2.3. デバッグ

2.3.1. Servletのデバッグ

Webアプリケーション中のServletのデバッグについては、通常のJavaクラスのデバッグと同様ですので、 [3.3.1. テスト用サーバを使用したデバッグ方法] を参照してください。

2.3.2. JSPのデバッグ

JSPのデバッグはJSPの事前コンパイル機能を利用することで行うことができます。
JSPの事前コンパイルは、パッケージ・エクスプローラーでJSPファイルを選択して、右クリックで表示されるコンテキストメニューのWebプロジェクトJSPコンパイルを選択することで行うことができます。
また、Webプロジェクトを右クリックして、Webプロジェクト一括JSPコンパイルを行うことでWebプロジェクト中のすべてのJSPファイルをコンパイルすることができます。


図2.3.2-1

JSPの事前コンパイルを行うと、コンパイルされたJSPファイルに対応するServletソースがソースフォルダのorg.apache.jspパッケージ配下に自動的に作成されます。さらに、このServletソースの定義を web.xml ファイルに自動的に追加します。
JSPコンパイルにより作成されるServletソースにブレークポイントを設定してデバッグをすることでJSPのデバッグを行います。

2.3.3. JavaScriptのデバッグ

JavaScriptのデバッグにはAjax Tools Framework(ATF)を利用します。

ATFを用いると、JDTなど、Eclipse上で動作する他のデバッガ同様、JavaScriptのデバッグが可能です。 たとえば、ステップ実行、変数の確認等を、JDTと同じデバッグパースペクティブで行うことができます。

ATFで使用するデバッグ用の各種ビューは、ビューの表示 ウィンドウのMozillaディレクトリ内にあります。
なお、JavaScript デバッグセッション数は一つしかサポートされていません。


図2.3.3-1


ワークスペースのプロジェクトにあるJavaScriptをデバッグする場合

パッケージエクスプローラからプロジェクトを選択し、コンテキストメニュー(右クリックメニュー)の デバッグ(D)デバッグの構成(B) を選択し、 デバッグ構成ウィンドウを表示します。 デバッグ構成 ウィンドウでは、Mozilla Application を選択し、新規に起動構成を追加します。次に、右側の画面の Mozilla Configuration タブの Debug Target から Project file を選択し、JavaScript ファイルのアドレスを入力するか、 Browse ボタンで選択画面を表示して JavaScript を選択します。最後に、デバッグ(D) ボタンをクリックすると、デバッグが開始されます。


図2.3.3-2


サーバー上に配備した JavaScript をデバッグする場合

デバッグ対象の JavaScript を含むアプリケーションは、あらかじめサーバーに配備しておきます。 Developer's Studio の デバッグ(D)デバッグの構成(B) を選択すると、デバッグ構成ウインドウが表示されます。 デバッグ構成 ウィンドウではまず、Mozilla Application を選択し、新規に起動構成を追加します。 次に、右側の画面のタブ Mozilla Configuration タブの Debug Target から URL を選択し、デバッグ対象のアドレスを入力します。 最後に、デバッグ(D) ボタンをクリックすると、デバッグが開始されます。 ブレイクポイントの設定やステップ実行などの操作はデバッグパースペクティブで行うことができます。


図2.3.3-3


Scriptsビューについて

サーバー上の JavaScript をデバッグする場合、Scriptsビューを利用します。Scriptsビューは、サーバー上の Script ファイルを表示できるビューで、 ファイル構成の確認も可能です。サーバー上に配備した JavaScript をデバッグする場合、ブレイクポイントを設定可能なのは、 サーバー上のScriptファイルです。したがって、Scriptsビューから、デバッグ対象の Script ファイルを開き、ここにブレイクポイントを設定します。 この操作は、JDT による Java のデバッグと異なるので注意が必要ですが、 それ以外はJDTによるJavaのデバッグと同様にデバッグ実行を行うことができます。


図2.3.3-4


Request Monitorビューについて

HTTPコールのリクエスト/レスポンス情報を監視するビューです。
ウインドウ(W)パースペクティブを開く(O)その他(O) を選択し、パースペクティブを開く ウインドウを表示します。


図2.3.3-5

パースペクティブを開く ウインドウから、Web Browser Tools を選択し、OK をクリックすると、 Request Monitor ビューが表示されます。


図2.3.3-6

内蔵のMozilla ブラウザの Address にアドレスを入力し、Enterキーを押すと、 通信先のURL、通信メソッドの種類(GET/POST)、通信開始時刻、通信終了時刻、経過時間を確認でき、 リクエスト/レスポンスをダブルクリックすることで、そのHeadersとBodyを確認することもできます。


図2.3.3-7

Request Monitorビューのツールバーで、以下の機能も提供されています。

Memo
内蔵の Mozillaブラウザは、ウインドウ設定一般ネットワーク接続の設定を利用することができないため、何も設定しない場合、直接、インターネットに接続します。 プロキシ経由でインターネットを利用する場合、以下の設定を行う必要があります。 内蔵のMozilla ブラウザの Address に「about:config」を入力し、Enterキーを押します。表示される警告画面の 「I'll be careful, I promise!」を押すと、以下のようなプレファレンス一覧が表示されます。プロキシの設定に合わせて設定して下さい。

Caution
Ajax Tools Framework(ATF)のリリースバージョンは現在、0.3版です。次の機能については、検証時に問題が見つかっており、利用を推奨していません。
- JavaScript ビュー
- DOM Watcher ビュー

Caution
複数の JavaScript デバッグセッションはまだサポートされていないため、一つ以上の JavaScript デバッグセッションを開始しようとした場合、 以下のメッセージが表示されます。