名称
     create-jms-resource - JMSリソースの登録

形式
     create-jms-resource [  --user  admin_user	]   [  --password
     admin_password ]  [ --host	host_name ]  [ --port port_number
     ]	[ --protocol=rmi|jmxmp ]  [ --passwordfile filename ]	[
     --encrypted=true|false  ]	 [  --terse=true|false	]   [  --
     echo=true|false  ]	  [  --interactive=true|false  ]   [   --
     secure=true|false	]   [  --help  ]   --restype  type   [ --
     enabled=true   ]	 [   --description   text   ]	  [    --
     cascade=true|false	 ]  [ --property name=value[:name=value]*
     ]	 [  --wojmsDestinationName  destination_name  ]	   [   --
     wojmsDestinationDescription     description    ]	  [    --
     wojmsBrokerHostName  host_name  ]	 [  --wojmsBrokerHostPort
     host_port	]  [ --wojmsBrokerServicePort port_number ]  [ --
     wojmsConfiguredClientID client_id ]  [ --wojmsConnectionType
     connection_type	  ]	  [	 --wojmsReconnectAttempts
     reconnect_attempts	]  [ --wojmsReconnectEnabled=true|false	]
     [	 --wojmsReconnectInterval   reconnect_interval	]   [  --
     wojmsDefaultPassword password  ]	[  --wojmsDefaultUsername
     user-name	]  [ --wojmsDisableSetClientID=true|false ]  [ --
     wojmsAckOnAcknowledge=true|false	    ]	      [	       --
     wojmsAckOnProduce=true|false    ]	   [	--wojmsAckTimeout
     ack_timeout ]  [ --wojmsConnectionFlowCount flow_count ]	[
     --wojmsConnectionFlowLimit	    flow_limit	   ]	  [    --
     wojmsConnectionFlowLimitEnabled=true|false	   ]	 [     --
     wojmsConsumerFlowLimit	 flow_limit	 ]	 [     --
     wojmsConsumerFlowThreshold	    threshold	  ]	 [     --
     wojmsJMSDeliveryMode delivery_mode	]  [ --wojmsJMSExpiration
     expiration	 ]   [	--wojmsJMSPriority  priority  ]	   [   --
     wojmsOverrideJMSDeliveryMode=true|false	  ]	 [     --
     wojmsOverrideJMSExpiration=true|false	]	[      --
     wojmsOverrideJMSHeadersToTemporaryDestinations=true|false	]
     [	  --wojmsOverrideJMSPriority=true|false	   ]	 [     --
     wojmsSetJMSXAppID=true|false	  ]	     [	       --
     wojmsSetJMSXConsumerTXID=true|false      ]	       [       --
     wojmsSetJMSXProducerTXID=true|false       ]	[      --
     wojmsSetJMSXRcvTimestamp=true|false      ]	       [       --
     wojmsSetJMSXUserID=true|false	   ]	      [	       --
     wojmsSetJMSXDeliveryCount=true|false      ]       [       --
     wojmsRedeliveryDelay    delay   ]	  [   --wojmsPingInterval
     ping_interval     ]       [      --wojmsEnableSharedClientID
     enable_shared_clientID  ]	[ --wojmsAddressList address_list
     ]	  [   --wojmsAddressListBehavior   behavior   ]	   [   --
     wojmsAddressListIterations	num_list_iterations ]  jndi_name

説明
     JMSリソースを登録します。このコマンドはリモートモードでの み
     使用できます。

オプション
     -u	--user
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザ名。

	   既にotxadmin loginコマンドでログインしている場 合 は、
	   --userオプションの指定は不要です。

     -w	--password
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザのパ ス ワー
	   ド。

     -H	--host
	   ドメインの運用管理エージェントが起動しているマシン名。

     -p	--port
	   ドメインの運用管理エージェントのポート番号。既定 値 は
	   6212です。

     --protocol
	   ドメインの運用管理エージェントとの接続プロトコルを選択
	   します。指定できるプロトコルは、rmi、jmxmpです。既定値
	   はrmiです。

