1.7.2. EJBサービスエンドポイント

1.7.2.1. 概要

EJB形式のWebサービス化についてのサンプルです。

Webサービスの実装方式をEJBにした場合のサンプルです。
動作方法
EJBサービスエンドポイントサンプルのアーカイブ「ejb_endpoint.zip」を任意の場所に置き、次の操作を行ってください。
メニュー ファイル > インポート を選択し、インポートダイアログを表示します。 一般 > 既存プロジェクトをワークスペースへ を選択し、次へをクリックします。


図1.7.2.1-1

インポートダイアログでは、アーカイブ・ファイルの選択の欄に、ejb_endpoint.zipを指定し、下のプロジェクト欄で全てのプロジェクトが選択されているのを確認し、 完了をクリックします。
「HelloEJB」フォルダがWebサービス化する前のEJBプロジェクト、「HelloEJBService」フォルダがWebサービス化した後のWebサービスプロジェクトです。


図1.7.2.1-2

チュートリアルと同じ手順で運用管理パースペクティブを起動し、HelloEJBServiceプロジェクトのルートフォルダにある「EJBService.jar」をテスト用サーバに配備します。
メニュー 実行 > 構成および実行 を選択して実行ダイアログを表示し、「ejb_endpoint」構成を選択して 実行 をクリックします。

1.7.2.2. 構成


表1.8.2.2-1
HelloEJB プロジェクト EJBプロジェクトファイル
HelloEJBServiceプロジェクト WebサービスがあるEJBプロジェクトファイル

1.7.2.3. 実行手順

  1. ejb_endpoint.zip をインポートします。
  2. WebOTX運用管理ツール パースペクティブでHelloEJBServiceプロジェクトのEJBService.jarをEJBコンポーネントとして配備します。
  3. HelloEJBServiceプロジェクトのメインクラス(Main.java)を右クリックし、実行 > Javaアプリケーション を選択して、コンソールビューで「Hello your_name !」が返却されます。

1.7.2.4. 注意事項

  1. 自動的に追加されたWebOTXサーバーのランタイムが使用されています。サーバー名 は「WebOTX Application Server v9(Local Default)」です。このサーバーが存在しない場合、手動でサーバーを追加する必要があります。追加方法は、[ アプリケーション開発ガイド(概要) > 1. Developer(with Developer's Studio) > 1.2. 環境設定 > 1.2.4. テスト用サーバの設定 > 1.2.4.1. WebOTXランタイムの設定 ] を参照してください。
  2. HelloEJBServiceプロジェクトを右クリックし、実行 > サーバーで実行 で実行することはできません。詳細は、注意制限事項 > 開発環境での配備についてを参照してください。