ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. コラム/特集
  5. WebOTXイイトコ!!特集
  6. WebOTXイイトコ!!特集 アプリケーションの反応が悪い?そんなときの「診断サービス」
ここから本文です。

WebOTXイイトコ!!特集

イイトコ特集

アプリケーションの反応が悪い?そんなときの「診断サービス」

開発しているときには問題なかったのに、いざ運用となったら「応答がない」、とか「思ったより性能が悪い」とか感じたことはありませんか? そんなときは、実は診断サービスを利用することで原因が簡単に分かるかもしれません。

初期設定は不要!

では、早速設定を…とは言ってもこの機能は最初から動くようになっています。アプリケーションでの性能遅延が発生しているのであれば、OTX011914NN(注1)で始まる警告メッセージが出ているはずです。

  • (注1)NNには任意の数字が入ります。

ログを見れば原因が!

アプリケーションの遅延が複数発生すると、診断サービスは問題が発生しているスレッドのスタックトレースをログに出力します。

出力されているスタックトレースはアプリケーションが現在実行している処理状況を表しています。このため遅延の原因となっている箇所を絞り込むことができます。

詳細な調査も可能!

性能遅延の原因は、予想以上にヒープメモリを使用しているからかもしれません。

もしOTX01191433メッセージがでていたら、Javaヒープメモリの不足が発生しています。この状態がずっと続くようなら、診断サービスはヒープダンプを下記の場所に出力します。

このヒープダンプに対して解析を行うことで、原因となるオブジェクトを特定することができます。

提供製品バージョン

WebOTX Application Server V9.1 ~

参考

診断サービス

WebOTXマニュアル

Application Server > ドメイン構築・基本設定ガイド > 10.4. 障害対策機能

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る