名称
     replace - コンポーネントの置換

形式
     replace [ --user admin_user ]  [ --password admin_password	]
     [	 --host	 host_name  ]	[  --port  port_number	]   [  --
     protocol=rmi|jmxmp	]  [  --passwordfile  filename	]   [  --
     encrypted=true|false   ]	 [  --terse=true|false	]   [  --
     echo=true|false  ]	  [  --interactive=true|false  ]   [   --
     secure=true|false	]   [ --help ]	[ --name component_name	]
     [ --force=true|false ]  [ --virtualservers	virtual_servers	]
     [	--precompilejsp=true|false  ]	[ --apgroup apg_name ]	[
     --pgroup  pg_name	]   [	--upload=true|false   ]	   [   --
     enabled=true|false	 ]   [ --contextroot context_root ]  [ --
     retrieve local_dirpath ]  [ --dbvendorname	 dbvendorname	]
     [	      --createtables=true|false	      ]	       [       --
     dropandcreatetables=true|false	   ]	     [	       --
     uniquetablenames=true|false     ]	    [	 --deploymentplan
     deployment_plan ]	 [  --rmic=true|false  ]   [  --libraries
     jar_file[,jar_file*]  ]  [	--methodid all|limit|none ]  [ --
     statechecktimeout	   timeout	]	[      --bindtype
     persistent|transient   ]	 [  --bindiortojndi=true|false	]
     filepath

説明
     EJB、WAR、EAR等のコンポーネントを置換します。コンポーネン ト
     は	配備済みである必要があります。replaceは、以下の条件を満た
     したときのみ実行可能です。

	o  プロセスグループに配備したアプリケーションである(す な
	   わちWebOTX ASのエディションはFoundation以上)。

	o  EJBの場合、リモートインタフェース、リモートホーム、 リ
	   モートビジネスインタフェースに変更がない。

	o  EJB 3.0のEJBタイマーを利用している場合、@Timeoutで指定
	   したコールバックメソッドの名前に変更がない。

	o  Webサービス化されたEJBを利用している場合、Webサービ ス
	   エンドポイントのURIに変更がない。

	o  WARの場合、コンテキストルートに変更がない。

	o  EARの場合、内包するEJBおよびWARに増減がなく、なおか つ
	   上記の条件を満たしている。

     --createtablesオプションと--dropandcreatetablesオ プ ショ ン
     は、 データベースにマッピングされていないCMPの配備の時のみ利
     用されます。マッピングされていないとは、モジュールのディレク
     トリMETA-INFにデスクリプタnec-cmp-mappings.xmlが存在しない場
     合の事です。

     --createtablesオプションと--dropandcreatetablesオプション は
     互	い に排他的で、一方のみが使用できます。createtablesまたは
     dropandcreatetablesが失敗した場合、配備は失敗せず、警告 メッ
     セージがログファイルに出力されます。

     このコマンドはリモートモードでのみ使用できます。

オプション
     -u	--user
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザ名。

	   既にotxadmin loginコマンドでログインしている場 合 は、
	   --userオプションの指定は不要です。

     -w	--password
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザのパ ス ワー
	   ド。

     -H	--host
	   ドメインの運用管理エージェントが起動しているマシン名。

     -p	--port
	   ドメインの運用管理エージェントのポート番号。既定 値 は
	   6212です。

     --protocol
	   ドメインの運用管理エージェントとの接続プロトコルを選択
	   します。指定できるプロトコルは、rmi、jmxmpです。既定値
	   はrmiです。

     -W	--passwordfile
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードを含むファイ
	   ル。

     --encrypted
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードに暗号化され
	   た パスワードを利用する場合に指定します。既定値はfalse
	   です。暗号化されたパスワードの生成にはencryptコマン ド
	   を 使 用してください。このオプションはpasswordfileオプ
	   ションが指定されている場合のみ有効です。

     -t	--terse
	   trueを指定すると、出力データがスクリプトによる処理のた
	   めの簡潔なデータとなります。既定値はfalseです。

     -e	--echo
	   trueを指定すると、標準出力でコマンドライン文が表示され
	   ます。既定値はfalseです。

     -I	--interactive
	   true(既定値)を指定すると、パスワードオプション入力用の
	   プロンプトを表示します。

     -s	--secure
	   trueを指定すると、ドメインの運用管理エージェントとの通
	   信にSSL/TLSを利用します。既定値はfalseです。

     --help
	   コマンドのヘルプを表示します。

     --name
	   コンポーネントの名前を指定します。

     --force
	   このオプションの指定は無視されます。この値は常にtrueと
	   して取り扱われます。

     --virtualservers
	   リクエストを受け付ける仮想サーバ名を指定します。複数指
	   定する場合はコンマ区切りで列挙します。

     --precompilejsp
	   配備時にJSPの事前コンパイルを行います。既定値 は false
	   で、JSPの事前コンパイルは行いません。この場合、JSPは初
	   回アクセス時にコンパイルされます。