     --passwordfile
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードを含むファイ
	   ル。

     --encrypted
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードに暗号化され
	   た パスワードを利用する場合に指定します。既定値はfalse
	   です。暗号化されたパスワードの生成にはencryptコマン ド
	   を使用してください。

     -t	--terse
	   trueを指定すると、出力データがスクリプトによる処理のた
	   めの簡潔なデータとなります。既定値はfalseです。

     -e	--echo
	   trueを指定すると、標準出力でコマンドライン文が表示され
	   ます。既定値はfalseです。

     -I	--interactive
	   true(既定値)を指定すると、パスワードオプション入力用の
	   プロンプトを表示します。

     -s	--secure
	   trueを指定すると、ドメインの運用管理エージェントとの通
	   信にSSL/TLSを利用します。既定値はfalseです。

     --help
	   コマンドのヘルプを表示します。

     --restype
	   JMSリソースの種類はjavax.jms.Topic、	javax.jms.Queue、
	   javax.jms.TopicConnectionFactory、
	   javax.jms.QueueConnectionFactory、
	   javax.jms.ConnectionFactoryです。

     --enabled
	   リソースが動作中に有効化されるかどうかを決定します。既
	   定値はtrueです。

     --description
	   JMSリソースのテキスト記述

     --property
	   JMSリソースを構成するための任意の属性名/値

     --cascade
	   物理的な送信先を同時に生成するかどうかを指定し ま す。
	   trueはwojmsDestinationNameオプションで指定された名前の
	   物理的な送信先を生成します。生成される送信先の属性はす
	   べて既定値となります。指定された名前の物理的な送信先が
	   既に存在している場合は生成しません。既定値はfalse(生成
	   しない)です。

     --wojmsDestinationName
	   物理的な送信先の名前を指定します。 こ の 名 前 に は、
	   create-jmsdestコマンドで作成した送信先名を指定します。

     --wojmsDestinationDescription
	   送信先の説明を指定します。

     --wojmsBrokerHostName
	   接続するJMS サーバのホスト名を指定します (wojmsConnec-
	   tionType の設定値がTCPまたはTLSの場合)。値を指定してい
	   ない場合は、JMSホストのホストが使われます。

     --wojmsBrokerHostPort
	   接続するJMS サーバのポート番号を指定しま す (wojmsCon-
	   nectionTypeの設定値がTCPまたはTLSの場合)。値を指定して
	   いない場合は、JMSホストのポート番号が使われます。

     --wojmsBrokerServicePort
	   使用するサービスのポート番号を指定します (wojmsConnec-
	   tionType の設定値がTCPまたはTLSの場合)。この属性値は、
	   主にファイアウォールを通過させるポート番号を特定するた
	   めに使用します。0は特定しません。デフォルト値は0です。

     --wojmsConfiguredClientID
	   クライアントID を指定します。

     --wojmsConnectionType
	   使用するコネクションのタイプを指定します。TCPは通常 コ

	   ネクションです。TLSはSSL コネクションです。既定値はTCP
	   です。

     --wojmsReconnectAttempts
	   JMS サーバへの再接続試行回数を指定します。-1は無制限で
	   す。既定値は0です。

     --wojmsReconnectEnabled
	   JMS サーバへの再接続を有効にするかどうかを指定します。
	   既定値はfalseです。

     --wojmsReconnectInterval
	   JMS サーバへの再接続遅延時間をミリ秒単位で指定します。
	   指 定する時間が短すぎる場合、JMSサーバが復旧していない
	   可能性があります。指定する時間が長すぎる場合、再接続処
	   理が失敗したと見なされる可能性があります。既定値は3000
	   (ミリ秒)です。

     --wojmsDefaultPassword
	   JMSサーバの認証に使われるデフォルトのパスワードを指 定
	   します。既定値はguestです。

     --wojmsDefaultUsername
	   JMSサーバの認証に使われるデフォルトのユーザ名を指定 し
	   ます。既定値はguestです。

     --wojmsDisableSetClientID
	   クライアントがJMS API(setClientID())を使用して、クラ
	   イアントID を変更できないよう指定します。既定値はfalse
	   です。

