概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
jdbc-datasource -  JDBCデータソース
定義:
ObjectName
{0}:type=jdbc-datasource,name={1},category=config
CLIName
domain.resources.jdbc-datasource.{1}

属性の概要
dataSourceType (データソースの種別)
JDBCドライバベンダが提供するインタフェースの種別を表わす文字列を指定します。[必須]
jndiName (JNDIサーバへの登録名)
JNDIサーバへの登録名(JDBCデータソースを一意に表わす名前)を指定します。[必須]
jdbcMajorVersion (JDBC仕様のメジャーバージョン)
JDBCドライバがサポートするJDBCのメジャーバージョン番号を指定します。[必須]
jdbcMinorVersion (JDBC仕様のマイナーバージョン)
JDBCドライバがサポートするJDBCのマイナーバージョン番号を指定します。
useJTA (JTA連携有無)
JTAと連携するかどうかを表わすブール値を指定します。
description (JDBCデータソースについての説明)
JDBCデータソースの説明(任意の文字列)を指定します。
dataSourceName (JDBC URLまたはデータベース名、データソース名)
JDBC URLまたはデータベース名、データソース名を指定します。[必須]
userName (ユーザ名)
データベースと接続するためのユーザ名を指定します。
password (パスワード)
データベースと接続するためのパスワードを指定します。
serverName (サーバ名)
データベースサーバのサーバ名を指定します。
portNumber (ポート番号)
データベースサーバのポート番号を指定します。
use-jmx-agent (JMXエージェント上でロードするかどうかを指定)
JDBCデータソースをJMXエージェント上でロードするかどうかを指定します。
use-all-ejb-processgroups (全てのEJBプロセスグループで使用するかどうか)
全てのEJBプロセスグループで使用するかどうかを指定します。
minPoolSize (最小プールサイズ)
プールに常時保持されるコネクション数を指定します。
maxPoolSize (最大プールサイズ)
プールに保持される最大のコネクション数を指定します。
initialPoolSize (初期プールサイズ)
プール生成時に作成されるコネクション数を指定します。
maxIdleTime (無通信時間の上限)
コネクションが未使用状態のままプールされ続ける時間を指定します。(単位:秒)
propertyCycle (プロパティ置換までの待機時間)
動作中のJDBCデータソースが使用するプロパティ値を強制的に変更するまでの待ち時間を指定します。(単位:秒)
resetAllConnectionsOnFailure (コネクションの一括破棄可否)
コネクション障害発生時にプールの全コネクションを一括破棄するかどうかを表わすブール値を指定します。
reconnectInitialPool (初期接続の接続リトライ使用有無)
初期接続の接続リトライを行うかどうかを表すブール値を指定します。
waitFreeConnTimeout (空きコネクション取得時の待ち合わせ)
最大プール数のJDBCコネクションが全て使用中の場合に、空きコネクションが取得できるまで待ち合わせる時間を指定します。(単位:秒)
maxStatements (ステートメントの最大プール数)
ステートメントの最大プール数を指定します。
loginTimeout (ログインタイムアウト)
コネクション接続時のタイムアウト時間を指定します。(単位:秒)
connectRetryMax (接続リトライ回数)
接続失敗時のリトライ回数を指定します。
connectRetryInterval (接続リトライ間隔)
接続失敗時のリトライ間隔を指定します。(単位:秒)
defaultAutoCommit (自動コミットのデフォルト値)
コネクション払い出し直後の自動コミットの値を指定します。
shrinkDelayTime (コネクション解放までの待ち合わせ時間)
コネクション解放までの待ち合わせ時間を指定します。(単位:秒)
