名称
     create-jvm-options	- Java構成またはプロファイラ設定によるJVM
     オプションの作成

形式
     create-jvm-options	 [  --user  admin_user	]   [  --password
     admin_password ]  [ --host	host_name ]  [ --port port_number
     ]	[ --protocol=rmi|jmxmp ]  [ --passwordfile filename ]	[
     --encrypted=true|false  ]	 [  --terse=true|false	]   [  --
     echo=true|false  ]	  [  --interactive=true|false  ]   [   --
     secure=true|false	]   [ --help ]	[ --target target ]  [ --
     system	=false	   ]	   [	  --profiler=false	]
     (jvm_option_name=jvm_option_value)				[
     :jvm_option_name=jvm_option_name* ]

説明
     Java構成またはdomain.xmlファイルのプロファイラ設定でJVMオ プ
     ションを作成します。コロン(:)で区切ることで複数のJVMオプショ
     ンを入力できます。また、-Xmx512mのような値をとらない(右辺 が
     な	い)オプションを単独で作成する場合、オプションの最後にコロ
     ン(:)を指定する必要があります。JVMオプションがダッシュ(-) で
     始	まる場合、JVMオプションがオペランドでありオプションでない
     ということと区別するためにオペランドの前に2つのダッシュ(-)を
     使	用してください。JVMオプションは特定のプロファイラが動作す
     るために必要な設定を記録するために使用されます。

     新しく作成されたJVMオプションを有効にするためにサーバを再 起
     動	し て ください。サーバドメインを再起動するためには start-
     domainコマンドを使用してください。

オプション
     -u	--user
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザ名。

	   既にotxadmin loginコマンドでログインしている場 合 は、
	   --userオプションの指定は不要です。

     -w	--password
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザのパ ス ワー
	   ド。

     -H	--host
	   ドメインの運用管理エージェントが起動しているマシン名。

     -p	--port
	   ドメインの運用管理エージェントのポート番号。既定 値 は
	   6212です。

     --protocol
	   ドメインの運用管理エージェントとの接続プロトコルを選択
	   します。指定できるプロトコルは、rmi、jmxmpです。既定値
	   はrmiです。

     -W	--passwordfile
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードを含むファイ
	   ル。

     --encrypted
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードに暗号化され
	   た パスワードを利用する場合に指定します。既定値はfalse
	   です。暗号化されたパスワードの生成にはencryptコマン ド
	   を 使 用してください。このオプションはpasswordfileオプ
	   ションが指定されている場合のみ有効です。

     -t	--terse
	   trueを指定すると、出力データがスクリプトによる処理のた
	   めの簡潔なデータとなります。既定値はfalseです。

     -e	--echo
	   trueを指定すると、標準出力でコマンドライン文が表示され
	   ます。既定値はfalseです。

     -I	--interactive
	   true(既定値)を指定すると、パスワードオプション入力用の
	   プロンプトを表示します。

     -s	--secure
	   trueを指定すると、ドメインの運用管理エージェントとの通
	   信にSSL/TLSを利用します。既定値はfalseです。

     --help
	   コマンドのヘルプを表示します。

     --system
	   trueの場合system-jvm-optionsに追加します。 既 定 値 は
	   falseです。

     --profiler
	   JVMオプションがプロファイラ用かどうかを示します。こ の
	   オプションがtrueの場合、プロファイラが存在しなければい
	   けません。既定値はfalseです。

オペランド
     jvm_option_name=jvm_option_value
	   左辺はJVMオプション名です。右辺はJVMオプションの 値 で
	   す。複数のJVMオプションのための区切り文字として":"を使
	   用できます。JVMオプションが":"を含む場合、区切り 文 字
	   ":"の代わりにエスケープ文字"\"を使用してください。

使用例
     例1: create-jvm-optionsコマンドの使用法

     otxadmin> create-jvm-options --user admin --password adminadmin
     --host localhost --port 6212 --profiler=false -- -DDebug=true:"-Xmx256m":"
     -Dcom.nec.webotx.imqBin"="\/export\/webotx\/imq\/bin"

     Command create-jvm-options	executed successfully

     JVMオプションが作成されます。2つのダッシュ(-)は--profiler オ
     プションとオペランドの間で使用されます。これは -はオプション
     の終わりを示し、続く文字がオペランドである事を示すからです。
     オ	ペランドに1つのダッシュ(すなわち-DDebug)があるので、2つの
     ダッシュ(-)は必要です。オプションとオペランドを区別するた め
     に2つのダッシュ(-)が使用されます。

     例2: -Xで始まるオプションを単独で作成する

     otxadmin> create-jvm-options -Xmx512m:
     Command create-jvm-options	executed successfully

終了ステータス
     0	   コマンド実行成功

     1	   コマンド実行失敗

関連事項
 delete-jvm-options(1)