名称
     monitor - アプリケーションサーバ上のコンポーネントの統計情報
     表示

形式
     monitor [ --user admin_user ]  [ --password admin_password	]
     [	 --host	 host_name  ]	[  --port  port_number	]   [  --
     protocol=rmi|jmxmp	]  [  --passwordfile  filename	]   [  --
     encrypted=true|false   ]	 [  --terse=true|false	]   [  --
     echo=true|false  ]	  [  --interactive=true|false  ]   [   --
     secure=true|false	]   [ --help ]	--type monitor_type  [ --
     filename file_name	]  [ --interval	interval  ]   [	 --filter
     filter_name ]  instance_name

説明
     アプリケーションサーバ内のコンポーネントで、一般的にモニタリ
     ン	グ される属性を表示します。また、統計情報のフィルタリング
     や、CSVファイル形式での結果出力が可能です。出力は、表形式 で
     出	力されます。hを入力することで、表の各項目の説明を表示でき
     ます。

     属性の統計情報を取得するためには、その属性のモニタリングレベ
     ル	をHIGH、または、LOWに設定しておく必要があります。モニタリ
     ングレベルは、運用管理ツールや、setコマンドを利用して設定 し
     ます。

オプション
     -u	--user
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザ名。

	   既にotxadmin loginコマンドでログインしている場 合 は、
	   --userオプションの指定は不要です。

     -w	--password
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザのパ ス ワー
	   ド。

     -H	--host
	   ドメインの運用管理エージェントが起動しているマシン名。

     -p	--port
	   ドメインの運用管理エージェントのポート番号。既定 値 は
	   6212です。

     --protocol
	   ドメインの運用管理エージェントとの接続プロトコルを選択
	   します。指定できるプロトコルは、rmi、jmxmpです。既定値
	   はrmiです。

     -W	--passwordfile
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードを含むファイ
	   ル。

     --encrypted
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードに暗号化され
	   た パスワードを利用する場合に指定します。既定値はfalse
	   です。暗号化されたパスワードの生成にはencryptコマン ド
	   を 使 用してください。このオプションはpasswordfileオプ
	   ションが指定されている場合のみ有効です。

     -t	--terse
	   trueを指定すると、出力データがスクリプトによる処理のた
	   めの簡潔なデータとなります。既定値はfalseです。

     -e	--echo
	   trueを指定すると、標準出力でコマンドライン文が表示され
	   ます。既定値はfalseです。

     -I	--interactive
	   true(既定値)を指定すると、パスワードオプション入力用の
	   プロンプトを表示します。

     -s	--secure
	   trueを指定すると、ドメインの運用管理エージェントとの通
	   信にSSL/TLSを利用します。既定値はfalseです。

     --help
	   コマンドのヘルプを表示します。

     --type
	   モニタリングする統計情報のタイプです。次の値を指定でき
	   ます。:

	      o	 connectionqueue

	      o	 connectorpool

	      o	 endpoint

	      o	 entitybean

	      o	 filecache

	      o	 httplistener

	      o	 httpservice

	      o	 jdbcpool

	      o	 jvm

	      o	 keepalive

	      o	 messagedriven

	      o	 servlet

	      o	 statefulsession

	      o	 statelesssession

	      o	 webmodule

     --filename
	   CSV形式のファイルへ結果を出力します。

     --interval
	   属性をモニタリングする間隔(秒)です。間隔は0より大き い
	   値でなければなりません。モニタリング属性は、Ctrl-c、あ
	   るいは、q を入力するまで出力されます。既定値は30(秒)で
	   す。

     --filter
	   与えられたタイプで1つ以上のモニタリング可能なエレメ ン
	   トが存在するときに、必要な情報を取得することができるよ
	   うに、結果をフィルタリングします。

オペランド
	  instance_name
		統計情報を表示するサーバインスタンス。

使用例
     以下の例を実行する前に、そのタイプの統計情報を取得できるよう
     に	し て お きます。例えば	: otxadmin set server.monitoring-
     service.module-monitoring-levels.jvm=LOW

