ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. 導入事例
ここから本文です。

WebOTX - 導入事例

WebOTX製品は、小規模システムから基幹系システムまで、様々な業種・業務のシステムに幅広く導入いただいております。
特徴的な導入事例の一部を紹介いたします。

最近の掲載事例

お客様 概要 キーワード
ソフトブレーン株式会社 様 ソフトブレーン様が、AWSに構築したeセールスマネージャーRemix CLOUD のアプリケーションサーバをWebOTXに切換え、導入・維持コスト、提案スピード、運用の課題を解決された事例です。 APサーバ
株式会社日建設計 様

早くからグループウェアを基盤とする社内ポータルの構築に取り組んできた株式会社日建設計様。

レイアウトや表現の自由度、設定のしやすさや管理操作のレスポンスなど、抱えていた課題を解決するために WebOTX Portal を採用していただきました。
柔軟性、操作性、移行性、アクセス権限管理の容易さ、そしてコスト面など多くの点で評価をいただいています。
ポータル、SOA
長崎市 様 デファクトスタンダードのオープン技術を取り入れて、マルチベンダの業務システムが稼働する基幹業務共通基盤を構築した長崎市役所様。

地域情報PFへ準拠し、多くの通信プロトコルにも対応した汎用性の高い柔軟なデータ連携基盤バッチ処理の高信頼な実行基盤として WebOTX Enterprise Service Bus が活用されています。
APサーバ、SOA
横浜市 様 開発および運用効率の低下やコスト増大が課題となっていた横浜市様。オープンかつ標準化された情報共有基盤システムを構築するとともに、福祉保健システムの再構築に取り組まれました。

性能が懸念された夜間バッチ処理と準リアルタイム処理において、WebOTX Batch Serverが活用されています。

全体最適化とコスト削減に向けた横浜市様の取組みをご紹介します。
バッチ、Batch Server
新山梨県立図書館 様 すべての県民に親しまれ、県民とともに成長・発展していく「山梨県民図書館」を目指して2012年11月11日に、新たにオープンする新山梨県立図書館様。

同図書館のシステムには、 WebOTX RFID Manager が使われ、約80万点におよぶ所蔵資料の貸出管理や蔵書点検などの図書館業務から、自動貸出機や予約棚システム(e-棚)などの利用者サービスまで、RFIDを利用したシステムを支えています。また、これらのシステムを実現するためのサービス実行基盤として WebOTX Application Server が採用されています。

RFID、APサーバ
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 様 日本最大級のDVD、CD、書籍、GAMEの販売及びレンタル店「TSUTAYA」をチェーン展開しているカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社様。

NECは、同社の次世代型店舗「代官山 蔦屋書店」に、UHF帯RFIDタグ約80万枚を用いた販売・在庫管理システムを構築しました。多数のLLRP対応RFIDリーダライタとUHF帯RFIDタグを使用したシステムの構築と運用を容易化する為に、 WebOTX RFID Manager が使われています。

RFID
旭化成ホームズ株式会社 様 自社内で稼動するさまざまなシステム…これらに格納されている情報を一元管理し、共有を容易にしたいと考えられた旭化成ホームズ株式会社様。

NECはシステム間の連携基盤にサービス実行基盤「WebOTX」を採用した新たなシステムを構築。SOAの考え方に基づいて複数のシステムを統合し、お客様情報の一元管理とともにコスト削減、業務効率化を実現しました。
APサーバ、SOA
九州電力 様 九州全域の家庭や企業に電力を供給する九州電力様は、ITを活用する業務改革に全社をあげて取り組んでいます。その一環として、これまで紙ベースで行われていた現地での集金業務をモバイル化。

NECは時間帯による業務集中度の違いで大きく負荷の変動するサーバに、高可用性を実現するサービス実行基盤「WebOTX」を導入することで、安定運用を実現するシステムを提案。大幅な業務の効率化とコスト削減を実現しました

事例リーフレット(pdf)
APサーバ
静岡県農協電算センター 様 静岡県下JAおよびJA静岡経済連の経済業務・管理業務の情報管理を受託する静岡県農協電算センター様は、新経済情報システム構築に際し、高い安全性を維持したまま、最新のオープンシステムの柔軟性を併せ持つシステムを希望されました。

NECはSOAの考え方にもとづき、オンラインサーバにサービス実行基盤のWebOTXを採用し、メインフレームACOSをラッピングしたフロントエンドのオープン化を提案。高い安全性と柔軟性を併せ持つ先進のシステムを実現し、業務効率化に寄与しました。

事例リーフレット(pdf)
APサーバ、SOA
九州旅客鉄道株式会社 様 JR九州様は、TCOの削減を図るためにメインフレーム活用による基幹システムの見直しを決断。約20,000本の資産が稼働する大規模な新基幹システム構築のパートナーとして選ばれたNECは、プログラムの移行だけでなく、移行後のAP開発や運用まで視野に入れてシステム構築をトータルにサポート。

NECは、高信頼プラットフォームに加え、SOAサービスの実行基盤となるミドルウェアWebOTXを提供するなど、JR九州様のこれからの経営戦略を支えるインフラ整備に大きく貢献しました。
APサーバ、マイグレーション
崇越石英 様 崇越石英様では、半導体ウェハー製造工程用の石英(ガラス)製品の製造工場にRFIDソリューションを導入。作業指示書にRFID(UHF帯標準仕様)タグを付与することで、作業履歴の管理や可視化を実現。また、納期までのリードタイムの明確化や短納期のために問題となる作業工程の把握など、工程時間の効率化をサポートし、生産性の向上にも大きく貢献しています。

