概要: 属性 | 操作  詳細: 属性 | 操作  索引

MO名称:
diagnostic-service
定義:
ObjectName
{0}:type=diagnostic-service,config={1},category=config
CLIName
server.diagnostic-service

属性の概要
config-dir (config ディレクトリ配下の全ファイル)
config ディレクトリ配下の全ファイルを収集します。(persistent-mbeanディレクトリ、tpsystemディレクトリを除く)
applications-excludes (applicationsディレクトリとgeneratedディレクトリ配下に対する除外リスト)
記入されたapplicationsディレクトリとgeneratedディレクトリ配下のファイルを除外します。
install-info (WebOTX Application Server の基礎情報)
WebOTX Application Server の基礎情報を収集します。(WebOTXのエディション、バージョン、パッチ : otxinfo.txt)
dump-thread-dump-count (dumpThreadDumpCount)
dumpThreadDumpCount
applications-includes (applicationsディレクトリとgeneratedディレクトリ配下に対する収集リスト)
記入されたapplicationsディレクトリと、generatedディレクトリ配下のファイルを収集します。
abort-response-time (abortResponseTime)
abortResponseTime
logs-access (Webコンテナへのアクセスログ)
Webコンテナへのアクセスログを収集します。(server_access.log)
config-includes (configディレクトリ配下に対する収集リスト)
記入されたconfigディレクトリ配下のファイルを収集します。
jvm-thread-dump (JVMスレッドダンプ)
JVMのスレッドダンプについての情報を収集します。(threaddump.txt)
config-excludes (configディレクトリ配下に対する除外リスト)
記入されたconfigディレクトリ配下のファイルを除外します。
dump-heap-dump-type (dumpHeapDumpType)
dumpHeapDumpType
jvm (JVM情報)
JVMに関する情報を収集します。
install (インストール情報)
WebOTX Application Server のインストール状況に関する情報を収集します。
jvm-thread-dump-count (スレッドダンプの取得回数)
スレッドダンプの取得回数を指定します。(既定値 : 3)
applications (配備アプリケーション情報)
配備アプリケーションに関する情報を収集します。
logs-server (標準出力、標準エラー出力に関するログ)
標準出力、標準エラー出力に関するログを収集します。(server.log)
fault-watch-interval (faultWatchInterval)
faultWatchInterval
jvm-thread-dump-interval (スレッドダンプの取得間隔)
スレッドダンプの取得間隔を指定します。(単位 : 秒、既定値 : 5)
logs-period (収集するログの対象期間)
収集する WebOTX Application Server ログの対象期間を指定します。(単位 : 時間、既定値 : 72)
fault-verification-time (faultVerificationTime)
faultVerificationTime
applications-generated-all (generatedディレクトリ配下の全ファイル)
generatedディレクトリ配下の全ファイルを収集します。
recovery-wait-time (recoveryWaitTime)
recoveryWaitTime
recovery-verification-time (recoveryVerificationTime)
recoveryVerificationTime
config-tpsystem-file (tpsystemディレクトリ直下のファイル)
configディレクトリ配下のtpsystemディレクトリ直下のファイルを収集します。
system (システム情報)
オペレーティングシステムの情報を収集します。
reduce-threads-rate (reduceThreadsRate)
reduceThreadsRate
system-kernel (カーネルパラメータ)
カーネルのパラメータを収集します。(kernel.txt) HP-UXのみ収集可能です。
jvm-pg-stack (プロセスグループのスタックトレース)
プロセスグループのスタックトレースを収集します。(${PGNAME}.${PID}.log, ${PGNAME}_sys.${PID}.log)
monitoring (モニタリング情報)
モニタリング情報を収集します。
system-os-summary (OSの概要(OS名、バージョン、CPU))
OSの概要を収集します。(OS名、バージョン、CPU : osinfo.txt)
applications-dir (配備記述子)
配備記述子を収集します。(applicationsディレクトリ配下のXMLファイル)
config (コンフィグレーション情報)
ドメインの設定に関する情報を収集します。
logs (ログ情報)
診断対象ドメインのログを収集します。