     --wojmsAckOnAcknowledge
	   コンシューマからのACKNOWLEDGE(確認通知)に対して、 JMS
	   サーバが受諾通知を返すか否かを指定します。trueを指定す
	   ると、JMSサーバはコンシューマからのすべてのACKNOWLEDGE
	   に対して受諾通知を返すため、コンシューマはその通知を待
	   ち合わせます。falseを指定すると、JMSサーバはコンシュー
	   マ からのどのACKNOWLEDGEに対しても受諾通知を返さないた
	   め、コンシューマはその通知を待ち合わせません。何も指定
	   し  な  い  と、  JMS  サー	バ は AUTO_ACKNOWLEDGE と
	   CLIENT_ACKNOWLEDGEモードのACKNOWLEDGEに対して受諾通 知
	   を 返 し、 コ ン シュー マはその通知を待ち合わせます。
	   DUPS_OK_ACKNOWLEDGEのACKNOWLEDGEに対しては受諾通知を返
	   さず、コンシューマはその通知を待ち合わせません。既定値
	   は指定なしです。

     --wojmsAckOnProduce
	   プロデューサからのメッセージに対して、JMSサーバが受 諾
	   通 知を返すか否かを指定します。trueの場合、JMSサーバは
	   プロデューサから受け付けた、永続/非永続メッセージす べ
	   てに対して受諾通知を返すため、プロデューサの呼び出しス
	   レッドはその受諾通知を待ち合わせます。falseの場合、JMS

	   サー	バ は プロデューサから受け付けた、どの永続/非永続
	   メッセージに対しても受諾通知を返さないため、プロデュー
	   サの呼び出しスレッドはその通知を待ち合わせません。指定
	   なしの場合、JMSサーバはプロデューサから受け付けた、 永
	   続メッセージに対してのみ受諾通知を返すため、プロデュー
	   サの呼び出しスレッドはその通知を待ち合わせます。既定値
	   は指定なしです。

     --wojmsAckTimeout
	   クライアントがJMSサーバからの受諾通知を待ち合わせ る、
	   通知タイムアウトの時間(ミリ秒単位)を指定します。この
	   時間を超過すると例外が発生します。0を指定すると、必 ず
	   待ちあわせます。既定値は0です。

     --wojmsConnectionFlowCount
	   JMSサーバがクライアントランタイムに対して連続して配 信
	   で き るJMSメッセージの数を指定します。指定した数のJMS
	   メッセージをクライアントランタイムに配信すると配信が一
	   時 的 にサスペンドされ、それまで止められていた制御系の
	   メッセージが配信されます。クライアントの状態に応じて、
	   配 信が再開されます。0を指定すると、サスペンドされませ
	   ん。0以外の値を指定すると、負荷の高いJMSメッセージ配信
	   の 影 響により制御系メッセージが滞留を防ぐことができま
	   す。既定値は100です。

     --wojmsConnectionFlowLimit
	   コネクションレベルで滞留させることができるメッセージの
	   最 大数を指定します。(wojmsConnectionFlowLimitEnabled
	   がtrueの場合にのみ有効)クライアントランタイムに配信さ
	   れ たJMSメッセージの数がこの制限に到達すると、メッセー
	   ジ配信が停止し、制限を下回ると配信は再開されます。この
	   制限は、メッセージの滞留によりクライアントランタイムで
	   発生するメモリ不足を抑止するのに有効です。既定値は1000
	   です。

     --wojmsConnectionFlowLimitEnabled
	   コネクションレベルのフロー制御を有効にするか否かを指定
	   し ます。trueは有効にします。falseは無効にします。既定
	   値はfalse(無効)です。

