2. 分散管理サーバのアンインストール

2.1. アンインストール前の作業

2.1.1. UNIX

WebOTXのドメインを停止します。
rootユーザでログインし、次のコマンドを実行してドメインを停止してください。

/opt/WebOTX/bin/otxadmin stop-domain WebOTXAdmin

WebOTXの定義情報環境を削除します。このとき環境変数"JAVA_HOME"にJDKのインストールディレクトリが設定されている必要があります。envコマンドなどで環境編すを確認後、次のコマンドを実行してください。

/opt/WebOTX/lib/ant/bin/ant -buildfile /opt/WebOTX/setup.xml -Dbasedir=/opt/WebOTX -logfile /opt/WebOTX/ant_uninstall.log uninstall

実行結果は、/opt/WebOTX/ant_uninstall.logに出力されていますので確認してください。

2.2. アンインストール

2.2.1. Windows

コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」からアンインストールする製品を選択し、「変更」ボタンを押します。この他に、WebOTX CD/DVD-ROM をCD/DVD-ROMドライブに挿入して各製品のインストーラを起動することでアンインストールを始められます。 Windowsインストーラが起動し、「インストール準備中」というメッセージが表示されたあと、次の画面が表示されます。「次へ」ボタンを押してください。

 

 

[プログラムの保守]画面が表示されます。アンインストールを行うために「削除」を選択して「次へ」ボタンを押します。

 

 

[削除オプション]画面が表示されます。定義情報を削除するときは「定義情報の削除」をチェック後、「次へ」ボタンを押してください。アンインストール後も定義情報を残したいときは、そのまま「次へ」ボタンを押します。

 

 

[プログラムの削除]画面が表示されます。「削除」ボタンを押して、ファイルの削除を開始します。

 

[アンインストールしています]画面が表示され、ファイルの削除が始まります。削除が終了するまで時間がかかりますので、しばらくお待ちください。

 

次の画面が表示されたら、アンインストールは完了です。「完了」ボタンを押します。

 

 

2.2.2. UNIX

WebOTX Clusterは複数のプロダクトから構成されています。分散管理サーバを削除する場合、他のWebOTX関連製品で使用しているプロダクトを削除しないようにしてください。WebOTX関連製品全てのアンインストールを行う場合は、WebOTX Clusterのアンインストールを実施後、WebOTXのアンインストールスクリプトを実行してください。

2.2.2.1. コマンドでのアンインストール

アンインストールコマンドでアンインストールを行います。GUI環境でアンインストールするときの手順は「2.2.2.2. GUI環境でのアンインストール」を参照してください。コマンドラインからアンインストールするときの手順は次の通りです。

2.2.2.2. GUI環境でのアンインストール

HP-UXでは次のようにswremoveを起動すると、swremoveウィンドウが起動されます。インストールされているプロダクトの一覧が表示されるので、アンインストールするプロダクト名「OTXDMGMTSV」を選んでください。

root > swremove
  1. アンインストールの開始
    Action メニューのMark For Remove を選択し、さらに Action メニューの Remove を選択すると、アンインストールが開始されます。

  2. 削除の終了を示すメッセージが表示されたら「OK」を選択してください。

  3. FileメニューのExitを選択し、終了します。

これで、WebOTXのアンインストールは完了です。