jvm-version (JVMバージョン)
JVMのバージョンについての情報を収集します。(jvmversion.txt)
process-abnormally-end (processAbnormallyEnd)
processAbnormallyEnd
install-env (OSの環境変数)
OSの環境変数を収集します。(env.txt)
fault-response-time (faultResponseTime)
faultResponseTime
fault-memory-usage-hmk (faultMemoryUsageHMK)
faultMemoryUsageHMK
logs-jvm-err (JVMが出力するエラーログ)
JVMが出力するエラーログを収集します。(hs_err_pidxxx.log)
includes (収集リスト)
記入されたファイルを収集します。収集したいファイルを絶対パスで記入してください。また、Windowsでは、WebOTXと同じドライブのファイルのみ収集できます。
config-tpsystem-all (tpsystem ディレクトリ配下の全ファイル)
configディレクトリ配下のtpsystem ディレクトリ配下の全ファイルを収集します。
jvm-pg-specify (スタックトレースを収集するプロセスグループを指定する)
スタックトレースを収集するプロセスグループを指定します。
system-process (プロセス一覧)
プロセス一覧を収集します。(プロセス名、プロセスID : osinfo.txt)
install-woasinfo (WebOTX Agent Service の設定ファイル)
WebOTX Agent Service の設定ファイルを収集します。(woasinfo.properties)
install-asenv (WebOTX Application Server の設定ファイル)
WebOTX Application Server の設定ファイルを収集します。(asenv.bat)
jvm-pg-list (スタックトレースを収集するプロセスグループ)
スタックトレースを収集したいプロセスグループ名を記入してください。複数のプロセスグループ名を記入する場合、カンマ(,)で区切って記入してください。
system-network (ネットワークの状態)
起動している接続のリストを収集します。(プロトコル、ローカルアドレス、外部アドレス、状態 : osinfo.txt)
jvm-memory (JVMメモリ)
JVMのメモリについての情報を収集します。(jvmmemory.txt)
system-disk (ディスクの使用状況)
ディスクの使用状況を収集します。(総量、空き容量、使用可能量、ファイルシステム : osinfo.txt)
memory-watch-interval (memoryWatchInterval)
memoryWatchInterval
fault-free-threads-rate (faultFreeThreadsRate)
faultFreeThreadsRate
config-domain (ドメインの設定ファイル)
ドメインの設定ファイルを収集します。(domain.xml)
ignorable-requests (ignorableRequests)
ignorableRequests
normal-response-time (normalResponseTime)
normalResponseTime
config-persistent-mbean (persistent-mbean ディレクトリ)
configディレクトリ配下のpersistent-mbean ディレクトリを収集します。
install-ant-setup (WebOTX Application Server インストール時のログ)
WebOTX Application Server インストール時のログを収集します。(ant_setup.log)
logs-dir (logsディレクトリ配下の全ファイル)
logsディレクトリ配下の全ファイルを収集します。
monitoring-info (統計情報)
統計情報を収集します。(monitorinfo.txt)
system-sharememory (共有メモリの状態)
共有メモリの状態を収集します。(メッセージキュー、共有メモリ、セマフォ : osinfo.txt) HP-UX、Linuxのみ収集可能です。
dump-stack-trace-count (dumpStackTraceCount)
dumpStackTraceCount
install-file-list (WebOTX Application Server インストールディレクトリ配下のファイル一覧)
WebOTX Application Server インストールディレクトリ配下のファイル一覧を収集します。(otxlist.txt)
applications-generated-dir (generated ディレクトリ配下の一部のファイル)
generated ディレクトリ配下の一部のファイルを収集します。(policyディレクトリ、xmlディレクトリ)
logs-agent (ドメイン上で動作する各サービスに関するログ)
ドメイン上で動作する各サービスに関するログを収集します。
logs-excludes (logsディレクトリ配下に対する除外リスト)
記入されたlogsディレクトリ配下のファイルを除外します。
logs-includes (logsディレクトリ配下に対する収集リスト)
記入されたlogsディレクトリ配下のファイルを収集します。
fault-memory-usage-lmk (faultMemoryUsageLMK)
faultMemoryUsageLMK

