ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. コラム/特集
  5. 緊密なパートナーシップによって時代が求める最適なSaaS基盤の構築を支援
ここから本文です。

WebOTX - 緊密なパートナーシップによって時代が求める最適なSaaS基盤の構築を支援

「コラム」へ戻る

企業の新たなIT活用戦略のコアコンポーネントとして期待が集まる「SaaS(Software as a Service)」。そのシステム基盤、アプリケーションには、それぞれ独自の要件が求められる。NECのサービス実行基盤「WebOTX」とNTTデータ イントラマートのアプリケーション構築フレームワーク「intra-mart」は、共にSaaS基盤構築に最適な機能を提供する製品となる。さらに両社は、両製品がもたらすメリットを最大化すべく、技術面での協業を推進している。

SaaS基盤の安定稼働を支えるマルチテナント実行環境

写真1NEC
第二システムソフトウェア事業部
マネージャー
荒川 利光

ITシステム利用における初期投資や運用コスト抑制の有効な手段としてSaaSが注目を集めている。そのニーズの高まりに呼応して、iDCやxSPなどのサービス事業者もSaaS型サービスの提供に着手し始めている。

そうした中、課題となっているのが、どのようなサービス提供基盤を構築するかという点だ。複数のユーザに対し、同時にサービスを提供するという特性から、SaaSを支える基盤には、通常のシステムより高度な信頼性と性能が求められる。また、サービス事業者側には、できるだけ基盤整備にまつわるコストを抑制したいという事情もある。

こうした課題の解決に最適な解を提示しているのが、NECの提供するサービス実行基盤「WebOTX」である。その信頼性と性能は、多数の採用実績によって証明されているが、さらにWebOTXには、SaaS基盤に最適な機能が実装されている。

「複数のユーザが同時にシステムを利用するSaaSを支える基盤は、利用ユーザ、つまりテナントごとにシステム環境に境界を設け、それぞれに適正なリソースを割り当てながら、各システムの安定稼働を確保しなければなりません。つまり、マルチテナント実行環境が求められるのです」とNECの荒川はSaaS基盤ならではの要件について説明する。

それに対し、WebOTXは、テナントごとにプロセスを完全に分離しつつ、プロセスとして稼働するサービスをリアルタイムに監視。その際、平常時のシステムのレスポンスの平均時間を蓄積しておき、それを基準にシステムのスローダウンやストールの発生を的確に検知する。仮に問題を検知した際には、瞬時に障害の分析に必要な情報を書き出し、当該のプロセスを自動的に再起動することで、テナント固有の障害がシステム全体に波及することを防止するのである。

これにより、障害発生時にも運用管理者の手を煩わせることなく、自律的にシステムの稼働を維持することが可能。事業者は、エンドユーザに継続的にサービスを提供することができるようになる。また、マルチテナント実行環境の実現は、リソースの有効活用にもつながり、効率的なシステム基盤整備にも貢献する。

セルフカスタマイズの実現がSaaSの重要な要件に

写真2NTTデータイントラマート
開発本部
パッケージ企画グループリーダー
大西 直樹氏

一方、SaaS型サービスには、アプリケーションにも独自の要件がある。「今日、ユーザは、SaaS型サービスに対して、ASPのような画一的な機能提供ではなく、ニーズに応じて変更を加えられる、セルフカスタマイズ性を求めています」。NTTデータ イントラマートの大西 直樹氏は、その要件を説明する。例えば、帳票フォーマットなどは、企業の業務に密着したものであることから、ユーザならではの規範が存在するケースも多い。そこで、ユーザ企業がすでに活用している既存の帳票イメージをシステムに取り込んで利用するといったカスタマイズが求められるというのだ。他にも、自社アプリケーションで使われる文言やメッセージの変更、マッシュアップによる様々なサービスとの連携やワークフローによる業務プロセスの統合といったニーズへの対応も求められるようになっているという。

そこで、NTTデータ イントラマートでは、同社が提供する開発フレームワーク製品「intra-mart」の最新バージョン「intra-mart Ver.7」において、そうしたニーズに対応。文言、メッセージの変更や既存帳票の取り込みなどを、ユーザ自身がWebのインタフェースを通じて容易に行えるようになっている他、業務プロセスの流れを設計・定義し、実行するためのワークフローモジュール、あるいはSOAに基づくプロセス統合を実現するBPM機能などを装備し、SaaS用アプリケーションの構築を強力に支援している。

NECのパートナー制度に基づき技術検証や機能評価を共同で実施

このように、WebOTXとintra-martは、それぞれにSaaS基盤に最適な機能を擁している。実際、SaaS型サービス事業のためのプラットフォームとして、ホスティング基盤、ユーザ認証、アクセス制御をはじめとするSaaSの基本機能や各種支援サービスを組み合わせて提供する、NECのSaaS基盤サービス「RIACUBE/SP」においても、両製品を高品質なサービス提供のために非常に有効と評価している。

加えて、両社は、WebOTXとintramartによるSaaS基盤構築のメリットを最大化すべく、技術面での協業を推進している。

NECは、2006年6月にWebOTXに関連する製品、ソリューション、サービスを提供するベンダーに向けたパートナープログラム「WebOTX WORKS」を立ち上げ、販促・技術の両面でパートナー各社を体系的に支援しているが、NTTデータ イントラマートも同年11月に同プログラムに加入。以来、互いの製品のバージョンアップに際しての技術検証や、新機能の評価および製品へのフィードバック、ガイドラインの作成、さらにはプロモーションといった広範囲にわたる活動を随時、共同で実施してきた。

「現在、intra-martのパートナー様は約100社にのぼりますが、パートナー様によってintra-mart上で構築されたアプリケーションは、そのままSaaS型サービスに移行することも可能です。その際、WebOTXという信頼できるサービス実行基盤を確保できていることは、サービス事業者、ユーザ双方にとって大きなメリットとなるはずです」と大西氏は、両社の協業のもたらす意義を強調する。

NGN時代を迎え、さらなる需要の拡大が期待されるSaaS。その市場を牽引するエンジンとして、NECとNTTデータ イントラマートの協業にかかる期待は決して小さくない。

図1

(2009年1月29日)


ページの先頭へ戻る