概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
WebServer -  Webサーバ(Apache)
定義:
ObjectName
{0}:j2eeType=WebServer,name={2},J2EEServer={1},category=runtime
CLIName
server.WebServer

属性の概要
ServerRoot (ServerRoot)
Webサーバが動作するルートディレクトリです。
conf-file (定義情報ファイル)
HTTP通信用の定義情報ファイルです。
port (ポート番号)
HTTP通信で利用するリクエスト受け付け用ポート番号です。
security-enabled (SSL(HTTPS通信)の使用の有無)
SSLを利用したセキュアな通信(HTTPS通信)を行うかどうかを設定します。
ssl-conf-file (HTTPS通信用の定義情報ファイル)
HTTPS通信用の定義情報ファイルです。
ssl-port (HTTPS通信用のポート番号)
HTTPS通信で利用するポート番号です。
Version (バージョン情報)
Webサーバのバージョン情報です。
ServerName (ServerName)
Webサーバのサーバ名です。
DocumentRoot (DocumentRoot)
ブラウザで表示するルートディレクトリです。
ErrorLog (ErrorLog)
エラーログの出力先です。
LogLevel (LogLevel)
エラーログの出力レベルです。
MaxClients (最大同時接続数)
最大同時接続数です。
AccessLog (アクセスログ出力先と出力フォーマット)
アクセスログの出力先と出力フォーマットです。
AccesslogTat (「リクエスト処理時間(秒)」情報の出力)
アクセスログにWebサーバのリクエスト処理時間(秒)を出力するかどうかを設定します。
Rotatelog (アクセスログのローテーション)
アクセスログをローテーション出力するかどうかを設定します。
RotationTime (ローテーション間隔)
ローテーション設定が有効の場合、ローテーション時間(秒)を設定します。
state (状態)
状態を表示します。
monitorAutoStart (アライブチェックモニタの自動登録を行う)
アライブチェックモニタの自動登録を行う
monitorGranularityPeriod (監視間隔(ミリ秒単位))
監視間隔(ミリ秒単位)
monitorRunningWaitPeriod (イベントを連続発生させる間隔(ミリ秒単位))
監視対象リソースがアライブ中でない状態が続く場合にイベントを発生させる間隔(ミリ秒単位)。0の場合このイベントは発生しない
eventProvider (イベント処理の可否)
チェックされている場合、管理対象内でのイベント発生時における通知(Notification)の発行処理が行われます。

操作の概要
start (Webサーバの開始)
Webサーバを開始します。
stop (Webサーバの停止)
Webサーバを停止します。
setDirective (定義情報の追加)
定義情報を定義情報ファイルに追加します。


属性の詳細
ServerRoot (ServerRoot)

Webサーバが動作するルートディレクトリです。

詳細:
Webサーバが動作するルートディレクトリ(定義情報ファイルに設定されている ServerRoot 指示子)の設定値です。
通常、この値は ${com.nec.webotx.instanceRoot} と同じ値となります。
本設定値を変更することはできません。変更する場合には、ドメインの再作成 を行ってください。
型:
java.lang.String

conf-file (定義情報ファイル)

HTTP通信用の定義情報ファイルです。

詳細:
Webサーバが参照する定義情報ファイル(httpd.conf)です。
型:
java.lang.String

port (ポート番号)

HTTP通信で利用するリクエスト受け付け用ポート番号です。

詳細:
HTTP通信で利用するポート番号(定義情報ファイルに設定されている Listen/Port 指示子)の情報です。
<ポート番号>だけでなく、<IPアドレス>:<ポート番号>の形式で設定をすることも可能です。

(IPv4アドレスとIPv6アドレスを利用する場合の設定例)
0.0.0.0:80
[::]:80

(特定のIPアドレスを利用する場合の設定例)
12.34.56.78:80
型:
java.lang.String[]

security-enabled (SSL(HTTPS通信)の使用の有無)

SSLを利用したセキュアな通信(HTTPS通信)を行うかどうかを設定します。

詳細:
HTTPS通信を有効にするかどうかを設定します。
型:
java.lang.Boolean

ssl-conf-file (HTTPS通信用の定義情報ファイル)

HTTPS通信用の定義情報ファイルです。

詳細:
HTTPS通信用の定義情報ファイルです。
SSL設定が有効の場合に設定(変更)可能です。
型:
java.lang.String

ssl-port (HTTPS通信用のポート番号)

HTTPS通信で利用するポート番号です。

詳細:
HTTPS通信で利用するポート番号(HTTPS用の定義情報ファイルに設定されている Listen/Port 指示子)の情報です。
SSL設定が有効の場合にのみ設定可能です。
複数のHTTPS用ポート番号を追加する場合には、HTTPS通信用の定義情報ファイルに <VirtualHost> 指示子の設定を、追加したポート番号毎に別途追加する必要があります。
型:
java.lang.String[]

Version (バージョン情報)

Webサーバのバージョン情報です。

詳細:
Webサーバのバージョン情報を表示します。
型:
java.lang.String

ServerName (ServerName)

Webサーバのサーバ名です。

詳細:
サーバ名(定義情報ファイルに設定されている ServerName 指示子)の情報です。
型:
java.lang.String

DocumentRoot (DocumentRoot)

