名称
     add-alivecheck-monitor - アライブチェックモニターの登録

形式
     add-alivecheck-monitor [ --user admin_user	]   [  --password
     admin_password ]  [ --host	host_name ]  [ --port port_number
     ]	[ --protocol=rmi|jmxmp ]  [ --passwordfile filename ]	[
     --encrypted=true|false  ]	 [  --terse=true|false	]   [  --
     echo=true|false  ]	  [  --interactive=true|false  ]   [   --
     secure=true|false	]  [ --help ]  [ --autostart=true|false	]
     [	       --period=period		]	    [	       --
     attributevalues=starting|running|stopping|stopped|failed	]
     [ --runningwaitperiod=runningwaitperiod ]	observedobject

説明
     add-alivecheck-monitorはアライブチェックモニターを登録 し ま
     す。

オプション
     -u	--user
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザ名。

	   既にotxadmin loginコマンドでログインしている場 合 は、
	   --userオプションの指定は不要です。

     -w	--password
	   ドメインの運用管理エージェントの管理ユーザのパ ス ワー
	   ド。

     -H	--host
	   ドメインの運用管理エージェントが起動しているマシン名。

     -p	--port
	   ドメインの運用管理エージェントのポート番号。既定 値 は
	   6212です。

     --protocol
	   ドメインの運用管理エージェントとの接続プロトコルを選択
	   します。指定できるプロトコルは、rmi、jmxmpです。既定値
	   はrmiです。

     --passwordfile
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードを含むファイ
	   ル。

     --encrypted
	   ドメインの運用管理エージェントのパスワードに暗号化され
	   た パスワードを利用する場合に指定します。既定値はfalse
	   です。暗号化されたパスワードの生成にはencryptコマン ド
	   を 使 用してください。このオプションはpasswordfileオプ
	   ションが指定されている場合のみ有効です。

     -t	--terse
	   trueを指定すると、出力データがスクリプトによる処理のた
	   めの簡潔なデータとなります。既定値はfalseです。

     -e	--echo
	   trueを指定すると、標準出力でコマンドライン文が表示され
	   ます。既定値はfalseです。

     -I	--interactive
	   true(既定値)を指定すると、パスワードオプション入力用の
	   プロンプトを表示します。

     -s	--secure
	   trueを指定すると、ドメインの運用管理エージェントとの通
	   信にSSL/TLSを利用します。既定値はfalseです。

     --help
	   コマンドのヘルプを表示します。

     --autostart
	   登録後の監視開始の要否を指定します。trueを指定し た 場
	   合、モニター登録後直ちに監視処理が開始されます。

     --period
	   監視間隔(ミリ秒)を 500 から 2147483647 までの範囲で 指
	   定します。

     --attributevalues
	   監視対象属性のリストをコロン(:)で区切って指定しま す。
	   監視対象属性は、starting、running、stopping、stopped、
	   failedのいずれかです。

     --runningwaitperiod
	   非アライブ状態の際にイベントを発行させる間隔(ミリ秒)を
	   500 から 2147483647 までの範囲で指定します。

オペランド
     observedobject
	   モニターによる監視可能なドット付きの名前を指定します。

使用例
     例1: add-alivecheck-monitorの使用法

     otxadmin> add-alivecheck-monitor --user admin --password adminadmin
	  --host bluestar --port 6212 --period 5000 --attributevalues stopping:stopped:failed --runningwaitperiod 20000	server.jms-service
	 コマンド add-alivecheck-monitor は正常に実行されました。

終了ステータス
     0	   コマンド実行成功

     1	   コマンド実行失敗

関連事項
 add-counter-monitor(1) add-gauge-monitor(1) add-string-monitor(1) list-monitors(1) delete-monitor(1)