概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
jndi-service
定義:
ObjectName
{0}:type=jndi-service,config={1},category=config
CLIName
server.jndi-service

属性の概要
emptize-exception-stack-trace (例外スタックトレースを空にする )
trueのとき、JNDIサーバはスタックトレースを空にしてから例外をスローします。(既定値:true)
strictly-synchronization (厳密な同期処理)
厳密な同期処理を行うかどうかを選択します。
startup-cns-retry-interval (通信リトライ間隔(CNS))
JNDIサーバの起動中に行う、CNSとの通信リトライ間隔を指定します。CNSと連携しない場合はこの設定は使われません。(単位:秒、既定値:1)
cnsurl (キャッシュ名前サーバ(CNS)のURL)
キャッシュ名前サーバ(CNS)のURLのリストをカンマで区切って指定します。
cns-interval (通信間隔(CNS))
JNDIサーバの起動完了後の、CNSとの通信リトライ間隔を指定します。CNSと連携しない場合はこの設定は使われません。(単位:秒)
bindings (名前一覧)
JNDIサーバに登録されている名前
server-name (JNDIサーバ識別名)
JNDIサーバを識別する名前を指定します。
unbind-and-destroy-as-spec (unbindおよびdestroySubcontextのJNDI仕様どおりの動作)
trueのとき、unbindおよびdestroySubcontextメソッドがJNDI仕様どおり冪等になります。(既定値:false)
persistent-backupinterval (永続化ファイルのバックアップ間隔)
何回名前情報が更新されたら永続化ファイルをバックアップするかを指定します。永続化を行わない場合はこの設定は使用されません。(単位:回、既定値:1)
persistent-storedir-backup (永続化ファイルのバックアップ先)
バックアップ先のディレクトリ名を指定します。永続化を行わない場合はこの設定は使用されません。
startup-cosnaming-retry-interval (通信リトライ間隔(CosNaming))
JNDIサーバの起動時に行われる、CosNamingサーバへのオブジェクトリファレンス登録の通信リトライ間隔を指定します。(単位:秒、既定値:1)
bind-to-nameservice (CosNamingサーバへの登録)
CosNamingサーバにJNDIサーバのリファレンスを登録するかどうかを指定します。
url (CosNamingサーバのURL)
連携するCosNamingサーバのURLを指定します。複数のCosNamingサーバと連携する場合は、URLをカンマ区切りで列挙します。
persistent-maxsize (永続化ファイル最大サイズ)
永続化ファイルの最大サイズを指定します。永続化を行わない場合はこの設定は使用されません。(単位:Kbyte、既定値:0)
remote (リモートアクセスのサポート)
リモートアクセスをサポートするかどうかを指定します。(既定値:サポートする)
startup-cosnaming-retry-interval-if-limit-over (一定以上失敗した際の通信リトライ間隔(CosNaming))
20回失敗した後の、CosNamingサーバへのオブジェクトリファレンス登録の通信リトライ間隔を指定します。(単位:秒、既定値:2)
startup-cosnaming-wait-timeout (JNDIサーバリファレンス登録タイムアウト)
起動時のCosNamingサーバへのJNDIサーバリファレンスの登録の最大待ち時間を指定します。(単位: 秒, 既定値:120)
persistent-storedir (永続化ファイル格納先)
永続化ファイルの格納先のディレクトリ名を指定します。永続化を行わない場合はこの設定は使用されません。

操作の概要
unbindRemoteReference (リモートリファレンスのアンバインド)
リモートリファレンスをアンバインドします
bindRemoteReference (リモートリファレンスのバインド)
リモートリファレンスをバインドします


属性の詳細
emptize-exception-stack-trace (例外スタックトレースを空にする )

trueのとき、JNDIサーバはスタックトレースを空にしてから例外をスローします。(既定値:true)

詳細:
trueのとき、JNDIサーバはスタックトレースを空にしてから例外をスローします。(既定値:true)
型:
java.lang.Boolean

strictly-synchronization (厳密な同期処理)

厳密な同期処理を行うかどうかを選択します。

詳細:
この項目がチェックされると、JNDIサーバの同期処理が厳密化されます。厳密な同期処理を行うと、オブジェクトの更新日時が違う場合、更新日時が新しい方が正しいエントリと判断されそれで上書きされます。既定値はfalseです。
型:
java.lang.Boolean

startup-cns-retry-interval (通信リトライ間隔(CNS))

JNDIサーバの起動中に行う、CNSとの通信リトライ間隔を指定します。CNSと連携しない場合はこの設定は使われません。(単位:秒、既定値:1)

詳細:
既定値は1秒です。
型:
java.lang.Integer

cnsurl (キャッシュ名前サーバ(CNS)のURL)

キャッシュ名前サーバ(CNS)のURLのリストをカンマで区切って指定します。

詳細:
キャッシュ名前サーバを経由してJNDIサーバを使用する場合にキャッシュ名前サーバのURLのリストをカンマで区切って指定します。(例)corbaname://host1:9829, corbaname://host2:9829 なお、既定値は指定なしです。
型:
java.lang.String

cns-interval (通信間隔(CNS))

JNDIサーバの起動完了後の、CNSとの通信リトライ間隔を指定します。CNSと連携しない場合はこの設定は使われません。(単位:秒)

