名称
     create-transport -	トランスポートの作成

形式
     create-transport  [  --user  admin_user  ]	   [   --password
     admin_password ]  [ --host	host_name ]  [ --port port_number
     ]	[ --protocol=rmi|jmxmp ]  [ --passwordfile filename ]	[
     --encrypted=true|false  ]	 [  --terse=true|false	]   [  --
     echo=true|false  ]	  [  --interactive=true|false  ]   [   --
     secure=true|false	 ]    [	 --help	 ]   [	--acceptorthreads
     acceptor-threads ]	 [ --buffersizebytes buffer-size ]  [  --
     bytebuffertype  byte-buffer-type ]	 [ --classname class-name
     ]	  [    --displayconfiguration=false|true    ]	  [    --
     enablesnoop=false|true  ]	 [  --idlekeytimeoutseconds idle-
     key-timeout ]  [ --maxconnectionscount max-connections ]	[
     --readtimeoutmillis  read-timeout	]  [ --writetimeoutmillis
     write-timeout  ]	[  --selectionkeyhandler   selection-key-
     handler   ]   [  --selectorpolltimeoutmillis  selector-poll-
     timeout ]	[ --tcpnodelay=false|true ]   transport-name  [--
     acceptorthreads acceptor-threads]
	  [--buffersizebytes buffer-size]
	  [--bytebuffertype byte-buffer-type]
	  [--classname class-name]
	  [--displayconfiguration={false|true}]
	  [--enablesnoop={false|true}]
	  [--idlekeytimeoutseconds idle-key-timeout]
	  [--maxconnectionscount max-connections]
	  [--readtimeoutmillis read-timeout]
	  [--writetimeoutmillis	write-timeout]
	  [--selectionkeyhandler selection-key-handler]
	  [--selectorpolltimeoutmillis selector-poll-timeout]
	  [--tcpnodelay={false|true}]

説明
     The create-transportネットワークリスナ用のトランスポートを作
     成します。このコマンドはリモートモードでのみ使用できます。

オプション
     -u	--user
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザ名。

	   既にotxadmin loginコマンドでログインしている場 合 は、
	   --userオプションの指定は不要です。

     -w	--password
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザのパ ス ワー
	   ド。

     -H	--host
	   ドメインの運用管理エージェントが起動しているマシン名。

     -p	--port
	   ドメインの運用管理エージェントのポート番号。既定 値 は
	   6212です。

     --protocol
	   ドメインの運用管理エージェントとの接続プロトコルを選択
	   します。指定できるプロトコルは、rmi、jmxmpです。既定値
	   はrmiです。

     -W	--passwordfile
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードを含むファイ
	   ル。

     --encrypted
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードに暗号化され
	   た パスワードを利用する場合に指定します。既定値はfalse
	   です。暗号化されたパスワードの生成にはencryptコマン ド
	   を 使 用してください。このオプションはpasswordfileオプ
	   ションが指定されている場合のみ有効です。

     -t	--terse
	   trueを指定すると、出力データがスクリプトによる処理のた
	   めの簡潔なデータとなります。既定値はfalseです。

     -e	--echo
	   trueを指定すると、標準出力でコマンドライン文が表示され
	   ます。既定値はfalseです。

     -I	--interactive
	   true(既定値)を指定すると、パスワードオプション入力用の
	   プロンプトを表示します。

     -s	--secure
	   trueを指定すると、ドメインの運用管理エージェントとの通
	   信にSSL/TLSを利用します。既定値はfalseです。

     --help
	   コマンドのヘルプを表示します。

     --acceptorthreads
	   新規接続を受け付けるスレッドの数を指定します。推奨され
	   る数は、マシンのCPUのプロセッサ数です。デフォルト値は1
	   です。

     --buffersizebytes
	   このトランスポートを参照するネットワークリスナで使用す
	   る入力ストリーム用に提供されるバッファサイズを指定しま
	   す。単位はバイトです。デフォルト値は8192です。

     --bytebuffertype
	   このトランスポートを参照するネットワークリスナで使用す
	   る 入 力ストリーム用に提供されるバッファの型を指定しま

	   す。HEAPかDIRECTを指定することができます。デフォルト値
	   はHEAPです。

     --classname
	   トランスポートを実装するパッケージ名を含むJavaクラス名
	   デフォルト値はcom.sun.grizzly.TCPSelectorHandlerです。

     --displayconfiguration
	   サーバのログにネットワークの設定を出力する場合にはtrue
	   を指定します。デバッグのために有効ですが、性能が低下し
	   ます。デフォルト値はfalseです。

     --enablesnoop
	   サーバのログにリクエストとレスポンスに関する情報を出力
	   す る 場合にtrueを指定します。デバッグのために有効です
	   が、性能が低下します。デフォルト値はfalseです。

     --idlekeytimeoutseconds
	   アイドル時間を指定します。デフォルト値は30秒です。

     --maxconnectionscount
	   このトランスポートを参照するネットワークリスナでの最大
	   接続数を指定します。-1を指定すると無制限になります。デ
	   フォルト値は4096です。

     --readtimeoutmillis
	   ヘッダとボディを読み込む間に待ち合わせを行う時間を指定
	   します。デフォルト値は、30000ミリ秒(30秒)です。

     --writetimeoutmillis
	   レスポンスを返却する際にリモートクライアントから切断さ
	   れたとみなすまでに待ち合わせを行う時間を指定します。デ
	   フォルト値は	30000ミリ秒(30秒)です。

     --selectionkeyhandler
	   このトランスポートに関連するキーハンドラの名前です。デ
	   フォルト値はありません。

     --selectorpolltimeoutmillis
	   NIOでイベント(ユーザからのリクエスト)を待ち合わせ る
	   時間をミリ秒で指定します。デフォルト値は、1000ミリ秒で
	   す。

     --tcpnodelay
	   TCP_NODELAYを有効にする場合にtrueを指定します。デ フォ
	   ルト値はfalseです。

オペランド
     transport-name
	   トランスポートの名前

使用例
     例1: create-transportコマンドの使用法

     otxadmin> create-transport	--user admin --password	adminadmin --acceptorthreads 100 http1-trans
     Command create-transport executed successfully.

     A transport named http1-trans was created.

終了ステータス
     0	   コマンド実行成功

     1	   コマンド実行失敗

関連事項
 delete-transport(1) list-transports(1) create-network-listener(1)