ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. コラム/特集
  5. 2011年以前
ここから本文です。

WebOTX - コラム/特集

このページでは、WebOTXに関するコラム・特集についてまとめています。

2010年分

WebOTX開発者が語る「安心してご利用いただけるシステム基盤を目指して」 WebOTX製品の開発では、お客様に安心してご利用いただけるシステム基盤を目指して日々改善に取り組んでいます。

今回はその改善に向けた開発者の取組みをご紹介します。

APサーバ
製品・サポート品質のあくなき追及でクラウドのシステム基盤を支える NEC加藤 クラウドに対するニーズの高まりとともに、システムを支える基盤ソフトウェアとしてますます存在感を高める「Webアプリケーションサーバー」。WebOTXがお客様に評価いただいているポイントをご紹介します。 APサーバ
WebOTX開発者が語る「クラウドへの取組み」 初期投資の不要なクラウドコンピューティングが大きな注目を集めています。クラウド環境においても、業務システムを稼働させるインフラに求められる要件は本質的に変わりません。WebOTXは、業務システムを稼働させる実行基盤として10年以上の実績があり、その特長である高信頼性、高い運用効率や柔軟性に高い評価をいただいています。

今回はクラウド環境を支えるシステム基盤に求められる要件、それに対してWebOTXは何ができるのかを、開発者の視点からご紹介します。

クラウド
SystemDirector Enterpriseのフロントエンドサービス開発方法論のご紹介 NECの総合開発環境「SystemDirector Enterprise」による、WebOTX Portalを活用したフロントエンドサービスの開発方法論をご紹介します。

次の内容で構成されています。

  1. はじめに
  2. 要件定義におけるポイント
  3. ポータルの構築
  4. ポータルの実装
  5. ポートレットの実装
  6. まとめ
SOA
SystemDirector Enterpriseのバックエンドサービス開発方法論のご紹介 NECの総合開発環境「SystemDirector Enterprise」による、WebOTX Enterprise Bus/Process Conductorを活用したバックエンドサービスの開発方法論をご紹介します。

次の内容で構成されています。

  1. はじめに
  2. SDEのSOAシステムレイヤとサービス実行基盤WebOTXの関係
  3. サービスの設計から実装へ
  4. ESBによる基本サービスの実装
  5. BPELによるプロセスサービスの実装
  6. まとめ
SOA
クラウド特集 - クラウドコンピューティングを支えるサービス実行基盤「WebOTX」 NEC技法 Vol.63 No.2(2010年4月)NEC技法 Vol.63 No.2(2010年4月)に掲載されたWebOTXに関する紹介記事です。(2010/5/20)

次の内容で構成されています。

  1. まえがき
  2. WebOTX Application Server (WebOTX AS)
  3. WebOTX Batch Server(WebOTX BS)
  4. まとめ
WebOTX全般

2009年分

タイトル 内容 キーワード
WebOTX その開発の舞台裏に迫る! NEC大湊(オオミナト) 高度な信頼性を中心に、WebOTX Application Serverが顧客から強力な支持を得ている理由はどこにあるのか。11年間にわたり,一貫してWebOTXの開発に携わってきた開発部門のキーパーソンに話を聞いた。(2009/9/8)

  1. “止まらない”ビジネスを支える高信頼性を一貫して追求
  2. チューニング,障害対応などもトータルに支援する真の高信頼性
  3. 顧客満足度を意識した取り組みを開発担当者自身が積極的に実践
APサーバ
「地に足の着いた」SOAの活用に向けて NEC井上 NECのコンサルタントがSOAの現状と期待を語ります。登場した当初、「まやかしである」と感じたSOAが、現状では「確実に使えるものに近づいている」とまで感じられるようになったその理由とは?(2009/8/28)