queryTimeout (クエリータイムアウト)
java.sql.Statementに指定するクエリのタイムアウト時間(単位:秒)を指定します。
readTimeout (ソケットの読み取りタイムアウト)
ソケットの読み取りタイムアウト時間を指定します。(単位:秒)
driverVenderProperties (JDBCドライバの独自プロパティ)
JDBCドライバの独自プロパティを指定します。例: property1=value1,property2=value2
transactionIsolationLevel (トランザクション遮断レベル)
トランザクション遮断レベルを指定します。
checkGarbageOption (コネクションのガベージコレクト機能の動作オプション)
コネクションのガベージコレクト機能における動作オプションを指定します。
checkGarbageInterval (コネクションのガベージコレクト間隔)
System.gc()を呼び出す間隔を指定します。(単位:秒)
checkServerOption (データベースサーバの状態監視オプション)
データベースサーバの状態監視オプションを指定します。
checkServerInterval (データベースサーバの状態監視間隔)
データベースサーバの状態監視間隔を指定します。(単位:秒)
checkServerCommand (データベースサーバの状態監視コマンド)
データベースサーバの状態監視コマンドとして使用するSQL命令を指定します。
useOneConnectionPerTransaction (JTAのトランザクション毎に1つの物理コネクションを使用するかどうか)
JTAのトランザクション毎に1つの物理コネクションを使用するかどうかを指定します。
useDatabaseCluster (データベースクラスタの使用有無)
データベースのクラスタ構成サポート機能の使用有無を指定します。
useMultiUsersPerTransaction (トランザクション毎の複数ユーザ使用有無)
JTAのトランザクション内で、接続先が同じデータベースの、複数ユーザのJDBCコネクションを使用するかどうかを表すブール値を指定します。
clusterPoolOption (コネクションプールのクラスタ動作オプション)
コネクションプールのクラスタ動作オプションを指定します。
clusterPoolNames (クラスタ対象のJDBCデータソース名リスト)
コネクションプールのクラスタ対象のJDBCデータソース名リストを指定します。 例: jdbc/DB1,jdbc/DB2
validAllClusterConnectionsOnFailure (障害時の再接続処理ポリシー)
障害時に全てのデータベースと再接続を試みるかどうかを表すブール値を指定します。
clusterPoolWeight (クラスタプールの重み)
クラスタ機能のラウンドロビン呼び出しで、データベースサーバを連続して呼び出す回数を指定します。
maxSqlRankingCount (SQLの最大ランキング数)
SQLランキング情報で、ログに出力するランキングの数の上限を指定します。
maxSqlTraceLength (最大SQL文字列長)
SQLランキング情報で、ログに出力するSQL文字列の長さの上限(単位:バイト)を指定します。
wrapStatement (ステートメントのラップ有無)
java.sql.StatementクラスをWebOTXの実装クラスでラップするかどうかを指定します。
customizeTemplate (カスタマイズテンプレート )
JDBCデータソースをカスタマイズするために使用するテンプレートを指定します。ただし、プールサイズは、アプリケーションの動作スレッド数に応じて調整してください。カスタマイズの更新後に再表示の操作が必要です。
iPXdaConfigDirectoryName (定義ファイルの格納ディレクトリ名)
定義ファイルの格納ディレクトリ名を指定します。
iPXdaConfigFileName (動作環境定義ファイル名)
動作環境定義ファイル名を指定します。
iPXdaInvokeConfigFileName (トランザクション定義ファイル名)
トランザクション定義ファイル名を指定します。
iPXdaOptionConfigFileName (オプション定義ファイル名)
オプション定義ファイル名を指定します。