詳細:
既定値は60秒です。
型:
java.lang.Integer

bindings (名前一覧)

JNDIサーバに登録されている名前

詳細:
JNDIサーバに登録されている名前の一覧です
型:
java.lang.String[][]

server-name (JNDIサーバ識別名)

JNDIサーバを識別する名前を指定します。

詳細:
JNDIサーバを二重化する場合、それぞれのJNDIサーバを識別するための名前を指定します。指定がない場合は 「ローカルホスト名:ドメイン名」 が使用されます。
ドメインが正常に停止できなかった後でこの値が変わるとJNDIサーバの動作が不正になる場合があります。
JNDIサーバが動作するホストが仮想ホスト名を持ち、その仮想ホスト名が変わる場合、この値を他のドメインと重ならない任意の固定文字列に設定してください。
型:
java.lang.String

unbind-and-destroy-as-spec (unbindおよびdestroySubcontextのJNDI仕様どおりの動作)

trueのとき、unbindおよびdestroySubcontextメソッドがJNDI仕様どおり冪等になります。(既定値:false)

詳細:
trueのとき、unbindおよびdestroySubcontextメソッドがJNDI仕様どおり冪等になります。(既定値:false)
型:
java.lang.Boolean

persistent-backupinterval (永続化ファイルのバックアップ間隔)

何回名前情報が更新されたら永続化ファイルをバックアップするかを指定します。永続化を行わない場合はこの設定は使用されません。(単位:回、既定値:1)

詳細:
既定値は1です。1の場合は、名前情報が更新されるたびにバックアップを行います。
型:
java.lang.Integer

persistent-storedir-backup (永続化ファイルのバックアップ先)

バックアップ先のディレクトリ名を指定します。永続化を行わない場合はこの設定は使用されません。

詳細:
既定値は、${INSTANECE_ROOT}/config/jndisp/store です。
型:
java.lang.String

startup-cosnaming-retry-interval (通信リトライ間隔(CosNaming))

JNDIサーバの起動時に行われる、CosNamingサーバへのオブジェクトリファレンス登録の通信リトライ間隔を指定します。(単位:秒、既定値:1)

詳細:
既定値は2秒です。
型:
java.lang.Integer

bind-to-nameservice (CosNamingサーバへの登録)

CosNamingサーバにJNDIサーバのリファレンスを登録するかどうかを指定します。

詳細:
CosNamingサーバにJNDIサーバのリファレンスを登録するかどうかを指定します。登録を行う場合、登録が成功するまでドメイン起動処理の待ち合わせを行います。JNDIプロバイダURLに rmiiiop: 形式を用いる場合は登録は不要です。
型:
java.lang.Boolean

url (CosNamingサーバのURL)

連携するCosNamingサーバのURLを指定します。複数のCosNamingサーバと連携する場合は、URLをカンマ区切りで列挙します。

詳細:
連携するCosNamingサーバのURLのリストをカンマで区切って指定します。(例)corbaname://host, corbaname://host2 なお、指定しない場合は自ドメインのCosNamingサーバが使用されます
型:
java.lang.String

persistent-maxsize (永続化ファイル最大サイズ)

永続化ファイルの最大サイズを指定します。永続化を行わない場合はこの設定は使用されません。(単位:Kbyte、既定値:0)

詳細:
既定値は0です。
型:
java.lang.String

remote (リモートアクセスのサポート)

リモートアクセスをサポートするかどうかを指定します。(既定値:サポートする)

詳細:
他のプロセスからJNDIにアクセスできるかどうかを指定します。HTTPセッションレプリケーション機能、リモートインタフェースを持つEJB、またはJMSを使用する場合、リモートアクセス可能である必要があります。
リモートアクセス可能の場合、Object Brokerのサービス起動が必須となります。
型:
java.lang.Boolean

startup-cosnaming-retry-interval-if-limit-over (一定以上失敗した際の通信リトライ間隔(CosNaming))

20回失敗した後の、CosNamingサーバへのオブジェクトリファレンス登録の通信リトライ間隔を指定します。(単位:秒、既定値:2)

詳細:
既定値は2秒です。
型:
java.lang.Integer

startup-cosnaming-wait-timeout (JNDIサーバリファレンス登録タイムアウト)

起動時のCosNamingサーバへのJNDIサーバリファレンスの登録の最大待ち時間を指定します。(単位: 秒, 既定値:120)

詳細:
CosNamingサーバのJNDIサーバのリファレンスを登録する際の最大待ち合わせ時間を指定します(単位:秒)。CosNamingサーバへの登録がfalseの場合はこの値は使用されません。既定値は120秒です。
型:
java.lang.Integer

persistent-storedir (永続化ファイル格納先)

永続化ファイルの格納先のディレクトリ名を指定します。永続化を行わない場合はこの設定は使用されません。

詳細:
既定値は、${INSTANECE_ROOT}/config/jndisp/store です。
型:
java.lang.String

操作の詳細
unbindRemoteReference (リモートリファレンスのアンバインド)

リモートリファレンスをアンバインドします

戻り値:
void
引数:
なし

bindRemoteReference (リモートリファレンスのバインド)

リモートリファレンスをバインドします

戻り値:
void
引数:
なし