  1. SOAが登場した当初の印象
  2. SOAの現状認識
  3. SOAに対する期待
  4. 技術だけでは解決できない大切なこと
SOA
コンサル
ESBを活用した“作らないSI”が短期的・中長期的なITコスト削減を実現する NEC横田・中村 ITの戦略的活用と最適化に対する有効なアプローチのひとつとなるSOA(サービス指向アーキテクチャ)。しかし,そのコスト効果は,中長期的なシステム最適化の文脈で捉えられるケースが多く,短期的なITコスト削減に貢献しないという誤解が多いのも事実。ここでは,NECが提供する「WebOTX Enterprise Service Bus」を取り上げ,SOAの適用が,なぜ大きなITコストの削減をもたらすのかについて紹介。(2009/7/29)

  • SOAがコスト削減をもたらす3つの理由とは
  • ESBによるシステム連携の標準化が開発工数を大幅削減
  • システムの信頼性,性能を支えるNEC独自の高度なノウハウ
  • PDFダウンロードサービス
SOA
ESB
「攻めのIT活用」へ転ずるカギは、“迅速なシステム連携の実現”にあり!

多様なシステムのスムーズな連携を実現するSOA基盤「WebOTX Enterprise Service Bus」
株式会社リクルート キーマンズネットに2009年02月17日に掲載されたWebOTX ESBに関する記事を転載したものです。(2009/4/10)

  • 基幹システムの現状:戦略投資どころか、変化への対応も至難・・・!
  • システム連携における課題を解決!それが「サービスバス(ESB)」だ
  • ESBの中でも【WebOTX ESB】が注目される理由とは?
  • こんなユーザに最適!活用事例紹介
SOA
ESB
サービス実行基盤を核とする協業でNECが目指すシステムインフラの姿とは ~Part2 NEC×NTTデータイントラマート~ NTTデータ イントラマート 開発本部 パッケージ企画グループリーダー 大西 直樹氏 「WebOTX WORKS」Partner SpecialのPart2です。

SaaSが注目を集めている中、高度な信頼性と性能を実現するサービス提供基盤が求められます。この課題解決に貢献しているサービス実行基盤「WebOTX」、NTTデータイントラマート様が提供する開発フレームワーク製品「intra-mart」に関するご紹介です(@ITPro)。(2009/1/29)

  • SaaS基盤の安定稼働を支えるマルチテナント実行環境
  • セルフカスタマイズの実現が SaaSの重要な要件に
  • NECのパートナー制度に基づき技術検証や機能評価を共同で実施

<参考>ITPro特集ページ
APサーバ
SaaS
WORKS
サービス実行基盤を核とする協業でNECが目指すシステムインフラの姿とは ~Part1 NEC×F5ネットワークス~ F5ネットワークスジャパン テクノロジーディレクター 佐藤 重雄氏 「WebOTX WORKS」Partner SpecialのPart1です。

NECが提供するアウトソーシングサービス「RIACUBE」の高い安定性や信頼性、性能の実現に貢献している「WebOTX」と、F5ネットワークス様の「BIG-IP LTM」に関するご紹介です(@ITPro)。(2009/1/29)

  • 「所有」から「利用」へ変化する企業のIT戦略
  • RIACUBEのSLAを支える WebOTXとBIG-IP LTM
  • 膨大なトランザクション処理に力を発揮する連携機能を実現

<参考>ITPro特集ページ
APサーバ
SaaS
WORKS

2008年分

タイトル 内容 キーワード
既存システムとの連携に不可欠なピース“データ連携のすべて”を支える「HULFT」の進化 セゾン情報システムズ 営業本部 HULFT営業部 営業支援課 課長 玉田 徹 氏 WebOTXが、パートナーの提供するソリューションにどのように貢献しているのかパートナーへのインタビューを通して紹介する「WebOTX WORKS Partner Voices」の第3弾。今回はセゾン情報システムズ 玉田 徹氏 に「HULFT」についてお聞きしています(@IT)。(2008/12/8)

