ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

WebOTXイイトコ!!特集

イイトコ特集

Tomcatユーザに朗報!
アプリケーションのマイグレーションを超簡易化!

今回は、WebOTXのマイグレーション機能についてご紹介します。

マイグレーションと言うとメインフレームからオープンシステムへのマイグレーションを思い浮かべる人が多いと思いますが、本記事では、特定のアプリケーションサーバ上で動作しているアプリケーションを、他のアプリケーションサーバ上に移行する作業を対象にします。

WebOTXは、以下のマイグレーションを簡易化する機能を提供しています。

  1. 旧バージョンのWebOTXから新バージョンのWebOTXへのマイグレーション
  2. TomcatからWebOTXへのマイグレーション

1は、ハードウェア・OS・JDKなどのライフサイクルに合わせて必要が生じます。例えば、JDKを最新化するタイミングでそのJDKに対応するWebOTXに移行するケースなどが該当します。

2は、OSSのアプリケーションサーバに不安・不満がある場合に必要が生じます。例えば、トラブル時の対応を自前で行う保守要員を確保しておくより、商用アプリケーションサーバの製品サポートの方が安心かつコストも安いと判断した場合などに行われます。

ところで、いざ移行を検討しても、旧環境のアプリケーションがそのまま動作するのか、また、アプリケーションサーバの差異にどのように対応したらよいのか、などが気がかりで検討が進まないケースが多いのも事実です。

マイグレーションの難しさ

アプリケーションサーバに精通していれば、移行時に必要となる作業の要点は想像できるかもしれません。移行元の設定値を移行先に反映、アプリケーション中で移行元アプリケーションサーバに依存しているコードを修正、などが思い浮かびます。確かにその通りですが、実際にこれらの作業を漏れなく行うには、移行元と移行先のアプリケーションサーバに精通する必要があります。

「Tomcatに設定していたこのパラメータは、移行先の商用アプリケーションサーバにはどのように設定したらよいのだろう? そもそも同等のパラメータがあるのだろうか?」 途方もない作業になりそうですね。

マイグレーションアシスタントを使った移行手順

WebOTXが提供する機能、マイグレーションアシスタントを使ったマイグレーションの流れは以下の通りです。なお、説明では、移行元をTomcatと仮定しています。

  1. 移行の準備
    WebOTX Developerをインストールします。WebOTX DeveloperはEclipseをもとにした統合開発環境で、V9.4からマイグレーションアシスタント機能を搭載しました。
  2. 移行元の設定
    情報の採取 マイグレーションアシスタントの情報採取スクリプトを使用して、移行元であるTomcat環境の設定情報を採取します。
  3. 移行元の設定情報の変換
    マイグレーションアシスタントを使い、採取した移行元の設定情報を変換します。移行元であるTomcat環境の設定情報が移行先となるWebOTX環境の設定情報に変換されます。
  4. 変換結果の確認・修正
    3で変換されたほとんどの情報はそのまま使えますが、移行先の環境に応じて手動で設定を変更することもできます。
  5. 移行するアプリケーションの準備
    移行するアプリケーションは 配備可能なファイル と プロジェクト の2つ形式で指定できます。マイグレーションアシスタントを使い、移行されるアプリケーションに非互換コードが存在するかどうかを検証します。
  6. 移行先の環境構築
    移行先となるWebOTX Application Serverをインストールします。
  7. 設定情報の移行先への反映
    マイグレーションアシスタントを使い、4で生成した移行元の設定情報をWebOTX Application Serverに反映します。

このように、WebOTXのマイグレーションアシスタントを活用することで、Tomcatからの移行やバージョンアップ作業を自動化し、移行コストを大幅削減できます。

提供製品・バージョン

  • WebOTX Application Server V9.4

キーワード

  • アプリケーションサーバ

  • Tomcat
  • WebOTX

  • Java

  • Webアプリケーション

ページの先頭へ戻る