ブラウザで表示するルートディレクトリです。

詳細:
ブラウザが表示するルートディレクトリ(定義情報ファイルに設定されている DocumentRoot 指示子)の情報です。
本設定を変更した場合、定義情報ファイルにおいて <Directiry>指示子で、変更したディレクトリに対するアクセス情報を別途設定する必要があります。
型:
java.lang.String

ErrorLog (ErrorLog)

エラーログの出力先です。

詳細:
Webサーバのエラーログの出力先(定義情報ファイルに設定されている ErrorLog 指示子)の情報です。
型:
java.lang.String

LogLevel (LogLevel)

エラーログの出力レベルです。

詳細:
Webサーバのエラーログレベル(定義情報ファイルに設定されている LogLevel 指示子)の情報です。
設定可能な値は、debug, info, notice, warn, error, crit, alert, emerg です。
デフォルト値は warn です。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
debug 
info 
notice 
warn 
error 
crit 
alert 
emerg 

MaxClients (最大同時接続数)

最大同時接続数です。

詳細:
最大同時接続数(定義情報ファイルに設定されている MaxClients/ThreadPerChild 指示子)の情報です。
設定可能な値は 1-4096です。
型:
java.lang.Integer
値の範囲:
1-4096

AccessLog (アクセスログ出力先と出力フォーマット)

アクセスログの出力先と出力フォーマットです。

詳細:
Webサーバのアクセスログ(HTTP通信)の出力先(定義情報ファイルの CustomLog指示子)と、出力フォーマット(定義情報ファイルの LogFormat指示子で定義されているニックネーム) の情報を設定します。

(設定例)
logs/WebServer/access.log common
型:
java.lang.String

AccesslogTat (「リクエスト処理時間(秒)」情報の出力)

アクセスログにWebサーバのリクエスト処理時間(秒)を出力するかどうかを設定します。

詳細:
アクセスログに「リクエスト処理に要した時間(秒)」の情報を出力するかを設定します。
本設定を有効にすると、アクセスログの出力フォーマットの最後の情報に <リクエスト処理に要した時間(秒)> が追加されます。
本設定は、HTTP通信用のアクセスログにのみ適用されます。

(本設定を有効にした場合のアクセスログの出力例)
127.0.0.1 - - [21/Nov/2007:13:55:36 +0900] ''GET /manual/ HTTP/1.1'' 200 7529 0
この出力例では、一番最後に出力されている情報(0) が「リクエスト処理に要した時間(秒)」となり、1秒未満でリクエストを処理したことを意味します。
型:
java.lang.Boolean

Rotatelog (アクセスログのローテーション)

アクセスログをローテーション出力するかどうかを設定します。

詳細:
アクセスログをローテーション出力するかを設定します。
本設定を有効にすると、アクセスログが「ローテーション時間」で設定した時間ごとに個別に出力されます。
本設定は、HTTP通信用のアクセスログにのみ適用されます。
型:
java.lang.Boolean

RotationTime (ローテーション間隔)

ローテーション設定が有効の場合、ローテーション時間(秒)を設定します。

詳細:
アクセスログのローテーション設定を有効にした場合、ローテーション間隔を秒単位で設定します。
デフォルト値は 86400(秒)、つまり 24時間毎にローテーションを行います。
型:
java.lang.String

state (状態)

状態を表示します。

詳細:
状態を表示します。
状態が数値で示されている場合、その数値は次の意味を持ちます。
0:起動処理中
1:起動中
2:停止処理中
3:停止中
4:起動/停止処理失敗
型:
java.lang.Integer
値の有効範囲:
起動処理中
起動中
停止処理中
停止
起動停止処理失敗

monitorAutoStart (アライブチェックモニタの自動登録を行う)

アライブチェックモニタの自動登録を行う

詳細:
アライブチェックモニタの自動登録を行います。
型:
java.lang.Boolean

monitorGranularityPeriod (監視間隔(ミリ秒単位))

監視間隔(ミリ秒単位)

詳細:
アライブチェックモニタの監視間隔(ミリ秒単位)
型:
java.lang.Long
最小値:
500

monitorRunningWaitPeriod (イベントを連続発生させる間隔(ミリ秒単位))

監視対象リソースがアライブ中でない状態が続く場合にイベントを発生させる間隔(ミリ秒単位)。0の場合このイベントは発生しない

詳細:
監視対象リソースがアライブ中でない状態が続く場合にイベントを発生させる間隔です(ミリ秒単位)。0の場合このイベントは発生しません。
型:
java.lang.Long
最小値:
0

eventProvider (イベント処理の可否)

チェックされている場合、管理対象内でのイベント発生時における通知(Notification)の発行処理が行われます。

型:
java.lang.Boolean

操作の詳細
start (Webサーバの開始)

Webサーバを開始します。

詳細:
Webサーバを開始します。
戻り値:
void
引数:
なし

stop (Webサーバの停止)

Webサーバを停止します。

詳細:
Webサーバを停止します。
戻り値:
void
引数:
なし

setDirective (定義情報の追加)

定義情報を定義情報ファイルに追加します。

詳細:
定義情報を追加します。追加した定義情報を反映するには、Webサーバの再起動が必要です。
戻り値:
void
引数:
directive - java.lang.String
定義情報ファイルに追加する定義情報を <指示子> <設定値> の形式で指定します。
指定された定義情報がすでに定義情報ファイルに存在する場合、設定した値に更新します。

(定義情報の設定例)
MaxRequestsPerChild 1000