     --wojmsConsumerFlowLimit
	   コンシューマレベルで滞留させることができるメッセージの
	   最 大 数 を 指 定します。この制限は、queueのマルチコン
	   シューマの間での負荷分散を実現するために使用します。こ
	   の制限値は、queueのconsumerFlowLimit属性で指定した値の
	   方が小さい場合、その値でオーバライドされます。クライア
	   ン トランタイムに配信されたJMSメッセージの数がこの制限
	   に到達すると、メッセージ配信が停止 し、 wojmsConsumer-
	   FlowThreshold に 指 定した値を下回ると配信は再開されま
	   す。(すべてのコンシューマの滞留数の合計がwojmsConnec-
	   tionFlowLimit の値に到達すると、コネクションレベルの制
	   限により配信が停止します。)既定値は1000です。

     --wojmsConsumerFlowThreshold
	   コンシューマレベルのフロー制御が解除されるメッセージの
	   数をwojmsConsumerFlowLimitに対する割合で指定します。既
	   定値は50(%)です。

     --wojmsJMSDeliveryMode
	   配信モードを指定し ま す。 PERSISTENT は 永 続 で す。
	   NON_PERSISTENTは非永続です。既定値は、PERSISTENT(永続
	   )です。

     --wojmsJMSExpiration
	   メッセージの有効期限をミリ秒単位で指定します。0は破 棄
	   されません。既定値は0(破棄されない)です。

     --wojmsJMSPriority
	   メッセージの優先順位を指定します。0〜9 までの数字で 大
	   きい数程優先度は高くなります。既定値は4です。

     --wojmsOverrideJMSDeliveryMode
	   クライアントからの配信モードの変更を許可するかどうかを
	   指 定します。trueは変更を許可します。falseは変更を許可
	   しません。既定値は、false(許可しない)です。

     --wojmsOverrideJMSExpiration
	   クライアントからのメッセージ有効期限の変更を許可するか
	   ど うかを指定します。trueは変更を許可します。falseは変
	   更を許可しません。既定値はfalse(変更を許可しな い ) で
	   す。

     --wojmsOverrideJMSHeadersToTemporaryDestinations
	   一時的な送信先宛てのメッセージの優先順位、有効期限、配
	   信 モー ドの変更を許可するかどうかを指定します。優先順
	   位、有効期限、配信モードの変更にはそれぞれ別途許可が必
	   要 となります。trueは変更を許可します。falseは変更を許
	   可します。既定値は、false(変更を許可しない)です。

     --wojmsOverrideJMSPriority
	   クライアントからのメッセージ優先順位の変更を許可するか
	   ど うかを指定します。trurは変更を許可します。falseは変
	   更を許可しません。既定値はfalse(変更を許可しな い ) で
	   す。

     --wojmsSetJMSXAppID
	   JMSXAppID メッセージプロパティを有効にするかどうかを指
	   定 し ま す。trueは有効になります。falseは無効になりま
	   す。既定値はfalse(無効)です。

     --wojmsSetJMSXConsumerTXID
	   JMSXConsumerTXID メッセージプパティを有効にするかど う
	   か を指定します。trueは有効になります。falseは無効にな
	   ります。既定値はfalse(無効)です。

     --wojmsSetJMSXProducerTXID
	   JMSXProducerTXID メッセージプロパティを有効にするか ど
	   う かを指定します。trueは有効になります。falseは無効に
	   なります。既定値はfalse(無効)です。

     --wojmsSetJMSXRcvTimestamp
	   JMSXRcvTimestamp メッセージプロパティを有効にするか ど
	   う かを指定します。trueは有効になります。falseは無効に
	   なります。既定値はfalse(無効)です。

     --wojmsSetJMSXUserID
	   JMSXUserID メッセージプロパティを有効にするかどうか を
	   指 定します。trueは有効になります。falseは無効になりま
	   す。既定値はfalse(無効)です。

     --wojmsSetJMSXDeliveryCount
	   JMSXDeliveryCount メッセージプロパティを有効にするかど
	   う かを指定します。trueは有効になります。falseは無効に
	   なります。既定値はfalse(無効)です。

