ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. WebOTX
  4. バッチサーバ
  5. 導入効果
ここから本文です。

WebOTX Batch Server - 導入効果

開発コスト低減

  • オンライン処理をJavaで構築しているので、バッチ処理もJavaで構築し開発コストを削減したい
    • バッチ処理もJavaで構築することで、オンライン処理とのアプリケーション共通化を実現できます。
    • オンライン処理とバッチ処理で技術者を分ける必要がなくなります。

汎用的なバッチアプリケーション開発フレームワーク

  • オープンなアーキテクチャでバッチ処理を構築したい
    • 独自アーキテクチャではなく、オンライン系で広く使われているSpring Frameworkを拡張したJavaバッチフレームワーク ( Spring Batch ) がベースとなっています。

  • Spring Batchは、SpringSourceおよびAccentureの協働により、Spring Frameworkをベースに開発されたオープンソースのバッチアプリケーション開発フレームワークです。

(参考)各製品の利用シーン

ページの先頭へ戻る