、fileです。
	   text	の場合は、--msgbodyに指定された文字列をボディその
	   ものとして設定し、fileの場合は、--msgbodyに指定され た
	   文 字 列をファイル名として、指定されたファイルの内容を
	   メッセージボディに設定します。既定値はtextです。

     --msgbody
	   メッセージボディ。TextMessageの場合、 --msgbodytype が
	   textのときは、指定された文字列をボディそのものとして設
	   定し、fileのときは指定された文字列をファイル名として、
	   指 定 されたファイルの内容をメッセージボディに設定しま
	   す。Messageの場合、メッセージボディはありません。指 定
	   されていても無視します。BytesMessageの場合、メッセージ
	   ボディタイプはfileのみ有効です。指定されたファイルの内
	   容をバイト配列に変換して設定します。

     --msgpersistent
	   JMSDeliveryModeヘッダの値。メッセージを永続化するか ど
	   う か を 指 定 し ます。有効な値は、PERSISTENT(永続)、
	   NON_PERSISTENT(非永続)です。既定値は、PERSISTENTです。

     --msgexpiration
	   JMSExpirationヘッダの値。メッセージの有効期限(ミリ秒	)
	   を 指定します。0は有効期限がなく、破棄されません。既定
	   値は0です。

     --msgpriority
	   JMSPriorityヘッダの値。メッセージの優先順位(0-9)を指定
	   します。最も低い優先度が0で、最も高い優先度が9です。既
	   定値は4です。

     --msgcorrelationid
	   JMSCorrelationIDヘッダの値。メッセージを別のメッセージ
	   とリンクする場合のIDを指定します。指定できるのは、文字
	   列のみです。

     --msgreplyto
	   JMSReplyToヘッダの値。応答用送信先(メッセージを受信 し
	   たコンシューマが返信する送信先)を指定します。

     --msgreplytotype
	   JMSReplyToヘッダで指定した応答用送信先のタイプ。有効な
	   値はtopic、queueです。

     --msgjmstype
	   JMSTypeヘッダの値。セレクタなどで利用するための任意 の
	   文字列を指定します。

     --msgdelaytime
	   配信遅延時間を指定します。WebOTX JMS固有の拡張機能で、
	   相対時間(秒)での指定のみ可能です。既定値は0(遅延時間な
	   し)です。

     --property
	   メッセージプロパティです。<プロパティ名>=<値>の形式 で
	   指定します。設定可能なプロパティ値は、Stringのみです。

オペランド
     dest_name
	   JMS送信先の名称。

使用例
     例1: send-jms-messageの使用法

     otxadmin> send-jms-message	--user admin --password	adminadmin --host localhost --port 6212	--msgtype TextMessage --msgbody	"sample	message" MyPhysicalQueue
     コマンド send-jms-message は正常に実行されました。

終了ステータス
     0	   コマンド実行成功

     1	   コマンド実行失敗

関連事項
 create-jmsdest(1) list-jmsdest-messages(1)