     --apgroup
	   このオプションの指定は無視されます。配備先のアプリケー
	   ショ	ン グループは旧アプリケーションのものを引き継ぎま
	   す。

     --pgroup
	   このオプションの指定は無視されます。配備先のプロセスグ
	   ループは旧アプリケーションのものを引き継ぎます。

     --upload
	   trueを指定した場合、WebOTX ASにファイルをアップロー ド
	   します。配備対象のファイルがサーバマシンにある場合、こ
	   のオプションをfalseにすることでアップロードを抑止で き
	   ま す。falseを指定した場合は、オペランドにサーバマシン
	   でのファイルパスを指定してください。既定値はtrueです。

     --enabled
	   配備完了後に、コンポーネントをコンテナにロードするかど
	   う か を 指定します。既定値(ただしCORBAを除く)はtrueで
	   す。falseを指定した場合、配備完了後のコンポーネント は
	   停止状態となります。

     --contextroot
	   WARのコンテキストルートを指定します。コンポーネント が
	   WARの場合のみ有効です。デスクリプタWEB-INF/nec-web.xml
	   の<contextroot>よりも優先して利用されます。こ の オ プ
	   ショ	ン の指定がなく、なおかつデスクリプタWEB-INF/nec-
	   web.xmlで<contextroot>の指定がない場合、拡張子な し の
	   ファイル名がデフォルトとなります。

     --retrieve
	   クライアントスタブJARファイルを、サーバマシンから指 定
	   したディレクトリにダウンロードします。

     --dbvendorname
	   使用するデータベースのベンダ名を指定します。デスクリプ
	   タ nec-ejb-jar.xmlのcmp-resourceでの設定よりも優先して
	   利用されます。既定値はSQL92で、この場合のDDLはSQL92 の
	   形式を利用します。

     --createtables
	   マップされていないCMPに対してテーブルを作成します。 デ
	   ス クリプタnec-ejb-jar.xmlのcmp-resourceでの設定よりも
	   優先して利用されます。既定値はfalseです。

     --dropandcreatetables
	   マップされていないCMPを配備する際にテーブルを再作成 し
	   ま す。デスクリプタnec-ejb-jar.xmlのcmp-resourceでの設
	   定よりも優先して利用されます。既定値はfalseです。

     --uniquetablenames
	   全てのCMPに対してユニークとなるテーブル名を保 証 し ま
	   す。テーブル名にはハッシュコードが付加されます。このオ
	   プションは、大文字と小文字が異なるだけのCMPがある場 合
	   に役に立ちます。既定値はfalseです。

     --deploymentplan
	   配備で利用するデプロイメントプランを指定します。デプロ
	   イメントプランとは、WebOTX AS固有のディスクリプタをJAR
	   でまとめたものです。このオプションは、コンポーネントが
	   WebOTX  AS固有のディスクリプタを含まない場合に利用しま
	   す。

     --rmic
	   RMI-IIOP用のスタブとタイを生成するかどうかを指定 し ま
	   す。	trueの場合はスタブとタイを生成し、falseの場合は生
	   成しません。既定値はfalseです。

     --libraries
	   ライブラリJARファイルの絶対パス、相対パスを指 定 し ま
	   す。相対パスは、[ドメインディレクトリ]/lib/applibsから
	   の相対パスを指定します。複数のパスを指定する場合、コン
	   マを区切り文字として使用します。

     --methodid
	   プロセスグループに配備するEJBについて、メソッドIDの 割
	   り 当て方法を指定します。limitの場合はビジネスメソッド
	   に対してのみ割り当てられます。allの場合はすべ て の リ
	   モートメソッドに対して割り当てられます。noneの場合は割
	   り当てを行いません。既定値はlimitです。

     --statechecktimeout

	   プロセスグループに配備したコンポーネントについて、コン
	   ポーネント状態確認のタイムアウト値を指定します。単位は
	   秒です。

     --bindtype
	   名前サーバの登録方式を設定します。永続的に扱う場合、名
	   前 サーバへのIOR登録をプロセス起動停止に関係なく行えま
	   す。このため、プロセス起動時の名前サーバアクセス負荷を
	   軽減することができます。一時的に扱う場合、プロセス起動
	   時に名前サーバへの登録を行います。このとき、ラウンドロ
	   ビン機能の設定もできます。

     --bindiortojndi
	   IORをJNDIに登録するかどうかを指定します。trueの場合 は
	   IORをJNDIに登録し、falseの場合は登録しません。既定値は
	   trueです。

オペランド
     filepath
	   --uploadオプションがtrueの場合はローカルマシン上のファ
	   イルへのパス。falseの場合はサーバマシンへの絶対パス。

使用例
     例1: WebOTX AS EnterpriseでEARを置換

     Cart.earを置換します。

     otxadmin> replace --user admin --password adminadmin Cart.ear
     Command replace executed successfully

終了ステータス
     0	   コマンド実行成功

     1	   コマンド実行失敗

関連事項
 deploy(1) deploydir(1) undeploy(1) enable(1) disable(1) list-components(1)