操作の概要
test (テスト)
JDBCデータソースが使用可能かどうかのテストを行います
reset (プールされたコネクションの切断)
JDBCデータソースにプールされたコネクションを切断します
connect (コネクションの接続)
JDBCデータソースでコネクションを接続します
delete (削除)
JDBCデータソースを削除します。
disableJdbcDataSource (JDBCデータソースを無効化)
JDBCデータソースを無効化します。
enableJdbcDataSource (JDBCデータソースを有効化)
JDBCデータソースを有効化します。
dumpJdbcDataSource (SQLランキング情報の出力)
JDBCデータソースを利用して実行されたSQL命令のパフォーマンスデータのランキング情報をログに出力します。
publish (設定変更内容の反映)
JDBCデータソースの属性の変更内容を、実際の動作に反映します。


属性の詳細
dataSourceType (データソースの種別)

JDBCドライバベンダが提供するインタフェースの種別を表わす文字列を指定します。[必須]

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
JDBCEX_Oracle  OracleのJDBC Optional Package API
JDBC  JDBC API
JDBCEX_DB2  DB2のJDBC Optional Package API
JDBCEX_MSSqlServer  Microsoft SQL ServerのJDBC Optional Package API
JDBCEX_Sybase  SybaseのJDBC Optional Package API
JDBCEX_Cloudscape  CloudscapeのJDBC Optional Package API
JDBCEX_PostgreSQL  PostgreSQLのJDBC Optional Package API
JDBCEX_SequeLink  SequeLinkのJDBC Optional Package API
JDBCEX_Derby  Apache DerbyのJDBC Optional Package API
JDBCEX_CoreSaver  CoreSaverのJDBC Optional Package API

jndiName (JNDIサーバへの登録名)

JNDIサーバへの登録名(JDBCデータソースを一意に表わす名前)を指定します。[必須]

詳細:
jdbc/ で始まるJNDIサーバへの登録名を指定します。この名前はJDBCデータソースを一意に表わす名前として使用されます。
型:
java.lang.String

jdbcMajorVersion (JDBC仕様のメジャーバージョン)

JDBCドライバがサポートするJDBCのメジャーバージョン番号を指定します。[必須]

型:
java.lang.String
値の有効範囲:

jdbcMinorVersion (JDBC仕様のマイナーバージョン)

JDBCドライバがサポートするJDBCのマイナーバージョン番号を指定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:

useJTA (JTA連携有無)

JTAと連携するかどうかを表わすブール値を指定します。

型:
java.lang.String

description (JDBCデータソースについての説明)

JDBCデータソースの説明(任意の文字列)を指定します。

型:
java.lang.String

dataSourceName (JDBC URLまたはデータベース名、データソース名)

JDBC URLまたはデータベース名、データソース名を指定します。[必須]

詳細:
データソースの種別が OracleのJDBC Optional Package API か JDBC API の場合は、jdbc:oracle:thin:@localhost:1521:ORCL といったJDBC URLを指定します。

データソースの種別が SequeLinkのJDBC Optional Package API の場合は、SequeLinkサーバのデータソース名を指定します。

それ以外の場合は、データベース名を指定します。
型:
java.lang.String

userName (ユーザ名)

データベースと接続するためのユーザ名を指定します。

型:
java.lang.String

password (パスワード)

データベースと接続するためのパスワードを指定します。

型:
java.lang.String

serverName (サーバ名)

データベースサーバのサーバ名を指定します。

型:
java.lang.String

portNumber (ポート番号)

データベースサーバのポート番号を指定します。

型:
java.lang.String

use-jmx-agent (JMXエージェント上でロードするかどうかを指定)

JDBCデータソースをJMXエージェント上でロードするかどうかを指定します。

型:
java.lang.String

use-all-ejb-processgroups (全てのEJBプロセスグループで使用するかどうか)

全てのEJBプロセスグループで使用するかどうかを指定します。

詳細:
全てのEJBプロセスグループで使用するか、または各プロセスグループの属性でロード有無の指定を行なうかどうかを選択します。
全てのEJBプロセスグループで使用するを選択した場合、全プロセスグループのロードするリソースの設定に自動的にこのデータソースが追加されます。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
true  全てのプロセスグループで使用する
false  各プロセスグループの属性で指定する

minPoolSize (最小プールサイズ)

プールに常時保持されるコネクション数を指定します。

型:
java.lang.String

maxPoolSize (最大プールサイズ)

プールに保持される最大のコネクション数を指定します。

詳細:
プールに保持される最大のコネクション数を指定します。値が0の場合、無制限になります。
型:
java.lang.String

initialPoolSize (初期プールサイズ)

プール生成時に作成されるコネクション数を指定します。

型:
java.lang.String

maxIdleTime (無通信時間の上限)

コネクションが未使用状態のままプールされ続ける時間を指定します。(単位:秒)

詳細:
コネクションが未使用状態のままプールされ続ける時間を指定します。値が0の場合、監視は行われません。(単位:秒)
型:
java.lang.String

propertyCycle (プロパティ置換までの待機時間)

