1.2.7. Webサービスのデプロイ

作成したWebサービスアプリケーションの配備について説明します。

1.2.7.1. Webサービスアプリケーションのアーカイブ

完成したWebサービスアプリケーションをアーカイブし、統合運用管理ツールや運用管理コマンド(otxadmin)を使用してサーバへの配備、クライアントへの配布ができるようにします。
WARファイル
メニュー ファイル > エクスポートを選択し、エクスポートダイアログを起動します。 WAR file を選択し、次へ をクリックします。アーカイブを行いたいWebサービスプロジェクトを選択し、WARファイルの出力先を指定し、 OKをクリックします。
EJB-JARファイル
メニュー ファイル > エクスポートを選択し、エクスポートダイアログを起動します。 EJB JAR file を選択し、次へ] をクリックします。アーカイブを行いたいWebサービスプロジェクトを選択し、EJB-JARファイルの出力先を指定し、 OK をクリックします。
JARファイル(クライアント配布用)
クライアントにWebサービスクライアントのアプリケーションを配布する場合、JARファイルにアーカイブするのが一般的です。メニュー ファイル > エクスポートを選択し、エクスポートダイアログを起動します。 JARファイル を選択し、次へ をクリックします。アーカイブに含めたいWebサービスクライアントを含むプロジェクトの srcフォルダのみにチェックを入れ、JARファイルの出力先を指定し、 OK をクリックします。
なお、Webサービスクライアント実行のためには、ここで作成したJARファイル以外に次のものが必要ですので、一緒に配布してください。

1.2.7.2. 統合運用管理ツールを利用したデプロイ

Webサービスアプリケーションの配備には「統合運用管理ツール」を使用することができます。WebOTX Developerのパースペクティブとして組み込まれます。統合運用管理ツールの使用方法についての詳細は、 「統合運用管理ツール(WebOTX Administrator)」を参照してください。

1.2.7.3. 「サーバで実行」機能を利用したデプロイ

アーカイブ、デプロイは「サーバで実行」により自動的に行われるため、特別な操作は不要です。
Webサービスを作成してアーカイブすることなくデプロイすることが出来ます。
WebOTX Developer’s Studioで ウィンドウ > ビューの表示 > サーバー を選択すると、サーバー タブが起動します。


図1.2.7.3-1

サーバー タブの右クリックメニュー 新規 > サーバーから、新規サーバー ダイアログを表示します。


図1.2.7.3-2

新規サーバ ダイアログで NEC > WebOTX Application Server(Local) を選択し、次へ をクリックすると、WebOTXサーバーの新規作成 が表示されます。


図1.2.7.3-3

WebOTXサーバーの新規作成 で、サーバーのバージョンWebOTX Application Server Express が選択されて、サーバーユーザ名サーバーパスワードユーザードメイン名ユーザドメインポートユーザドメインのHTTPポート番号を入力し、 次へ をクリックすると、プロジェクトの追加および除去 が表示されます。


図1.2.7.3-4

プロジェクトの追加および除去 で、使用可能なプロジェクト 欄でデプロイするプロジェクトを選択し、追加 をクリックすると、選択したプロジェクトは 構成プロジェクト 欄に表示されます。
完了 をクリックすると、サーバー タブで、追加したサーバ WebOTX Application Server v9(Local Default)と選択したプロジェクトが表示されます。


図1.2.7.3-5

サーバータブで、追加したサーバWebOTX Application Server v9(Local Default) の右クリックメニュー 開始 を選択して、サーバーを開始させます。
その後、右クリックメニュー 公開 を選択し、サービスをデプロイさせます。


図1.2.7.3-6

コンソール タブにメッセージが出力されたらデプロイ終了です。


図1.2.7.3-7

Memo
「サーバで実行」に失敗する場合、 [ アプリケーション開発ガイド(共通) > 6. サーバツール > 6.6. 注意制限事項 > 6.6.2. 制限事項 > 6.6.2.1. 「サーバで実行」に失敗する (For input string: "m") ] をご覧ください。

1.2.7.4. 運用管理コマンド(otxadmin)を利用したデプロイ

Webサービスアプリケーションの配備には「運用管理コマンド(otxadmin)」を使用することができます。運用管理コマンド(otxadmin)の使用方法についての詳細は、「リファレンス集 運用管理・設定編」- 「運用管理コマンドリファレンス」を参照してください。

1.2.7.5. web.xmlデプロイメント記述子エディタ

web.xmlデプロイメント記述子エディタについては、2.2.13.4. web.xmlデプロイメント記述子 を参照してください。