  • 「システムとシステムをつなぐ」を一手に引き受ける純国産ファイル転送パッケージ
  • HULFTは「バッチ処理の強い味方」
  • メッセージ連携とファイル連携は排他なものではない
  • 「技術の人間がほれた」――NECとの取り組みを語る
APサーバ
ESB
WORKS
栗原潔氏インタビュー ~求められているのはビジネスの変化に柔軟かつ俊敏に対応できる基幹系システム~ 株式会社テックバイザージェイピー代表 栗原 潔 氏 右肩上がりの市場の終演、経済のグローバル化、コンプライアンスの厳格化といった企業を取り巻く環境の変化に、従来の基幹系システムが対応できないケースが増えている。なぜなのか。従来の基幹系システムが抱えている問題、そして、これからの基幹系システムに求められる要件について、テックバイザージェイピー 代表 栗原潔氏に聞いた。(2008/9/17)

  • 柔軟性を失い、ビジネスの変化に対応できなくなってきた基幹系システム
  • 重要なことはポートフォリオ的な発想とSOAによるシステム開発
  • 基幹系、情報系、コラボレーション系のシステムの融合
SOA
WORKS
AIRにFlash、PDF――アドビの技術の集大成「LiveCycle ES」であなたのビジネスは回り続ける アドビシステムズ マーケティング部 ビジネスソリューション/エンタープライズ&デベロッパーマーケティング部 小島 英揮 氏 WebOTXが、パートナーの提供するソリューションにどのように貢献しているのかパートナーへのインタビューを通して紹介する「WebOTX WORKS Partner Voices」の第2弾。今回はアドビシステムズ 小島 英揮氏に「LiveCycle Enterprise Suite」についてお聞きしています。(@IT)。(2008/9/17)

  • 表現力をビジネスの現場に
  • LiveCycle ESのパワーに触れる
  • LiveCycle ESの要、データサービスを支えるNECの技術
APサーバ
WORKS
漏れのない検索を実現する方法をご存じですか?住友電工情報システム「QuickSolution」の底力 住友電工情報システムビジネスソリューション開発部 QuickSolution開発課 岸田 正博 氏 WebOTXが、パートナーの提供するソリューションにどのように貢献しているのかパートナーへのインタビューを通して紹介する「WebOTX WORKS Partner Voices」の第1弾。今回は住友電工情報システムの全文検索エンジン「QuickSolution」のご紹介ということで、QuickSolution開発課 岸田 正博 氏にお聞きしています(@IT)。(2008/7/15)

  • エンタープライズサーチとインターネット検索の違いとは
  • 「知の発掘」ができるツールを
  • 基盤は専門家に――トラブルフリーで導入ができた理由
APサーバ
WORKS
WebOTXの信頼性/可用性をさらに向上させるアプリケーション配信の最新ベスト・プラクティスとは? WORKSパートナーである「F5ネットワークスジャパン様」による、WebOTXとBIG-IP LTM連携に関するインタビュー記事です。(2008/5/13)

  • BIG-IPとの密連係で高信頼性・高可用性を追求
  • 3つの検証項目すべてで良好な成果を獲得
  • SIPの最適な負荷分散はNGN時代に向けた大きな成果
  • F5の迅速な対応で機能拡張もスピーディに展開できた
APサーバ
WORKS
~遂に「RFID技術」の実用化時代、到来!~

世界標準の技術をいち早く実現!企業のマネジメント革新をサポートする「WebOTX RFID Manager」
株式会社リクルート キーマンズネットに2007年09月18日に掲載されたWebOTX RFID Mangerに関する記事を転載したものです。(2008/5/12)

  • (導入実績多数)様々な業界の現場で実証された「高信頼性」
  • 汎用的なRFIDプラットフォーム「WebOTX RFID Manager」
  • 業務への効果的な導入を支援する「RFIDビジネステンプレート」
  • 世界に先駆け、RFIDの世界標準認定を取得!
  • 先進技術と確かな実績に基づく多彩な製品群を提供するサービス実行基盤「WebOTX」
RFID
SIP&RFID活用のアプリケーションを柔軟に構築
多様なユビキタス・デバイスに対応するサービス実行基盤「WebOTX」
SIP&RFID活用 音声認識・音声合成、RFID、モバイルなどのユビキタス・コミュニケーションを実現するための機能を提供するWebOTXブランドのご紹介(@IT)。(2008/2/29)