動作中のJDBCデータソースが使用するプロパティ値を強制的に変更するまでの待ち時間を指定します。(単位:秒)

詳細:
動作中のJDBCデータソースが使用するプロパティ値を強制的に変更するまでの待ち時間を指定します。値が0の場合、待ち合わせは行われません。(単位:秒)
型:
java.lang.String

resetAllConnectionsOnFailure (コネクションの一括破棄可否)

コネクション障害発生時にプールの全コネクションを一括破棄するかどうかを表わすブール値を指定します。

型:
java.lang.String

reconnectInitialPool (初期接続の接続リトライ使用有無)

初期接続の接続リトライを行うかどうかを表すブール値を指定します。

型:
java.lang.String

waitFreeConnTimeout (空きコネクション取得時の待ち合わせ)

最大プール数のJDBCコネクションが全て使用中の場合に、空きコネクションが取得できるまで待ち合わせる時間を指定します。(単位:秒)

型:
java.lang.String

maxStatements (ステートメントの最大プール数)

ステートメントの最大プール数を指定します。

詳細:
ステートメントの最大プール数を指定します。値が0の場合、プール管理は行われません。
型:
java.lang.String

loginTimeout (ログインタイムアウト)

コネクション接続時のタイムアウト時間を指定します。(単位:秒)

詳細:
コネクション接続時のタイムアウト時間を指定します。値が0の場合、監視は行われません。(単位:秒)
型:
java.lang.String

connectRetryMax (接続リトライ回数)

接続失敗時のリトライ回数を指定します。

詳細:
接続失敗時のリトライ回数を指定します。値が0の場合、リトライは行われません。
型:
java.lang.String

connectRetryInterval (接続リトライ間隔)

接続失敗時のリトライ間隔を指定します。(単位:秒)

型:
java.lang.String

defaultAutoCommit (自動コミットのデフォルト値)

コネクション払い出し直後の自動コミットの値を指定します。

型:
java.lang.String

shrinkDelayTime (コネクション解放までの待ち合わせ時間)

コネクション解放までの待ち合わせ時間を指定します。(単位:秒)

詳細:
最小プールサイズ(minPoolSize)を越えて払い出されたコネクションを解放するまでの待ち時間(単位:秒)を指定します。値が0の場合、待ち合わせは行われません。
型:
java.lang.String

queryTimeout (クエリータイムアウト)

java.sql.Statementに指定するクエリのタイムアウト時間(単位:秒)を指定します。

型:
java.lang.String

readTimeout (ソケットの読み取りタイムアウト)

ソケットの読み取りタイムアウト時間を指定します。(単位:秒)

詳細:
ソケットの読み取りタイムアウト時間です。このプロパティは、Oracle(10g R2以降)かDB2のJDBCドライバを利用する場合に有効となります。値が0の場合、タイムアウトは発生しません。
型:
java.lang.String

driverVenderProperties (JDBCドライバの独自プロパティ)

JDBCドライバの独自プロパティを指定します。例: property1=value1,property2=value2

詳細:
JDBCドライバの独自プロパティの名前と値の組み合わせを、カンマ(,)区切りの文字列で指定します。

例: property1=value1,property2=value2
型:
java.lang.String

transactionIsolationLevel (トランザクション遮断レベル)

トランザクション遮断レベルを指定します。

詳細:
使用するトランザクション遮断レベルです。java.sql.Connectionで定義されたレベルに加えて、JDBCドライバベンダの独自レベルも指定できます。値が0の場合、トランザクション遮断レベルを設定しません。
型:
java.lang.String

checkGarbageOption (コネクションのガベージコレクト機能の動作オプション)

コネクションのガベージコレクト機能における動作オプションを指定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
none  ガベージコレクトの監視なし
close  JDBCコネクションの切断
rollback  JDBCコネクションの切断とロールバック
debug  JDBCコネクションの切断とロールバック。リークに関する情報をログ出力。

checkGarbageInterval (コネクションのガベージコレクト間隔)

System.gc()を呼び出す間隔を指定します。(単位:秒)

詳細:
System.gc()を呼び出す間隔を指定します。値が0の場合、または、動作オプションがrollbackかdebugでない場合、呼び出しは行われません。(単位:秒)
型:
java.lang.String

checkServerOption (データベースサーバの状態監視オプション)