     --wojmsRedeliveryDelay
	   メッセージ再配信で、配信の遅延時間を秒単位で指定 し ま
	   す。	0は、待ち合わせ無しを意味します。既定値は、0(待ち
	   合わせ無し)です。

     --wojmsPingInterval
	   JMSサーバとの接続を確認する間隔を秒単位で指定しま す。
	   -1 は 監 視を行わないことを意味します。接続監視は、JMS
	   サーバに制御用パケット(PING)を定期的に発行して行 い ま
	   す。デフォルト値は30(秒)です。

     --wojmsEnableSharedClientID
	   Topicで、マルチコンシューマ負荷分散や、管理環境下で の
	   プ ロ セス多重を利用する場合にtrue(共有する)を指定しま
	   す。デフォルト値はfalse(共有しない)です。

     --wojmsAddressList
	   接続先のアドレスリストを指定します。この値を設定した場
	   合は、「JMSサーバのホスト名」(wojmsBrokerHostName)と、
	   「JMSサーバのホストのポート番号」(wojmsBrokerHostPort)
	   の設定は無視されます。

     --wojmsAddressListBehavior
	   アドレスリストから、接続先を選択する方法を指定します。
	   PRIORITY:アドレスリストに指定された順番に接続します。
	   RANDOM:ランダムに選択します。デフォルトは PRIORITY で
	   す。

     --wojmsAddressListIterations
	   接続の試行を中止して例外を通知するまでの、アドレスリス
	   トの繰り返し回数を指定します。-1は無制限を意味します。

オペランド
     jndi_name
	   作成されるJMSリソースのJNDI名

使用例
     例1: JMSトピックコネクションファクトリリソースを作成す
     る

     otxadmin> create-jms-resource --user admin
     --password	adminadmin --host bluestar --port 6212
     --restype javax.jms.TopicConnectionFactory	--description
     "example of creating a JMS	Topic connection factory"
     --wojmsDefaultUsername javaee --wojmsDefaultPassword javaee
     jms/TopicConnectionFactory
     Command create-jms-resource executed successfully

     jms/TopicConnectionFactoryはリソースのJNDI名であり、wojmsDe-
     faultUsername とwojmsDefaultPasswordオプションはコネクション
     ファクトリに必要なユーザ名/パスワードを設定しま す。 JMS リ
     ソー スに対するJNDI名は慣習的にjms/ namingサブコンテクストを
     含みます。

     例2: 永続的な予約としてJMSコネクションファクトリリソー
     スを作成する

     otxadmin> create-jms-resource --user admin
     --password	adminadmin --host bluestar --port 6212
     --restype javax.jms.TopicConnectionFactory	--description
     "example of creating a JMS	connection factory"
     --wojmsConfiguredClientID MyID jms/DurableTopicConnectionFactory
     Command create-jms-resource executed successfully

     jms/DurableTopicConnectionFactoryはリソースのJNDI名であ り、
     wojmsConfiguredClientID オプションはコネクションファクトリに
     永続的な予約として使用されるようにクライアントIDを設定 し ま
     す。JMSリソースに対するJNDI名は慣習的にjms/ namingサブコンテ
     クストを含みます。

     例3: JMS送信先リソースの使用法

     otxadmin> create-jms-resource --user admin
     --password	adminadmin --host host_name --port 6212
     --restype javax.jms.Queue
     --wojmsDestinationName MyPhysicalQueue
     --wojmsDestinationDescription "This is sample queue"
     jms/MyQueue
     Command create-jms-resource executed successfully

     jms/MyQueueはリソースのJNDI名であり、wojmsDestinationName オ
     プションはリソースが参照する(create-jmsdestコマンドで生成し
     た)物理的な送信先を指定します。 wojmsDestinationDescription
     オプションは物理的な送信先に関する説明を指定します。

終了ステータス
     0	   コマンド実行成功

     1	   コマンド実行失敗

関連事項
 delete-jms-resource(1) list-jms-resources(1) create-jmsdest(1)