     例1: 画面への表示:

     otxadmin> monitor --type jvm --user admin --password adminadmin server
				   JVM Monitoring
     UpTime(ms)					   HeapSize(bytes)
     current		       min	  max	     low	high	   count
     327142979		       0	  531628032  0		45940736   45940736

     例2: filterオプションの利用:

     複数のモニタリング対象が存在するときに、filterオプションを使
     わなければ、次のように表示されます:

     otxadmin> monitor --type httplistener --user admin --password adminadmin server
     There are more than one monitoring	elements. Please consider using	the filter option.
     The following are available elements to monitor:
	 http-listener-1
	 http-listener-2
     CLI137 Command monitor failed.
     Using the filter option:

     otxadmin> monitor --type httplistener --filter http-listener-1
     --user admin --password adminadmin	server
			HTTP Listener Monitoring: http-listener-1
     br	  bs   c200 c2xx c302 c304 c3xx	c400 c401 c403 c404 c4xx c503 c5xx coc	co
     ctc  ctb  ec   moc	 mst  mt   mtm	mst  pt	  rc
     0	  0    0    0	 0    3	   3	0    0	  0    0    0	 0    0	   0	0
     2	  0    0    1	 20   20   2	2    6	  3

     hを入力することで、各項目の説明を表示できます。

     ******************************************************************************************
     * br   = Cumulative value of the Bytes received by	each of	the Request Processors	      *
     * bs   = Cumulative value of the Bytes sent by each of the	Request	Processors	      *
     * c200 = Number of	responses with a status	code equal to 200			      *
     * c2xx = Number of	responses with a status	code in	the 2xx	range			      *
     * c302 = Number of	responses with a status	code equal to 302			      *
     * c304 = Number of	responses with a status	code equal to 304			      *
     * c3xx = Number of	responses with a status	code in	the 3xx	range			      *
     * c400 = Number of	responses with a status	code equal to 400			      *
     * c401 = Number of	responses with a status	code equal to 401			      *
     * c403 = Number of	responses with a status	code equal to 403			      *
     * c404 = Number of	responses with a status	code equal to 404			      *
     * c4xx = Number of	responses with a status	code equal to 4xx			      *
     * c504 = Number of	responses with a status	code equal to 504			      *
     * c5xx = Number of	responses with a status	code equal to 5xx			      *
     * coc  = Number of	open connections						      *
     * co   = Number of	responses with a status	code outside the 2xx, 3xx, 4xx,	and 5xx	range *
     * ctc  = Number of	request	processing threads currently in	the listener thread pool      *
     * ctb  = Number of	request	processing threads currently in	use in the listener thread    *
     *	      pool serving requests							      *
     * ec   = Number of	responses with a status	code equal to 400			      *
     * moc  = Maximum number of	open connections					      *
     * mst  = Minimum number of	request	processing threads that	will be	created	at listener   *
     *	      startup time and maintained as spare threads above the current thread count     *
     * mt   = Maximum number of	request	processing threads that	are created by the listener   *
     * mtm  = Provides the longest response time for a request - not a cumulative value, but  *
     *	      the largest response time	from among the response	times			      *
     * pt   = Cumulative value of the times taken to process each request. The processing     *
     *	      time is the average of request processing	times over the request count	      *
     * rc   = Cumulative number	of the requests	processed so far			      *
     ******************************************************************************************

     例3: typeオプションにservletを指定した場合:

     filterに webmodule名:servlet名を設定する必要があります。サー
     ブレットExampleServletsを持つコンポーネントexampleをに対して
     操作を行う場合、以下のように実行してください:

     otxadmin> monitor --type servlet --user admin --password adminadmin --filter //server/example:ExampleServlets server

終了ステータス
	  0	コマンド実行成功

	  1	コマンド実行失敗

関連事項
 get(1)
 list(1)