データベースサーバの状態監視オプションを指定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
none  データベースサーバの監視なし
monitor  定期的にデータベースサーバの状態を確認
method  JDBCコネクションを払い出すたびにデータベースサーバの状態を確認

checkServerInterval (データベースサーバの状態監視間隔)

データベースサーバの状態監視間隔を指定します。(単位:秒)

型:
java.lang.String

checkServerCommand (データベースサーバの状態監視コマンド)

データベースサーバの状態監視コマンドとして使用するSQL命令を指定します。

型:
java.lang.String

useOneConnectionPerTransaction (JTAのトランザクション毎に1つの物理コネクションを使用するかどうか)

JTAのトランザクション毎に1つの物理コネクションを使用するかどうかを指定します。

型:
java.lang.String

useDatabaseCluster (データベースクラスタの使用有無)

データベースのクラスタ構成サポート機能の使用有無を指定します。

型:
java.lang.String

useMultiUsersPerTransaction (トランザクション毎の複数ユーザ使用有無)

JTAのトランザクション内で、接続先が同じデータベースの、複数ユーザのJDBCコネクションを使用するかどうかを表すブール値を指定します。

型:
java.lang.String

clusterPoolOption (コネクションプールのクラスタ動作オプション)

コネクションプールのクラスタ動作オプションを指定します。

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
none  コネクションプールのクラスタ動作なし
roundrobin  複数のコネクションプールをラウンドロビンに使用する
standby  障害検出時にコネクションプールを切り替える

clusterPoolNames (クラスタ対象のJDBCデータソース名リスト)

コネクションプールのクラスタ対象のJDBCデータソース名リストを指定します。 例: jdbc/DB1,jdbc/DB2

詳細:
コネクションプールのクラスタ対象のJDBCデータソース名リストを、カンマ(,)区切りの文字列で指定します。
型:
java.lang.String

validAllClusterConnectionsOnFailure (障害時の再接続処理ポリシー)

障害時に全てのデータベースと再接続を試みるかどうかを表すブール値を指定します。

型:
java.lang.String

clusterPoolWeight (クラスタプールの重み)

クラスタ機能のラウンドロビン呼び出しで、データベースサーバを連続して呼び出す回数を指定します。

型:
java.lang.String
長さの範囲:
1-

maxSqlRankingCount (SQLの最大ランキング数)

SQLランキング情報で、ログに出力するランキングの数の上限を指定します。

型:
java.lang.String
長さの範囲:
0-9999

maxSqlTraceLength (最大SQL文字列長)

SQLランキング情報で、ログに出力するSQL文字列の長さの上限(単位:バイト)を指定します。

型:
java.lang.String
長さの範囲:
5-1000000

wrapStatement (ステートメントのラップ有無)

java.sql.StatementクラスをWebOTXの実装クラスでラップするかどうかを指定します。

詳細:
SQLランキング情報を出力するために、java.sql.StatementクラスをWebOTXの実装クラスでラップするかどうかを指定します。モニタリングレベルをHIGHに変更した場合、生成済みでラップされていないjava.sql.Statementクラスを使用して実行されたSQL命令の実行時間は計測されません。
型:
java.lang.String

customizeTemplate (カスタマイズテンプレート )

JDBCデータソースをカスタマイズするために使用するテンプレートを指定します。ただし、プールサイズは、アプリケーションの動作スレッド数に応じて調整してください。カスタマイズの更新後に再表示の操作が必要です。

詳細:
次のいずれかの観点でJDBCデータソースの設定をカスタマイズします。デフォルトでは、カスタマイズを行いません。

1) 性能重視でカスタマイズ
対象は、maxPoolSize、minPoolSize、initialPoolSize、shrinkDelayTime、waitFreeConnTimeout、maxStatement です。

2) 信頼性重視でカスタマイズ
対象は、connectRetryMax、connectRetryInterval、checkServerOption、checkServerInterval、checkServerCommand、readTimeout、queryTimeout、loginTimeoutです。