操作の概要
generateDiagnosticReport (診断レポートの生成)
ドメイン内のサーバインスタンスに対する診断レポートを生成します。


属性の詳細
config-dir (config ディレクトリ配下の全ファイル)

config ディレクトリ配下の全ファイルを収集します。(persistent-mbeanディレクトリ、tpsystemディレクトリを除く)

型:
java.lang.String

applications-excludes (applicationsディレクトリとgeneratedディレクトリ配下に対する除外リスト)

記入されたapplicationsディレクトリとgeneratedディレクトリ配下のファイルを除外します。

詳細:
applicationsディレクトリ、generatedディレクトリを含めたパスを記入してください。
たとえば、applicationsディレクトリのtest.txtを除外したい場合は、applications/test.txtと記入してください。
型:
java.lang.String

install-info (WebOTX Application Server の基礎情報)

WebOTX Application Server の基礎情報を収集します。(WebOTXのエディション、バージョン、パッチ : otxinfo.txt)

型:
java.lang.String

dump-thread-dump-count (dumpThreadDumpCount)

dumpThreadDumpCount

型:
java.lang.String
長さの範囲:
1-

applications-includes (applicationsディレクトリとgeneratedディレクトリ配下に対する収集リスト)

記入されたapplicationsディレクトリと、generatedディレクトリ配下のファイルを収集します。

詳細:
applicationsディレクトリ、generatedディレクトリを含めたパスを記入してください。
たとえば、applicationsディレクトリのtest.txtを収集したい場合は、applications/test.txtと記入してください。
型:
java.lang.String

abort-response-time (abortResponseTime)

abortResponseTime

型:
java.lang.String
長さの範囲:
0-

logs-access (Webコンテナへのアクセスログ)

Webコンテナへのアクセスログを収集します。(server_access.log)

型:
java.lang.String

config-includes (configディレクトリ配下に対する収集リスト)

記入されたconfigディレクトリ配下のファイルを収集します。

詳細:
configディレクトリをルートとした、相対パスを記入してください。たとえば、configディレクトリのtest.txtを収集したい場合は、test.txtと記入してください。
型:
java.lang.String

jvm-thread-dump (JVMスレッドダンプ)

JVMのスレッドダンプについての情報を収集します。(threaddump.txt)

型:
java.lang.String

config-excludes (configディレクトリ配下に対する除外リスト)

記入されたconfigディレクトリ配下のファイルを除外します。

詳細:
configディレクトリをルートとした、相対パスを記入してください。たとえば、configディレクトリのtest.txtを除外したい場合は、test.txtと記入してください。
型:
java.lang.String

dump-heap-dump-type (dumpHeapDumpType)

dumpHeapDumpType

型:
java.lang.String
値の有効範囲:
histogram  histogram format
hprof  hprof format

jvm (JVM情報)

JVMに関する情報を収集します。

型:
java.lang.String

install (インストール情報)

WebOTX Application Server のインストール状況に関する情報を収集します。

型:
java.lang.String

jvm-thread-dump-count (スレッドダンプの取得回数)

スレッドダンプの取得回数を指定します。(既定値 : 3)

型:
java.lang.String
長さの範囲:
1-

applications (配備アプリケーション情報)

配備アプリケーションに関する情報を収集します。

型:
java.lang.String

logs-server (標準出力、標準エラー出力に関するログ)

標準出力、標準エラー出力に関するログを収集します。(server.log)

型:
java.lang.String

fault-watch-interval (faultWatchInterval)

faultWatchInterval

型:
java.lang.String
長さの範囲:
0-

jvm-thread-dump-interval (スレッドダンプの取得間隔)

スレッドダンプの取得間隔を指定します。(単位 : 秒、既定値 : 5)

型:
java.lang.String
長さの範囲:
1-

logs-period (収集するログの対象期間)

収集する WebOTX Application Server ログの対象期間を指定します。(単位 : 時間、既定値 : 72)