  • ユビキタス時代のシステム基盤とは?
  • 実績あるサービスコンポーネントを提供
  • SIP/RFIDミドルウェアを使う意味
  • いますぐ実現できるユビキタスコミュニケーション・システム
SIP
RFID

2007年分

タイトル 内容 キーワード
海外トレンドに見る、RFIDの可能性(第18回) パーク24、大阪市交通局、日本信号、大阪メトロサービスが2007年7月から大阪市内で実施している、交通系ICカード「OSAKA PiTaPa」を活用した「パーク&ライド」システムの実証実験について。(2007/12/10) RFID
X-over Review(NEC) X-over Review(「異業種ビジネスのクロスオーバーを支えるNGN時代のサービスプラットフォーム」:NEC藤田悟)9/7に行われた、X-over Development Conference 2007で、第二システムソフトウェア事業部 藤田が行ったWebOTXに関する講演について紹介したサイトです(ITPro)。(2007/11/5)

  • フロントエンドとバックエンドの連携・統合がクロスオーバーを生む
  • 迅速なサービス投入を可能にするNECのサービスプラットフォーム
WebOTX全般
“REAL IT PLATFORM”を実現するNECのミドルウェア NECは,ITとネットワークを活用して新しいビジネス革新を推進する経営スタイル「Dynamic Collaboration」を実現するために,ITプラットフォームビジョン「REAL IT PLATFORM」を策定しました。このビジョンを基に,革新的なテクノロジーを継続して開発された,NECのミドルウェア製品群を紹介。WebOTXについてはWeb Editionの紹介が中心。(2007/10) APサーバ
アプリがあるなら、ケータイSaaSビジネスへ乗り出せ エリアビイジャパン株式会社 代表取締役社長 鈴木一成氏「NECパートナーインタビュー」記事です。エリアビイジャパン様が提供する「SWANStor」についての特集、およびWebOTXを導入された際の感想についてエリアビイジャパン株式会社 代表取締役社長 鈴木一成氏が語っています。(2007/8/27)

  • ネットワーク知識抜きにSSL-VPN環境を構築できる「SWANStor」
  • 携帯電話対応を一層強力に
  • 実績と確実なサポートのあるAPサーバが必要だった!
WORKS
NGN時代のサービス実行基盤となるWebOTX NEC 第二システムソフトウェア事業部 渋谷 純一週刊BCN 2007年6月25日号に掲載された、NEC 第二システムソフトウェア事業部 渋谷へのインタビュー記事です。(2007/8/2)

次の内容で構成されています。

  • 企業システムは社会インフラに 大量な情報処理が必須に
  • 迅速なサービス構築を支援する、サービスコンポーネント
WebOTX全般
飛騨牛・温度管理履歴閲覧(後編) この取り組みによって、牛の肥育段階での体温管理情報から、加工・輸送・販売まで、全行程での保管温度情報の切れ目ない蓄積や、履歴情報へのスムーズなアクセス、流通ルートの確認が可能となり、消費者が、さらに安心して牛肉を食べることができる環境を作るための情報提供の仕組みとして期待されています。(2007/8/1) RFID
飛騨牛・温度管理履歴閲覧(前編) NECは、株式会社東芝、横河電機株式会社、NTTコミュニケーションズと共同で、岐阜県畜産研究所、飛騨食肉センター(飛騨ミート農業協同組合連合会)、JAひだグループ、財団法人ソフトピアジャパンの協力のもと、岐阜県高山市において飛騨牛の温度管理履歴閲覧実証実験を行いました。(2007/8/1) RFID
News Hot Line

アプリケーションサーバ『WebOTX』――NEC 毛利豊氏
NEC 第二システムソフトウェア事業部 毛利 豊エンジニアマインド Vol.5(株式会社技術評論社刊)に掲載されたインタビュー記事です。

