名称
     get - 監視可能または構成可能な属性の値の取得

形式
     get  [ --user admin_user ]	 [ --password admin_password ]	[
     --host   host_name	  ]    [   --port  port_number	]   [  --
     protocol=rmi|jmxmp	]  [  --passwordfile  filename	]   [  --
     encrypted=true|false   ]	 [  --terse=true|false	]   [  --
     echo=true|false  ]	  [  --interactive=true|false  ]   [   --
     secure=true|false	]  [ --help ]  [ --monitor=[true|false]	]
     [ --object=[true|false] ]	[ --legalname=[true|false]  ]	[
     --exitstatus=[true|false] ]  [ --exiterrornum=exiterrornum	]
     [	--iterations=iterations	 ]    [	  --interval=interval	]
     (dotted_attribute_name)+

説明
     属性の値を取得します。--monitorオプションがtrueの場合、監 視
     可能な属性が返却されます。--monitorオプションがfalseの場合、
     構成可能な属性が返却されます。オプション値やオペランドとして
     ア	スタリスク(*)を使ったコマンドを実行する場合、二重引用符が
     必要な場合があります。

オプション
     -u	--user
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザ名。

	   既にotxadmin loginコマンドでログインしている場 合 は、
	   --userオプションの指定は不要です。

     -w	--password
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザのパ ス ワー
	   ド。

     -H	--host
	   ドメインの運用管理エージェントが起動しているマシン名。

     -p	--port
	   ドメインの運用管理エージェントのポート番号。既定 値 は
	   6212です。

     --protocol
	   ドメインの運用管理エージェントとの接続プロトコルを選択
	   します。指定できるプロトコルは、rmi、jmxmpです。既定値
	   はrmiです。

     -W	--passwordfile
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードを含むファイ
	   ル。

     --encrypted
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードに暗号化され
	   た パスワードを利用する場合に指定します。既定値はfalse

	   です。暗号化されたパスワードの生成にはencryptコマン ド
	   を 使 用してください。このオプションはpasswordfileオプ
	   ションが指定されている場合のみ有効です。

     -t	--terse
	   trueを指定すると、出力データがスクリプトによる処理のた
	   めの簡潔なデータとなります。既定値はfalseです。

     -e	--echo
	   trueを指定すると、標準出力でコマンドライン文が表示され
	   ます。既定値はfalseです。

     -I	--interactive
	   true(既定値)を指定すると、パスワードオプション入力用の
	   プロンプトを表示します。

     -s	--secure
	   trueを指定すると、ドメインの運用管理エージェントとの通
	   信にSSL/TLSを利用します。既定値はfalseです。

     --help
	   コマンドのヘルプを表示します。

     --monitor
	   既定値はfalseです。falseの場合、構成可能な属性値が返却
	   されます。trueの場合、監視可能な属性値が返却されます。

     --object
	   trueを指定すると、オペランドにオブジェクトネームの指定
	   が で きます。取得できる属性の指定は一つです。既定値は
	   falseです。#入力形式	: --object $objectname $attribute

     --legalname
	   trueを指定すると、コマンドの結果はロジック値と表示され
	   ま す。falseの場合、コマンドの結果は直接値と表示されま
	   す。既定値はfalseです。

     --exitstatus
	   exitstatusオプションがtrueの場合、一つの属性だけ 取 得
	   し、	且 つ 当 該属性値がInteger、Long、Short、Double、
	   Float、またはInteger型をString型に転換できる場合に、返
	   却 値 をシステムのerror codeに設定します。exitstatusが
	   falseの場合、error codeに特殊な処理は行いません。既 定
	   値はfalseです。

     --exiterrornum
	   コマンドの動作が異常になった場合、システムのerror code
	   を error_number に設定します。exiterrornumの値は数値型
	   で、デフォルト値は-1です。exitstatus=trueの場合、こ の
	   オプションは有効と設定されます。

     --iterations

	   属性値を連続して取得する回数です。monitorおよび inter-
	   val オプションと併用することで本オプションが有効になり
	   ます。

     --interval
	   属性値を連続して取得する際の間隔(秒)です。monitorお よ
	   びiterationsオプションと併用することで本オプションが有
	   効になります。

オペランド
     attributename
	   ドット付き記述による属性名、あるいはオブジェクトネーム
	   記述による属性名

使用例
     例1: getの使用法(ドット付き記述による属性)

     otxadmin> get --user admin --password adminadmin --host localhost --port 6212
     "server.resources.jdbc-datasource.jdbc/Oracle.*"
     server.resources.jdbc-datasource.jdbc/Oracle.dataSourceType = JDBCEX_Oracle
     server.resources.jdbc-datasource.jdbc/Oracle.description =	<null>
     server.resources.jdbc-datasource.jdbc/Oracle.initialPoolSize = 0
     server.resources.jdbc-datasource.jdbc/Oracle.jdbcMajorVersion = 3
     server.resources.jdbc-datasource.jdbc/Oracle.jdbcMinorVersion = 0
     server.resources.jdbc-datasource.jdbc/Oracle.jndiName = jdbc/Oracle
     server.resources.jdbc-datasource.jdbc/Oracle.maxPoolSize =	0
     server.resources.jdbc-datasource.jdbc/Oracle.minPoolSize =	4
     server.resources.jdbc-datasource.jdbc/Oracle.property.dataSourceName = jdbc:oracle:thin:@localhost:1521:ORCL

     例2: getの使用法(オブジェクトネーム記述による属性名)

     otxadmin> get --user admin --password adminadmin --host bluestar --port 6212
     --object domain1:type=jdbc-datasource,name=jdbc/Oracle,category=config dataSourceType
     dataSourceType = JDBCEX_Oracle

終了ステータス
     0	   コマンド実行成功

     1	   コマンド実行失敗

関連事項
 set(1) list(1)