詳細:
収集対象となるのは、現時点から入力された数値の時間内に更新されたログファイルとなります。
たとえば、72と入力した場合は、現在から72時間以内に更新されたログファイルが収集されます。これは過去3日間に更新されたログファイルを収集することに相当します。
型:
java.lang.String
長さの範囲:
1-

fault-verification-time (faultVerificationTime)

faultVerificationTime

型:
java.lang.String
長さの範囲:
0-

applications-generated-all (generatedディレクトリ配下の全ファイル)

generatedディレクトリ配下の全ファイルを収集します。

型:
java.lang.String

recovery-wait-time (recoveryWaitTime)

recoveryWaitTime

型:
java.lang.String
長さの範囲:
0-

recovery-verification-time (recoveryVerificationTime)

recoveryVerificationTime

型:
java.lang.String
長さの範囲:
0-

config-tpsystem-file (tpsystemディレクトリ直下のファイル)

configディレクトリ配下のtpsystemディレクトリ直下のファイルを収集します。

型:
java.lang.String

system (システム情報)

オペレーティングシステムの情報を収集します。

型:
java.lang.String

reduce-threads-rate (reduceThreadsRate)

reduceThreadsRate

型:
java.lang.String
長さの範囲:
0-100

system-kernel (カーネルパラメータ)

カーネルのパラメータを収集します。(kernel.txt) HP-UXのみ収集可能です。

型:
java.lang.String

jvm-pg-stack (プロセスグループのスタックトレース)

プロセスグループのスタックトレースを収集します。(${PGNAME}.${PID}.log, ${PGNAME}_sys.${PID}.log)

型:
java.lang.String

monitoring (モニタリング情報)

モニタリング情報を収集します。

型:
java.lang.String

system-os-summary (OSの概要(OS名、バージョン、CPU))

OSの概要を収集します。(OS名、バージョン、CPU : osinfo.txt)

型:
java.lang.String

applications-dir (配備記述子)

配備記述子を収集します。(applicationsディレクトリ配下のXMLファイル)

型:
java.lang.String

config (コンフィグレーション情報)

ドメインの設定に関する情報を収集します。

型:
java.lang.String

logs (ログ情報)

診断対象ドメインのログを収集します。

型:
java.lang.String

jvm-version (JVMバージョン)

JVMのバージョンについての情報を収集します。(jvmversion.txt)

型:
java.lang.String

process-abnormally-end (processAbnormallyEnd)

processAbnormallyEnd

型:
java.lang.String

install-env (OSの環境変数)

OSの環境変数を収集します。(env.txt)

型:
java.lang.String

fault-response-time (faultResponseTime)

faultResponseTime

型:
java.lang.String
長さの範囲:
0-

fault-memory-usage-hmk (faultMemoryUsageHMK)

faultMemoryUsageHMK

型:
java.lang.String
長さの範囲:
0-100

logs-jvm-err (JVMが出力するエラーログ)

JVMが出力するエラーログを収集します。(hs_err_pidxxx.log)

型:
java.lang.String

includes (収集リスト)

記入されたファイルを収集します。収集したいファイルを絶対パスで記入してください。また、Windowsでは、WebOTXと同じドライブのファイルのみ収集できます。

詳細:
絶対パスを記入してください。
型:
java.lang.String

config-tpsystem-all (tpsystem ディレクトリ配下の全ファイル)

configディレクトリ配下のtpsystem ディレクトリ配下の全ファイルを収集します。

型:
java.lang.String

jvm-pg-specify (スタックトレースを収集するプロセスグループを指定する)

スタックトレースを収集するプロセスグループを指定します。

型:
java.lang.String

system-process (プロセス一覧)

プロセス一覧を収集します。(プロセス名、プロセスID : osinfo.txt)

型:
java.lang.String

install-woasinfo (WebOTX Agent Service の設定ファイル)

WebOTX Agent Service の設定ファイルを収集します。(woasinfo.properties)

型:
java.lang.String

install-asenv (WebOTX Application Server の設定ファイル)

WebOTX Application Server の設定ファイルを収集します。(asenv.bat)

型:
java.lang.String

jvm-pg-list (スタックトレースを収集するプロセスグループ)

スタックトレースを収集したいプロセスグループ名を記入してください。複数のプロセスグループ名を記入する場合、カンマ(,)で区切って記入してください。

型:
java.lang.String

system-network (ネットワークの状態)

