com.nec.webotx.batch.util.scope
クラス BSChunkScopedValue

java.lang.Object
  上位を拡張 com.nec.webotx.batch.util.scope.BSChunkScopedValue

public final class BSChunkScopedValue
extends Object

Chunkスコープに依存したKEY=VALUEの格納先です。

ChunkScopedValue.put("key", "value") によって値を設定し、
ChunkScopedValue.get("key") によって値を取得します。

Chunkスコープ内では、 チャンクの開始時にChunkScopedValueに設定されている値が 固定で返却されます。
put()による変更は、Chunkスコープ内では影響を受けません。

ChunkScopedValue.setDefatulValue("key", "defaultValue")によって、 ChunkScopedValueに該当するキーの値が設定されていない場合のデフォルト値を設定することができます。
該当するキーがsetDefaultValue()によるデフォルト値も設定されておらず、put()によっても設定されていない場合に get()はnullを返します。
ただし、setDefaultValue()で設定した値はChunkスコープを意識せずに、その変更が常に影響します。

バージョン:
Batch Server V8.4

メソッドの概要
static Object get(String key)
           
protected static Map<String,Object> getChunkScopedValueMap()
           
protected static Map<String,Object> getDefaultValueMap()
           
static void put(String key, Object value)
           
static void reset()
           
static void resetDefault()
           
static void setDefaultValue(String key, Object defaultValue)
           
 
クラス java.lang.Object から継承されたメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

メソッドの詳細

put

public static void put(String key,
                       Object value)

get

public static Object get(String key)

reset

public static void reset()

getChunkScopedValueMap

protected static Map<String,Object> getChunkScopedValueMap()

getDefaultValueMap

protected static Map<String,Object> getDefaultValueMap()

setDefaultValue

public static void setDefaultValue(String key,
                                   Object defaultValue)

resetDefault

public static void resetDefault()


Copyright © 2012 NEC Corporation. All Rights Reserved.