6.3. デバッグ

6.3.1. 設定と実行手順

設定と実行手順については、 [3.3.1. テスト用サーバを使用したデバッグ方法] を参照してください。デバッグを行うにあたって、コネクタアプリケーション固有の設定や実行手順はありません。

6.3.2. コネクタアプリケーションのデバッグ

RARファイルに梱包されたEISにアクセスするためのライブラリやJavaクラスのデバッグは、デバッグ対象のソースにブレークポイントを設定してデバッグ実行するだけです。ブレークポイントの設定については、『1.1-1. ブレークポイントの設定』を参照してください。また、デバッグ実行については、『1.1-2. デバックの実行』を参照してください。

Caution
OLF/TP Adapterを使用してACOS(あるいはTPBASE)に接続するためには、接続ライセンスが必要になりますので、 OLF/TP Adapter実行環境をご購入いただく必要があります。