起動している接続のリストを収集します。(プロトコル、ローカルアドレス、外部アドレス、状態 : osinfo.txt)

型:
java.lang.String

jvm-memory (JVMメモリ)

JVMのメモリについての情報を収集します。(jvmmemory.txt)

型:
java.lang.String

system-disk (ディスクの使用状況)

ディスクの使用状況を収集します。(総量、空き容量、使用可能量、ファイルシステム : osinfo.txt)

型:
java.lang.String

memory-watch-interval (memoryWatchInterval)

memoryWatchInterval

型:
java.lang.String
長さの範囲:
1-

fault-free-threads-rate (faultFreeThreadsRate)

faultFreeThreadsRate

型:
java.lang.String
長さの範囲:
0-100

config-domain (ドメインの設定ファイル)

ドメインの設定ファイルを収集します。(domain.xml)

型:
java.lang.String

ignorable-requests (ignorableRequests)

ignorableRequests

型:
java.lang.String

normal-response-time (normalResponseTime)

normalResponseTime

型:
java.lang.String
長さの範囲:
0-

config-persistent-mbean (persistent-mbean ディレクトリ)

configディレクトリ配下のpersistent-mbean ディレクトリを収集します。

型:
java.lang.String

install-ant-setup (WebOTX Application Server インストール時のログ)

WebOTX Application Server インストール時のログを収集します。(ant_setup.log)

型:
java.lang.String

logs-dir (logsディレクトリ配下の全ファイル)

logsディレクトリ配下の全ファイルを収集します。

型:
java.lang.String

monitoring-info (統計情報)

統計情報を収集します。(monitorinfo.txt)

型:
java.lang.String

system-sharememory (共有メモリの状態)

共有メモリの状態を収集します。(メッセージキュー、共有メモリ、セマフォ : osinfo.txt) HP-UX、Linuxのみ収集可能です。

型:
java.lang.String

dump-stack-trace-count (dumpStackTraceCount)

dumpStackTraceCount

型:
java.lang.String
長さの範囲:
1-

install-file-list (WebOTX Application Server インストールディレクトリ配下のファイル一覧)

WebOTX Application Server インストールディレクトリ配下のファイル一覧を収集します。(otxlist.txt)

型:
java.lang.String

applications-generated-dir (generated ディレクトリ配下の一部のファイル)

generated ディレクトリ配下の一部のファイルを収集します。(policyディレクトリ、xmlディレクトリ)

型:
java.lang.String

logs-agent (ドメイン上で動作する各サービスに関するログ)

ドメイン上で動作する各サービスに関するログを収集します。

型:
java.lang.String

logs-excludes (logsディレクトリ配下に対する除外リスト)

記入されたlogsディレクトリ配下のファイルを除外します。

詳細:
logsディレクトリをルートとした、相対パスを記入してください。たとえば、logsディレクトリのtest.txtを除外したい場合は、test.txtと記入してください。
型:
java.lang.String

logs-includes (logsディレクトリ配下に対する収集リスト)

記入されたlogsディレクトリ配下のファイルを収集します。

詳細:
logsディレクトリをルートとした、相対パスを記入してください。たとえば、logsディレクトリのtest.txtを収集したい場合は、test.txtと記入してください。
型:
java.lang.String

fault-memory-usage-lmk (faultMemoryUsageLMK)

faultMemoryUsageLMK

型:
java.lang.String
長さの範囲:
0-100

操作の詳細
generateDiagnosticReport (診断レポートの生成)

ドメイン内のサーバインスタンスに対する診断レポートを生成します。

詳細:
この操作は、問題を解決するための各種設定ファイル、ログファイルを収集します。この操作によって収集されたファイル群は、診断レポートとして指定した場所にアーカイブ形式で保存されますので、それを使用して問題解決を行うか、保守窓口へ問い合わせを行う際に送付して下さい。
戻り値:
java.lang.String
引数:
outputFile - java.lang.String
診断レポートに含まれた情報の詳細は同名のテキストファイルを参照してください。

userDescription - java.lang.String
任意のコメントを記述します。ここで記述した内容は、診断結果のテキストレポート内に出力されます。