名称
     create-http-listener - 新しいHTTPリスナーソケットの追加

形式
     create-http-listener [ --user  admin_user	]   [  --password
     admin_password ]  [ --host	host_name ]  [ --port port_number
     ]	[ --protocol=rmi|jmxmp ]  [ --passwordfile filename ]	[
     --encrypted=true|false  ]	 [  --terse=true|false	]   [  --
     echo=true|false  ]	  [  --interactive=true|false  ]   [   --
     secure=true|false	]   [ --help ]	--listeneraddress address
     --listenerport listener_port  --defaultvs virtual_server	[
     --servername  server_name	]   [ --acceptorthreads	1 ]  [ --
     xpowered=true ]  [	 --redirectport	 redirect_port	]   [  --
     securityenabled=false  ]	[  --enabled=true  ]   [ --target
     server ]  listener_id

説明
     HTTPリスナを作成します。このコマンドはリモートモードでのみ使
     用できます。

オプション
     -u	--user
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザ名。

	   既にotxadmin loginコマンドでログインしている場 合 は、
	   --userオプションの指定は不要です。

     -w	--password
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザのパ ス ワー
	   ド。

     -H	--host
	   ドメインの運用管理エージェントが起動しているマシン名。

     -p	--port
	   ドメインの運用管理エージェントのポート番号。既定 値 は
	   6212です。

     --protocol
	   ドメインの運用管理エージェントとの接続プロトコルを選択
	   します。指定できるプロトコルは、rmi、jmxmpです。既定値
	   はrmiです。

     --passwordfile
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードを含むファイ
	   ル。

     --encrypted
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードに暗号化され
	   た パスワードを利用する場合に指定します。既定値はfalse
	   です。暗号化されたパスワードの生成にはencryptコマン ド
	   を 使 用してください。このオプションはpasswordfileオプ

	   ションが指定されている場合のみ有効です。

     -t	--terse
	   trueを指定すると、出力データがスクリプトによる処理のた
	   めの簡潔なデータとなります。既定値はfalseです。

     -e	--echo
	   trueを指定すると、標準出力でコマンドライン文が表示され
	   ます。既定値はfalseです。

     -I	--interactive
	   true(既定値)を指定すると、パスワードオプション入力用の
	   プロンプトを表示します。

     -s	--secure
	   trueを指定すると、ドメインの運用管理エージェントとの通
	   信にSSL/TLSを利用します。既定値はfalseです。

     --help
	   コマンドのヘルプを表示します。

     --listeneraddress
	   リスナーアドレスのIPアドレス

     --listenerport
	   リスナソケットを作成するポート番号。有効な値は 1-65535
	   です。UNIXで1-1024ポートで通信するソケットを作成するた
	   めにはスーパーユーザ権限が必要です。443ポートで通信 す
	   るSSL通信ソケットを構成することを推奨します。

     --defaultvs
	   この特定のコネクショングループに対する既定の仮想サーバ
	   のID属性

     --servername
	   クライアントに送信する全てのURLのホスト名の項目に入 力
	   すべきサーバ名を指定して下さい。これはサーバが自動的に
	   生成するURLに影響し、サーバに格納されているディレク ト
	   リ やファイルに対するURLには影響しません。サーバがエイ
	   リアスを使用している場合、エイリアス名を指定してくださ
	   い。	コ ロンとポート番号が追加された場合、そのポートは
	   サーバがクライアントに送信するURLで使用されます。

     --securityenabled
	   HTTPリスナーがSSLで動作するかどうかを決めます。SSL2 ま
	   たはSSL3をONまたはOFFする事ができ、SSL設定を使って暗号
	   を設定できます。サーバインスタンスに利用可能な証明書を
	   作 成することによってセキュリティ設定でSSLが使用可能ま
	   たは使用不可能になります。既定値はfalseです。

     --enabled
	   リソースが動作中に有効化されるかどうかを決定します。既

	   定値はtrueです。

     --acceptcount
	   コネクションリクエストを受け付けて待ち合わせをおこなう
	   キューの長さを指定します。このキューがいっぱいになると
	   リクエストを拒否します。デフォルト値は10です。

     --connectiontimeout
	   クライアントからの接続要求を受け付けた後で、リクエスト
	   の URIを受け付けるまでの待ち時間を設定します。デフォル
	   ト値は60000(60秒)です。

     --buffersize
	   コネクタで入力に利用するバッファのサイズをバイト数で指
	   定します。デフォルト値は2048(バイト)です。

     --enablelookups
	   Webアプリケーションでrequest.getRemoteHost()をつかう場
	   合には true を設定してください。デフォルト値は true で
	   す。

     --minprocessors
	   このコネクタがスタートしたときに生成するスレッドの数を
	   指定します。デフォルト値は5です。

     --maxprocessors
	   このコネクタが生成する最大スレッドの数を指定します。デ
	   フォルト値は20です。

     --limitprocessors
	   スレッド数の監視を行うスレッド数の閾値を設定します。デ
	   フォルト値は15です。

     --listenerprotocol
	   このコネクタが扱うプロトコルを指定します。HTTPプロトコ
	   ル を 処理する場合には、HTTP/1.1 を指定します。外部Web
	   サーバを連携する場合には、AJP/1.3 を指定します。デフォ
	   ルト値は HTTP/1.1 です。

オペランド
     listener_id
	   HTTPリスナのリスナID

使用例
     例1: create-http-listenerの使用法

     otxadmin> create-http-listener --user admin --password adminadmin
     --host bluestar --port 6212 --listeneraddress 0.0.0.0
     --listenerport 7272 --defaultvs server --servername host_name.red.webotx.nec.com
     --securityenabled=false --enabled=false sampleListener
     Command create-http-listener executed successfully

     sampleListenerは作成されるHTTPリスナです。

終了ステータス
     0	   コマンド実行成功

     1	   コマンド実行失敗

関連事項
 delete-http-listener(1) list-http-listeners(1)