WebOTX RFID Manager Information Service をはじめとする多くのRFID導入実績、EPCglobal Class1 Gen2規格対応UHF帯RFIDリーダライタへの対応等、グローバル標準のシステムを容易に導入できるNECのRFIDソリューション導入を決定していただきました。
RFID
スズケン 様 医薬品および医療関連商品の販売から医薬品情報の提供、さらには医療機器の研究開発に至るまで、医療・健康に関わる幅広いビジネスを展開するスズケン様では、コア事業である医薬品物流に関わる戦略的な業務プロセス改革に着手し、その基盤として「庫内物流システム」を新たに構築しました。

システムの中核には,NECのサービス実行基盤「WebOTX」が採用され,信頼性や性能,運用管理性の面で同社のビジネスを支えています。
APサーバ
GE Money 様 住宅ローンやクレジットカードの商品、「レイク」ブランドで個人向け無担保ローンを提供するなど幅広い金融サービス事業を展開している GE Money 様は、無担保ローンビジネスの基幹を支える勘定系システムを、それまでのメインフレームによるシステムからWindowsベースのオープン系システムへと移行し,「MCS(Multi Clustered System)」と呼ぶ新システムを稼働させました。

製品選定にあたり、最も慎重になったのがMCSの要となるサービス実行基盤でしたが、性能・安定性などを評価した結果「WebOTX」を採用いただきました。
APサーバ
共同通信社 様 国内外のニュースをいち早く入手し,加盟社であるメディア各社に配信する共同通信社。同社では,2002年,ニュース配信を担う「配信ゲートウエーシステム」をメインフレームからオープンシステムへと移行しました。

日本のニュース配信サービスを支える中核として24時間365日の安定稼働が不可欠なこのシステムに,サービス実行基盤「WebOTX」を採用いただきました。
APサーバ
府中市立中央図書館 様 府中市立中央図書館様は、日本で初めてRFID(無線ICタグ)を活用した予約図書受渡システム(通称「e-棚」)を導入。RFID対応の自動貸出機を設置するなど、利用者が使いやすい環境作りはもちろん、図書館業務を効率化するためのさまざまなしくみ作りを行いました。

e-棚のタグ情報管理部分にWebOTX RFID Managerが使われています。また各種図書館業務がWebOTX Application Server上で動作しています。
RFID
APサーバ
さいたま市立中央図書館 様 さいたま市立中央図書館様は、日本で初めてRFID(無線ICタグ)を活用した、本格的な図書自動返却・仕分けシステムを導入しました。

図書の自動貸し出し処理部分にWebOTX RFID Managerが使われています。
RFID
大林組 様 国内外における建築工事から都市開発など,建設に関する広範な事業を展開する大林組様では、老朽化、複雑化したシステムの課題を解決するため、10年にわたって利用していた購買システムの全面リプレースを実施しました。

大林組様が何より重視したのは「止まらない」こと。それを実現するための基盤製品としてWebOTXを採用していただきました。

稼働開始後、新システムを基盤に業務プロセスの標準化などにも積極的に取り組もうとしています。

<参考>

APサーバ
東邦薬品株式会社 様 医薬品卸売業の東邦薬品様は、業務拡大に伴い処理すべきデータが急速な増大傾向にあることから従来のメインフレームを使用した基幹システムを刷新しました。

提携企業の利便性や安全性の向上、既存のCOBOL資産と人的資産の継承、従来比2倍のデータ処理能力を実現が主なポイントであり、それを解決するために、プラットフォームのオープン化を行っています。

オープンシステムの基盤としてWebOTX、およびTPBASEが利用されています。
APサーバ
住友生命保険相互会社 様 住友生命様は、約4万人の営業職員が利用するノートPC型携帯端末を一新。NECのモバイルノートPC「VersaPro UltraLite」をベースに住友生命様専用端末として開発された「Vite(ビット)」端末を導入したシステムを開発、全国約1600カ所の支社や支部、教育拠点の活動環境を整備し、システムのWeb化を行いました。

ビジネスロジックを稼動、管理するAPサーバとしてWebOTXが使われています。またVite端末にも一部WebOTXの機能が搭載されています。
APサーバ
JA大分ひた/JA全農おおいた 様 大分県特産品「日田梨」の品質保証とブランド強化を目指し、センサタグを活用したとレーサビリティ実証実験を実施しました。

センサタグの研究開発からミドルウェアなどのシステム構築まで、一貫したソリューションの提供と高度な技術・ノウハウを生かしたNECの総合力がここに結実しています。
RFID
NECパーソナルプロダクツ株式会社 パソコン事業を担うNECパーソナルプロダクツでは、2004年10月、国内パソコンメーカでは初となるRFIDシステムを米沢事業場に導入。生産性10%以上とコスト削減、品質向上を実現しました。

さらに、2005年12月、RFIDを活用したシステムを強化することでプロセス革新を加速。「RFID付電子かんばん」を活用し、サプライヤーからの部材調達の効率化や、生産ラインにおける進捗管理のリアルタイム化により、生産リードタイムの半減を実現しました。
RFID
三井住友海上火災保険 様 三井住友海上火災保険様は、旧三井海上火災保険様と旧住友海上火災保険様の合併により、2001年10月新たに発足しました。異なるホストを使用する2社の統合において、両ホストの資産を活かし短期間でシステムを構築するため、NECのオープン・ミッションクリティカルソリューションを選択してHUBシステムを構築し、安定的なシステム稼働を実現されています。HUBの中核となるAPサーバとしてWebOTXを導入されています。 APサーバ
旭化成リフォーム株式会社 様 Web技術を用いたヘーベルハウス資材発注供給システムについてです。 APサーバ

ページの先頭へ戻る