NECが提供するアプリケーションサーバ『WebOTX』は,コンパクトなWebシステムから大規模な基幹システムまで幅広く利用されています。・・・WebOTXのすべてを知り抜いている毛利氏に,その特長について大いに語っていただきました。・・・(2007/7/17)
APサーバ
NGN/ユビキタス時代のビジネスの革新を支援するIT基盤とは NEC 第二システムソフトウェア事業部 統括マネージャ 渋谷 純一昨今注目を集めるNGNについて、その潮流と、NGNネットワークを活用した新世代ソリューションについてのインタビュー記事(ソフトバンク ビジネス+IT)。(2007/7/3)

  • 「自社業務の効率化」から「利益創出のツール」へと進化するIT/ネットワーク
  • 新時代のソリューション提供基盤として「サービスプラットフォームソリューション」を提唱
  • サービス実行基盤「WebOTX」があらゆる業種・分野のニーズに応えるソリューションを可能に
WebOTX全般
NGN
業界が変わるビジネストレンド(第20回)

RFIDの活用によって進化するレンタルビジネス
「ご利用は、衝動的に。」をキャッチフレーズにDVD自動レンタル機が登場。DVDの返却は借りたマシンに関係なく、どのマシンで行ってもいいようになっている。これを可能にしているのが、DVDの1枚ごとに貼付されたRFIDタグである。これによって、全く人手をかけずに様々な処理が可能になった。(2007/4/25) RFID
RFID特集 第3回 UHF帯RFID適用のメリットを最大化する一気通貫の統合ソリューションを提供 NECでは、コンサルティングからアプリケーション開発、システムを連携するミドルウェアの提供、RFIDリーダ・ライタやRFIDタグなどのデバイスの開発までを包括的に提供する、垂直統合型の「UHF帯RFID統合ソリューション」を提供。自社導入や実証実験で培った経験・ノウハウを生かし、お客様のUHF帯RFID導入を強力に支援しています。(2007/3/23) RFID
RFID特集 第2回 効率的なシステム開発や連携を実現する 汎用プラットフォーム「RFID Manager」 NECでは、その汎用プラットフォームとなるミドルウェア「RFID Manager」を提供。様々なデバイスの混在を意識することなく、グローバルなRFIDシステムの構築を可能にします。(2007/3/14) RFID
NECのRFID統合ソリューション 世界中でRFIDの実用化と標準化が着々と進み、特に近年では、UHF帯RFIDをSCM革新に活用する動きが顕著です。こうした流れを受けて、NECではハード、ソフト(ミドルウェア、アプリケーション)、コンサルティング、実証実験サービスなどを組合わせた統合型のRFIDソリューション体系を整備してご提供しています。(2007/2/2) RFID
RFID特集 第1回 「Obbligato II」と「RFID」の連携でデータとモノの情報漏えい対策を実現 NECでは、PDM(=Product Data Management)システム「Obbligato II」と「RFID」技術を活用した「技術情報漏えい対策ソリューション」を提供。モノに付与されたRFIDタグの情報をObbligato IIで一元管理することで、データとモノの両方をカバーする統合的な情報漏えい対策を実現。(2007/1/22) RFID

2006年分

タイトル 内容 キーワード
ゼロからサポート!お客様のニーズに合わせてSOAを構築

【第3回】 NECが提供するSOA基盤製品
NEC 第二システムソフトウェア事業部 シニアマネージャ 渋谷 純一SOAを実現するためにNECが提供している製品群 "ActiveGlobe Process Convergence" についてご紹介。(2006/9/1)

  • SOAへの期待
  • SOAのシステムアーキテクチャとSOAを実現するNECの製品群
  • ビジネスプロセスの可視化からシステム開発へシームレスに繋ぐ
  • ESB と基盤となる高信頼・高性能のアプリケーションサーバ
  • SOA導入におけるITベンダの役割
SOA
SOA導入ならおまかせ!コンサルからシステム構築まで一環して対応

