ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. ダウンロード
  5. ご紹介資料/カタログ
  6. Javaによるバッチ処理システム構築時の課題と解決方法
ここから本文です。

WebOTX - Javaによるバッチ処理システム構築時の課題と解決方法

「ご紹介資料/カタログ」へ戻る

近年、Javaによるシステム開発・構築が増えています。バッチ処理についても、従来のCOBOL等による開発ではなく、Javaで開発することにより、開発生産性や保守性を向上させることが求められてきています。
しかし、Javaでバッチ処理を構築した場合、Javaバッチプログラム単位でJava VMが起動されるため、メモリ使用量が増大するなどの課題がありました。

Javaバッチ処理システム構築時の課題

本紹介資料では、Javaでバッチ処理システムを構築する際に直面する「性能」「障害対策」「開発効率」に関する3つの課題と、その解決方法についてご紹介します。
また、こうした課題の解決方法として、WebOTX Batch Serverを利用した解決策をご紹介します。

目次

  1. バッチ処理における現在のトレンド
  2. Javaバッチ処理における課題と解決策
  3. WebOTX Batch Serverの利用による課題解決
  4. まとめ

会員登録(無料)が必要です。


ページの先頭へ戻る