3) 性能と信頼性重視でカスタマイズ
1 と 2の両方の属性をカスタマイズします。
型:
java.lang.String
値の有効範囲:
none  カスタマイズなし(デフォルト)
Performance  性能重視でカスタマイズ
Reliability  信頼性重視でカスタマイズ
PerformanceAndReliability  性能と信頼性重視でカスタマイズ

iPXdaConfigDirectoryName (定義ファイルの格納ディレクトリ名)

定義ファイルの格納ディレクトリ名を指定します。

詳細:
ACOS Access Toolkitが使用する定義ファイルの格納ディレクトリ名を指定します。
型:
java.lang.String

iPXdaConfigFileName (動作環境定義ファイル名)

動作環境定義ファイル名を指定します。

詳細:
ACOS Access Toolkitが使用する動作環境定義ファイル名を指定します。
型:
java.lang.String

iPXdaInvokeConfigFileName (トランザクション定義ファイル名)

トランザクション定義ファイル名を指定します。

詳細:
ACOS Access Toolkitが使用するトランザクション定義ファイル名を指定します。
型:
java.lang.String

iPXdaOptionConfigFileName (オプション定義ファイル名)

オプション定義ファイル名を指定します。

詳細:
ACOS Access Toolkitが使用するオプション定義ファイル名を指定します。
型:
java.lang.String

操作の詳細
test (テスト)

JDBCデータソースが使用可能かどうかのテストを行います

詳細:
JDBCデータソースが使用可能かどうかの テストを行います。例えば、デプロイ予定のアプリケーションから使用される新しいJDBCデータソースを作成する場合、アプリケーションをデプロイする前に、このオペレーションを使用して生成されたJDBCデータソースをテストします。
戻り値:
java.lang.String
引数:
poolName - java.lang.String
テストされるJDBCデータソース名を指定します。


reset (プールされたコネクションの切断)

JDBCデータソースにプールされたコネクションを切断します

戻り値:
java.lang.String
引数:
poolName - java.lang.String
コネクションを切断するJDBCデータソース名を指定します。


connect (コネクションの接続)

JDBCデータソースでコネクションを接続します

詳細:
JDBCデータソースで指定された数のコネクションを接続します。
戻り値:
java.lang.String
引数:
poolName - java.lang.String
コネクションを接続するJDBCデータソース名を指定します。


delete (削除)

JDBCデータソースを削除します。

詳細:
JDBCデータソースを削除します。
戻り値:
java.lang.String
引数:
name - java.lang.String
削除されるJDBCデータソースの名称を指定します。


disableJdbcDataSource (JDBCデータソースを無効化)

JDBCデータソースを無効化します。

詳細:
JDBCデータソースを無効化します。クラスタ化されたJDBCデータソースでは、呼び出し先のリストから除外します。
戻り値:
java.lang.String
引数:
poolName - java.lang.String
無効化するJDBCデータソース名を指定します。

parentName - java.lang.String
無効化するJDBCデータソースをclusterPoolNamesに指定しているJDBCデータソースの名称を指定します。


enableJdbcDataSource (JDBCデータソースを有効化)

JDBCデータソースを有効化します。

詳細:
JDBCデータソースを有効化します。クラスタ化されたJDBCデータソースでは、呼び出し先のリストに追加します。
戻り値:
java.lang.String
引数:
poolName - java.lang.String
有効化するJDBCデータソース名を指定します。

parentName - java.lang.String
有効化するJDBCデータソースをclusterPoolNamesに指定しているJDBCデータソースの名称を指定します。


dumpJdbcDataSource (SQLランキング情報の出力)

JDBCデータソースを利用して実行されたSQL命令のパフォーマンスデータのランキング情報をログに出力します。

戻り値:
java.lang.String
引数:
poolName - java.lang.String
SQLランキング情報を出力するJDBCデータソース名を指定します。

rankingCount - java.lang.Integer
出力するランキング数
値の範囲:
0-9999


publish (設定変更内容の反映)

JDBCデータソースの属性の変更内容を、実際の動作に反映します。

戻り値:
java.lang.String
引数:
poolName - java.lang.String
JDBCデータソース名を指定します。