ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. コラム/特集
  5. WebOTXイイトコ!!特集
  6. WebOTXイイトコ!!特集 ドメイン作成時に「チューニング完了」
ここから本文です。

WebOTXイイトコ!!特集

イイトコ特集

ドメイン作成時に「チューニング完了」

構築するシステムの性能要件は決まっているけれども、実際にチューニングの設定を行うのは難しい。そんなときは、「チューニング機能を利用したドメイン作成機能」!ドメイン作成と同時に関連するチューニング設定が自動的に行われます。これでチューニング設定なんて怖くない!

設定項目をしらなくても問題なし!

チューニングって複数の項目を設定しなければならない、設定値をいくつにすればいいのかわからない、といったように、チューニングって難しいというイメージはありませんか?

WebOTXではシステムの要件をドメイン作成時に入力してドメインを作成すれば、あら不思議、チューニング設定が行われた状態のドメインが作成されます。

でも、「設定項目が既定値なのは困る」といった場合は、「サイレントインストール」がおすすめです。

Webシステムのチューニング設定をしてみよう!

自動チューニングはドメイン作成時に行われます。 となると、まずはドメイン作成を実施しなければなりませんね。ドメイン作成は運用管理ツールから実施してみましょう。

運用管理ツールで管理ドメインに接続した後に、「管理対象ドメインの作成」メニューを選択しましょう。その後、チューニングタブをクリックし、「自動チューニングを実行する」にチェックを入れます。

Webアプリケーションを使用したシステムのチューニング行う場合、例えば以下の項目がチューニングに必要な要件になります。

項目名

説明

クライアント数

クライアントの数を指定します。

1リクエストの実行時間

リクエストの開始から完了までにかかる時間を指定します 。(単位:秒)

1クライアントの1秒当たりのリクエスト数(リクエスト/秒)

1クライアントで1秒間に発生するリクエストの数。リクエストが発生する間隔(秒)から算出できる。(単位:リクエスト/秒)

今回の要件は以下の表のとおりとすると、それぞれ該当する項目に数値を入力してみましょう。

要件

クライアント数

300

1リクエストの実行時間

1秒

1クライアントの1秒当たりのリクエスト数

値の入力を実施したら、いざ「実行」ボタンをクリックしてドメイン作成を開始!

設定された値を確認してみよう!

チューニングの設定を実施すると、「Webサーバ同時接続数」、「WebサーバとWebコンテナ間の同時接続数」の値が既定値から変更されます。

ドメイン作成段階で自動的に関連するチューニング設定が行われるなんて便利ですね。

提供製品バージョン

WebOTX Application Server V9.2 ~

参考

WebOTXマニュアル

Application Server > ドメイン構築・基本設定ガイド > 3.2.1.3. チューング機能を利用したドメインの作成

ページの先頭へ戻る