概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
TSXaResource -  Transactionサービスで、トランザクションのリカバリ処理を行うために使用するリソース定義です。
定義:
ObjectName
{0}:J2EEServer={1},TransactionService={2},TSResources={3},j2eeType=TSXaResource,name={4},category=runtime
CLIName
server.transactionservice.resources.cppxa-resource.{4}

属性の概要
name (リソース名)
C++ XAリソースの名前を指定します。
xa-resource-type (XAリソースタイプ)
データベースまたはメッセージキューベンダが提供するイン タ フェースの種別を表わす文字列を指定します。
open-string (オープン文字列)
データベースに接続するために使用する文字列を指定します。
close-string (クローズ文字列)
データベースから切断するために使用する文字列を指定します。(指定不要)
status (接続状態)
データベースとの接続状態を指定します。

操作の概要
start (リソースの開始)
リソースの開始と、データベースを接続します。
stop (リソースの停止)
リソースの停止と、データベースを接続解除します。
list (トランザクションの一覧表示)
リカバリ操作を行う必要があるトランザクションを一覧表示します。
commit (トランザクションのコミット)
トランザクションをコミットします。
rollback (トランザクションのロールバック)
トランザクションをロールバックします。
forget (トランザクションのフォゲット)
トランザクションをフォゲットします。
delete (トランザクションの削除)
トランザクションを削除します。
createXaApResource (AP用C++ XAリソースの登録)
AP用C++ XAリソースの定義を登録します。
deleteXaApResource (AP用C++ XAリソースの削除)
AP用C++ XAリソースの定義を削除します。


属性の詳細
name (リソース名)

C++ XAリソースの名前を指定します。

型:
java.lang.String

xa-resource-type (XAリソースタイプ)

データベースまたはメッセージキューベンダが提供するイン タ フェースの種別を表わす文字列を指定します。

詳細:
データベースまたはメッセージキューベンダが提供するイン タ フェースの種別を表わす文字列を指定します。
Oracle_XA11G : Oracle 11gのXAインタフェースを使用します。
Oracle_XA10G : Oracle 10g のXA インタフェースを使用します。
Oracle_XA91 : Oracle 9i のXA インタフェースを使用します。
Oracle_AX10G : Oracle 10g のAX インタフェースを使用します。
Oracle_AX91 : Oracle 9i のAX インタフェースを使用します。
型:
java.lang.String

open-string (オープン文字列)

データベースに接続するために使用する文字列を指定します。

詳細:
データベースに接続するために使用する文字列を指定します。Oracleを使用する場合は、オープン文字列を指定します。
オープン文字列の詳細は、Oracleのリファレンスマニュアルを参照してください。
IBM WebSphere MQを使用する場合は、キュー管理プログラム名を指定します。Microsoft SQL Serverを使用する場合は指定しません。
型:
java.lang.String

close-string (クローズ文字列)

データベースから切断するために使用する文字列を指定します。(指定不要)

詳細:
クローズ文字列を指定する必要はありません。
型:
java.lang.String

status (接続状態)

データベースとの接続状態を指定します。

詳細:
データベースとの接続状態を指定します。値は、OpenedとClosing、Closedのいずれかになります。
型:
java.lang.String

操作の詳細
start (リソースの開始)

リソースの開始と、データベースを接続します。

詳細:
リソースの開始とデータベースとの接続を行います。
戻り値:
void
引数:
なし

stop (リソースの停止)

リソースの停止と、データベースを接続解除します。

詳細:
リソースの停止と、データベースとの接続解除を行います。
戻り値:
void
引数:
なし

list (トランザクションの一覧表示)

リカバリ操作を行う必要があるトランザクションを一覧表示します。

詳細:
リカバリ操作を行う必要があるトランザクションの一覧を表示します。
戻り値:
java.lang.String[]
引数:
なし

commit (トランザクションのコミット)

トランザクションをコミットします。

詳細:
指定されたトランザクションをコミットします。
戻り値:
void
引数:
in_shortTxId - java.lang.String
トランザクションの識別子を指定します。識別子は、listオペレーションで取得できます。


rollback (トランザクションのロールバック)

トランザクションをロールバックします。

詳細:
指定されたトランザクションをロールバックします。
戻り値:
void
引数:
in_shortTxId - java.lang.String
トランザクションの識別子を指定します。識別子は、listオペレーションで取得できます。


forget (トランザクションのフォゲット)

トランザクションをフォゲットします。

詳細:
指定されたトランザクションをフォゲットします。
戻り値:
void
引数:
in_shortTxId - java.lang.String
トランザクションの識別子を指定します。識別子は、listオペレーションで取得できます。


delete (トランザクションの削除)

トランザクションを削除します。

詳細:
指定されたトランザクションを削除します。
戻り値:
void
引数:
in_shortTxId - java.lang.String
トランザクションの識別子を指定します。識別子は、listオペレーションで取得できます。


createXaApResource (AP用C++ XAリソースの登録)

AP用C++ XAリソースの定義を登録します。

詳細:
AP用C++ XAリソースの定義を登録します。
戻り値:
void
引数:
in_ResourceName - java.lang.String
AP用C++ XAリソースの名前を指定します。

in_XaResourceType - java.lang.String
データベースまたはメッセージキューベンダが提供するイン タ フェースの種別を表わす文字列を指定します。
値の有効範囲:
Oracle_XA10G  Oracle10gのXAインタフェース
Oracle_XA91  Oracle9iのXAインタフェース
Oracle_XA81  Oracle8iのXAインタフェース
Oracle_XA80  Oracle8.0のXAインタフェース
Oracle_AX10G  Oracle10gのAXインタフェース
Oracle_AX91  Oracle9iのAXインタフェース
Oracle_AX81  Oracle8iのAXインタフェース
Oracle_AX80  Oracle8.0のAXインタフェース
Oracle_XA11G  Oracle11gのXAインタフェース

in_OpenString - java.lang.String
データベースに接続するために使用する文字列として、デフォルト値として設定されている形式のオープン文字列を指定します。

in_CloseString - java.lang.String
クローズ文字列を指定する必要はありません。


deleteXaApResource (AP用C++ XAリソースの削除)

AP用C++ XAリソースの定義を削除します。

詳細:
AP用C++ XAリソースの定義を削除します。
戻り値:
void
引数:
in_ResourceName - java.lang.String
AP用C++ XAリソースの名前を指定します。