【第2回】 NECのSOAへの取り組み
実際にシステム構築を行うNECのSOAキーマンが、SOA構築のポイントを語っています。(2006/8/18)

  • お客様は切実に環境変化に強いシステムを求めている
  • SOAの本質はシステムの寿命を延ばす構造化にある
  • お客様におけるSOAの活用事例
  • コンサルからシステム構築までを責任を持って対応できるのがNECの強み
SOA
「あいてい堂繁盛記」第16回 SOA あいてい堂ビジネスに必要な情報システムを、業務単位などの「サービス」の組合せとして実現するSOA(Service Oriented Architecture)。SOAの採用により、迅速なビジネス革新が低コストで可能に。

、、、よく聞く文句だけど難しい、、そんな内容をマンガでわかりやすく解説。(2006/8/4)
SOA
SOA(サービス指向アーキテクチャ)導入の成功ポイント

【第1回】 経営戦略とサービス指向アーキテクチャ
ガートナージャパン株式会社 飯島 公彦 氏ガートナージャパン株式会社 飯島公彦様からいただいた「SOAソリューション特集」に関するメッセージ。(2006/8/4)

次の内容で構成しています。

  • 言葉の定義の段階から実装フェーズへ
  • トップの理解のもとで業務視点とIT視点を一致させることが成功に導く
  • SOAはビジネスマター
  • SOA導入のネックを取り除くには
  • SOA導入におけるITベンダの役割
SOA
RFID 生産/流通革命の起爆剤 流通や製造現場に画期的な変革の可能性をもたらすことが予想されているRFID。その動向について、世界の標準化団体『EPCglobal』の日本における代表機関である、財団法人流通システム開発センター常務理事・濱野径雄氏に、RFIDのベンダであり、さらにユーザとしての立場にもあるNECを代表して、活用の陣頭指揮を取る執行役員・安井潤司がお話を伺いました。。(2006/1/16) RFID

2005年分

タイトル 内容 キーワード
研究者が語る先進技術への取り組み(第18回)

『サービスとサービスを繋ぐ』
BizEngine開発プロジェクト推進者が、開発の背景や今後の見通しなどについて、“ホンネ”で語っています。(2005/12/22) SOA
技術者が語る新製品開発の裏側(第19回)

『ActiveGlobe WebOTX』
「ビジネスをとめない」を合言葉に、開発者たちの「止まらない」努力が、お客様のビジネスをバックアップ ~基幹システムを支えるアプリケーションサーバ「WebOTX」開発の舞台裏とは~ (2005/11/11) APサーバ
研究者が語る先進技術への取り組み(第17回)

『温度センサタグ』
RFID分野で様々な取り組みを進めているNECだが、今回紹介するのは、「温度センサタグ」の活用をテーマとしているメンバーである。物流過程での温度管理が重要になる生鮮食品や医薬品などにRFタグを使おうというのだ。「温度センサタグ」のどんなところに可能性と課題があるのかを率直に語ってもらった。(2005/9/9) RFID
ビジネスクリエイターが語る新ビジネスへの取り組み(第10回)

『RFID』
RFID(Radio Frequency Identification)こと無線ICタグに関し、いろいろな実証実験や実用化が動き出した。その動きの先頭を歩き出している研究者の一人、NECのRFID事業推進センター・マネージャの川村正夫に話を聞いてみた。(2005/5/31) RFID

2004年分

タイトル 内容 キーワード
「あいてい堂繁盛記」第3回 トレーサビリティ あいてい堂様々な工業製品分野でも、トレーサビリティシステム構築の動きが広がっています。その背景には、製造物責任や製造者としてのアカウンタビリティということもありますが、品質管理や物流、販売情報管理に生かす狙いがあります。ことに物流などでのトレーサビリティ導入は、業務の効率化の発想が強く見られます。(2004/12/20) RFID

ページの先頭へ戻る